トップページ > 不倫の悩み相談掲示板 > 職場・社内不倫 > 結婚式に出席した不倫女性の心理について

結婚式に出席した不倫女性の心理について

自分は27歳です。
付き合って4年近くで入籍した彼女がいる中で、職場で知り合い仲良くなった28歳の派遣の女性aに恋をしてしまいました。

初めは職場の飲み会で話せたら楽しいくらいだったのですが、そこから2人でご飯やお出かけに行くまでに発展しました(実際の行動は2~3回ほど)。
日々の連絡のやり取りはほとんど無く、月に数回LINEをするくらいです。

距離が縮まっていくのがわかる日々を過ごす中で、つい先日自分と彼女の結婚式が行われ、それに職場の方としてaも列席していました。
式の場では何事もなく終わったのですが、後に友人より、自分の最後のスピーチの時に職場ではaだけが目を赤くして泣いていた、との話を聞きました。
ちなみに、2人で会った時にはキスやH等は無く、何時間もお酒を飲みながらゆったり楽しく話すような時間を過ごしていました。
(だいたい最後の方で、今度は~しようね、のような話しをします)。

本投稿では、式でaが泣いていたことについて考えられることと、この状況の中で自分からaに何事もなく連絡を取ることは、aはどう思うか、女性目線でご意見いただきたく思います。

この悩み相談の共感度

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談掲示板 >>

コメント(3件)

  • じゃがりこ さん
    2017年9月27日 12:10

    はじめまして。

    そりゃもう、彼女は期待していたでしょう。
    いやいや、今でも期待しているかもしれません。

    4年付き合って入籍したが、まだ結婚式は挙げていない時期にaさんと親しくなったのなら、独身女性はこう考えます。
    「もしかしたら本命は私かも?」
    「彼は、彼女にせっつかれて諦めて入籍しただけで、愛しているわけではない。
    私に出会って、本当に求めていたのは、私だと気付いたが、成り行きで結婚式を挙げざるをえなかった。
    彼は結婚を後悔している。
    ねえ、もうどうにもならないの?
    あなたのとなりでウェディングドレスを着て微笑んでいるのは、本当は私でしょ?!」
    で、涙がポロリ。
    恋する女性は何でも自分に都合の良いように受け止めます。(^^)
    あなたも、また、期待させるような言ってませんか?
    「できることならaさんのようなひとにもっと早くに会いたかった。」
    とか。

    > 、この状況の中で自分からaに何事もなく連絡を取ることは、aはどう思うか、

    あなたから連絡を取れば、彼女の希望的観測が確信に変わるだけです。
    後は川谷絵音とベッキーです。
    あなたが、もし、彼女との結婚を後悔して、aさんと結婚したいと思っているのであれば、すぐに彼女と話し合って離婚して、aさんと結婚すればよいでしょう。
    が、それほどでもないのなら、新婚時代ぐらい、他の女性にちょっかい出すのはやめておいたほうが良いのではないでしょうか。

    aさんが泣いたことで、あなたとaさんの関係は周囲に一気に知られてしまいました。
    aさんもあなたとの関係を周囲に知らせたくて泣いたという部分もあるでしょうね。
    新婚時代から、夫の不倫の噂が耳に入る奥様がが御気の毒です。
    ダイアナさんは「初めから私たちの結婚は二人で無く三人で始まりました。」と、苦悩を訴えられましたが、その言葉を聞いて世界中からダイアナさんに同情が集まりました。

    このまま、aさんに連絡すれば、奥様もaさんも不幸にしてしまうでしょう。
    若い女性の結婚願望を甘くみては駄目ですよ。

      (引用)

    評価 Thumb up 5 Thumb down 1

  • 人生経験者 さん
    2017年9月27日 12:47

    ほぼじゃがりこさんと同じ意見です。

    > 恋する女性は何でも自分に都合の良いように受け止めます。(^^)

    その通りですね。私もそう思います。特にいい雰囲気になっているときは障害があっても「~だから」「でも~」です。

    4年付き合って入籍もし、式もあげる。
    本当に派遣Aさんに恋をして愛しているのなら、入籍も式も止めれたはずです。
    結婚が決まり女に焦る必要はないところにちょっと好みの新しい女性が目の前に現れ仲良くなった?「恋をした」っていうのは「ドキッとした」程度の事ではないですか?川谷絵音とベッキーの例が出されていましたが、あなたのしていることは彼らの不倫と大差ないです。
    あれだけ愛しているだ好きだなんだと盛り上げっておきながら、いざばれたらあの始末です。特に男は離婚こそしたけど奥さんに捨てられた形ですし、すぐに新しい彼女作りわずか数か月で破局。でまた新しい女性?呆れますよね。

    あなたがこれからしようとしていることも結局同じです。遊び心で奥さんキープしつつ新しい女性とお遊びですか?

    > 式でaが泣いていたことについて考えられること

    じゃがりこさんと同じです。
    もう少し早く出会えてれば・・・と涙したのでしょう。

    > この状況の中で自分からaに何事もなく連絡を取ること

    どういう理由で連絡を取るのですか?仕事仲間としてですか?でももうプライベートの連絡は一切やめましょう。
    あなたがすぐに離婚するのなら別ですが、しないのですよね?職場の人を呼んで式まで挙げておきながら離婚するのですか?

    今後1年以内に円満離婚するまでは一切プレイべートで彼女と接触しないでください。
    会社で、仕事での会話は別です。会社の飲み会でも単なる同僚としての接触はいいですが、二人きりの接触・連絡はNGです。
    下衆な男になりたいですか?彼女を下衆な女にしたいですか?
    28才のお年頃。最近の結婚適齢期真っ盛りな時期に惑わさないでください。
    例え彼女が涙流しながら「それでもいいの」と言っても駄目です。
    (こういうのは彼女は悲劇のヒロインモードに入っていて後で自分で後悔する状況になっています)
    入籍・結婚式をキャンセルできなかった男が、誠意をもった離婚活動が出来るとは思えません。

    いいですか?彼女が「結婚できなくてもいいの」って言っても、
    必ずと言っていいほど独身女性は心の底では離婚・結婚を望んでいます。
    下手をすれば妊娠したら離婚してくれるとでも思うかもしれません。

    あなたが彼女に対して好意があるのなら、離婚するつもりが無ければ
    彼女の為にもプライベートな接触は絶ちましょう。

    だいたい、彼女が結婚式で涙ぐんでいたというあなたの友人からの忠告は、
    「お前たちどういう関係?怪しくない?」
    とその場にいた誰もが思った事だと思います。
    ですので職場関係ではほぼ怪しまれていると思っておいた方がいいですね。
    あなたは遊び気分、ちょっとした恋愛ごっこかもしれませんが、
    彼女はそうは取りません。
    どちらに対しても責任が取れないなら遊ばないでください。

      (引用)

    評価 Thumb up 3 Thumb down 1

  • ふーさん さん
    2017年9月28日 22:22

    これって「もて自慢」としか私はとれませんでした。
    ですが「入籍」この事実は大変重いものです。
    彼女の心理どうこうより奥様を大切になさってくださいね。

      (引用)

    評価 Thumb up 2 Thumb down 0

不倫恋愛の未来を知りたくありませんか?[10分間無料鑑定]

コメントする

ユーザー登録をしなくてもコメントできます
メールアドレスが公開されることはありません
ユーザー登録されている方は、先に以下を入力してログインしてください



※コメントを投稿する前に、「相談投稿およびコメント公開日について」と「文章の書き方について」をお読みください。
理解できない場合は投稿をご遠慮願います。

※1回目のコメントは管理者承認後に公開されます。(反映は即日~3日程度の予定)
※2回目以降のコメントは、承認不要で即時に公開されます。(前回と同じ投稿者名、同一端末、同一IP、同一メールアドレス、クッキー対応ブラウザをご使用の場合)
※ログインされている場合は、1回目でも即時にコメントが公開されます。

※過去に投稿された名前と違う名前で投稿された場合、前回の名前に統一致します。
別人を装う為などと判断された場合はスパム扱いとなり非承認状態になるため公開されません。

※承認が必要なコメントに関しては後から反映されますが、投稿日時は維持されるため、数時間または数日後に突如コメントの中に今まで無かったコメントが表示されます。
投稿日時順の並びのため仕様です。

※意味の無い複数改行の使用および先頭などへの無駄な空白(スペース)を混入しないでください。非承認コメントになる可能性があります。

※特定の使用できない単語(猥褻な表現やネットスラングなど(釣り、スレさん なども一般閲覧者にはわかりにくい表現であり))を使用されると、スパム対象になる可能性があります

悩み相談はコチラ

Pick UP 不倫書籍

他の人気コンテンツ

▲ このページの先頭へ