トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 別れられない > 無理に別れようとすると後悔する?

無理に別れようとすると後悔する?

20歳年上の母校の高校教師と教育実習で知り合い、肉体関係をもつようになって、もう8ヶ月になります。
4月からは私が仕事で引っ越したため、遠距離になりました。

先日4ヶ月ぶりに会いましたが、忙しいなりに時間を作ってくれて会って…いつものごとくホテルへ行って。
たった4日間の帰省で、帰省初日は彼のために1日空けておいたのに「(せっかくの帰省初日なんだから)今日は(家に)帰れ。」と、会って3時間で帰らされてしまいました。
つまりはホテルに行っただけです。
今日は…って明日の約束があるならまだしも、結局それだけでした。

会いたかったのか、Hしたかっただけなのか…考えたくないけど、後になって何だかそう感じてしまいました。
その後、彼にメールしたら、帰る頃になって「(会えないのは)ホントは寂しい」なんてメールを送ってくるんです。
じゃあ、「今日は帰れ」って帰すなよ!って思うんですけど…

正直年もかなり離れてるし、お互い公務員で…これ以上の関係を望むことはできないし、望んではいけないと思っています。
でも、彼を好きな気持ちは強いんです。

別れよう、別れなきゃいけない…と何度か思ったこともありましたが、踏み切れません。
無理に別れなきゃと思っているうちは、余計に後悔が強くなってしまうって言われたこともあるんですが…やっぱりそうなんでしょうか?

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(4件)

  • らいおん より:

    はじめまして。
    不倫経験が2度もあるらいおんと申します。
    2度目の不倫ですが、やはりくるりさんと同じように
    別れなきゃと思いつつ、何度も別れては繰り返し復縁してしまって
    結局3年くらい続いてしまいました。
    付き合っていても辛いだけで別に楽しいこともないし、
    お金のない人だったので、私が全部デート費用出したりで
    金銭的にも辛いし、いいことなんてなかったのに、まるで
    麻薬のように、辞められないんですよね。あれは気が狂って
    いたとしか思えません。
    だけど、別れなきゃってずっと繰り返し念じていたら、
    ある時期にくると、ふっとふっきれて、綺麗に彼に対しての
    執着がなくなり、別れることができました。

    くるりさんがおっしゃるとおり、
    >無理に別れなきゃと思っているうちは、余計に後悔が強くなってしまうって言われたこともあるんですが

    は、ある意味真実です。少なくとも私に関しては。
    なので、私ができるアドバイスとしては、(えらそうですいません)
    とにかく、毎日毎日、付き合って行くことの無意味さ、
    非合理さを考えつつ、自分をすこしづつ洗脳していくことでしょうか?

    私自身の不倫は、好きとか愛してるじゃなくて、
    今から考えてみれば、ただの肉欲・感情的な執着心、
    ただ、そんなものだったように思います。
    でも、その真っ最中ってわからないんですよね。
    気も狂っているから、自分で正気になんて戻れないし。

    ご自身を強くもっていれば、いずれ別れられますよ。
    頑張って下さいね。

  • らいおん より:

    言い忘れました。
    別れて、後悔なんかぜんっぜんしてませんよ。
    むしろ別れてから人生ばら色です。

    そんな気分になるように、すこしづつでも、
    自分を洗脳していって下さい。

    すぐに効果がでるわけではありませんので
    今は無理かもしれませんが・・・

  • より:

    はじめまして。

    4ヶ月ぶりだったら、エッチしたいですよね?
    まあ、それだけでもあなたに会う価値はあるのだし。

    寂しいだの、なんだの、既婚男性の常套句にあまりはまらないように・・・。

    幸い遠距離だし、一人になる時間はあるのだから。
    考えたらいいと思いますよ。

    これは不倫なんですから、気持ちを求めたら終わりでしょう?

  • くるり より:

    らいおんさん&波さん ありがとうございました。

    遠距離&一人暮らしを始めて、確かに一人になる時間が増えて、考える時間(自分を洗脳する時間)が増えたような気がします。
    焦らずゆっくりになるとは思いますが、しっかり考えて(洗脳して)みようと思います。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ