トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 将来 > これから先のこと

これから先のこと

私は数年前に離婚をしました。
その前後にはいろいろなことがありました。

相手の人が私との将来を望んでくださったこともありましたし、ご自身の離婚をすすめようとされたこともありますが、それはおやめになり、もうお会いすることもありません。
そのことと無関係にではなく、職を辞したことも、病気になったこともありました。
こちらのサイトに1年ちょっとレスをさせていただいたなかで、そのような個人的なことを、お話させていただいたこともあります。

その方が離婚をされなかったことも、私自身がこれから一人世帯かもしれないことも、覚悟していたことだったので、それはそれでいいと思っています。
自分を不幸とは思わないし、思えないです。
私のしたことで私の責任だと思っています。

今とても思うことは、これから先の人生があまりにも長いことです。
今の日本の女性の平均余命を考えても、軽く50年は、あるかな・・・。
まだまだ、社会的にもいろんなことができるし、子どもを持つこともできるかもしれないし、人と親しくなることもあるかもしれない。

ものすごくおこがましい言い方ですが、人を殺めたことがあり、刑に服した後、世間とは距離をおいて、人となるべく交わらずにそれからの人生を生きておられる方の話を見聞すると、心に響くものを感じます。

「私は罪を犯した人間なので、これから先、人と交わらず、人と親しくならずに生きていく」
・・・きっとそうじゃないところに、私の、苦しむべき苦しみがあるのかもしれないと思います。

こちらのサイトに1年ちょっといろいろと書かせていただいてきて、その間にも少しずつ何かが癒されたり取り戻したりしてきました。
そのことを望んで書き込みをさせていただいたわけではなかったのですが・・・。
それは、いいことなのです。
私だけのためじゃなく、きっと。
生きていると治っていくものだから、仕方がない。

今も、これからも、そのような過去のある私を受け入れない人も、きらう人も、最後のところで信じられないと思う人もいらっしゃるでしょうし、それは仕方がないことです。
逆に、親しく愛情を持って接してくれる人にすら、距離を置いていたいと思うところがどこかにあって・・・。
これは、過去を、ひきずっているということなのかな・・・。

自分が罪びとであることは承知しています。
ですが、その受け入れ方が足りないのかもしれません。

まだ過程にいる私ですが、その後のこと・・・をお話しさせていただきたくて、投稿させていただきました。
その後を生きるということについて、もしもお心のままに・・・もしもお寄せいただければうれしいです。

うまく書けずに、つぶやきのような書き込み、読んでくださっただけでもどうもありがとうございます。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
読み込み中...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(30件)

  • みみりん より:

    歩いていて、誰かに突然転ばされたとします。
    その時の傷が基で、歩くのが困難になったとします。

    だからって、それで歩くのをやめるわけにはいきませんよね。

    自分が、とにかく歩こうと努力する、その努力しだいであるけるようになれるのではないですか。。

    歩きにくいことを恨みに思うなら、その時は法律が助けてくれますよ。

    だれに傷付けられても、自分が納得して前に進む方法を見つけて
    前に進むしか、ないんです。誰でも。

    憎しみも恨みも、全部自分ひとりで背負っていくものです。
    誰も代われません。

    玄米さんが、今過去を引きずっていることによって受け入れられない
    誰かがいるとしたら。
    それはそれだけの器の人間だと言うことですよきっと・・・
    過去を引きずるのは当たり前です。みんな、同じ。不自然じゃありませんよ。

    玄米さんの過去のすべてをひっくるめて、受け入れて愛しあえる誰か
    は、きっといると思います。
    あなたの罪は、今後何があっても一人で生きようと思うほどの、思い罪だなんてとても思えないんですよ。
    最初から、故意に彼のご家族を傷付けようと思って、傷付けたのではないでしょう?

    玄米さんが、愛する人を見つけたら、ためらわないでぶつかって欲しいと思います。
    玄米さんの過去を知って、引くようならね、それだけの人ですよ。
    恥じないで。玄米さんは、過去はチャンと乗り越えてるのだから。

    どうか、こわがらないで。今の出会いを大切にしてください。

  • 雪うさぎ より:

    玄米さん・・

    その後。

    その後、っていつまでがその後なんだろう、ね。
    ずうーっと、ずうーっと・・続くのかな。

    ソレは、命が果てるまで続くのかな。

    きっと、そうなんだろうと・・私も、おもっています。

    私が背負わなければならない、一生の償い。
    私が逃げてはいけない、一生の罪。

    瞳から、背けてはいけない・・・過去。

    そう。かつて、たしかに存在した、時間。私。

    うん、と。。
    あのね、私・・・私自身も、玄米さんとおんなじ。
    おんなじ、途中の経過をまだ、あゆんでるの。
    過去をひきずる。。それも、おんなじ。

    でも、ね。。

    “ゆるす”という、勇気。

    それも必要なときがあるんだなぁって、おもう自分が、ほんの少し現れることがあるの。
    ソレは、とても、むつかしくて、とても、苦しい・・こと。。なんだけれど、ね。

    玄米さん。
    今、すぐそばまで駆け寄って・・ぎゅって、ぎゅうーって抱きしめたいよ。
    そのあと、夜空のきらきらした星をながめながら、あったかいカフェオレ飲んで、ただ・・ただ、座っていたい。

    ともだち、だから。

    大切なともだちだから。
    一緒に、あるこ。。ね。

  • タバスコ より:

    いろいろな玄米さんのレスを、いつも興味深く読ませていただいていました。
    勝手ながら、私の今の心境と似ているかもって思いながら。。。
    玄米さんに、こう考えたら良いよっていうアドバイスは、多分、今の私にはできないし、それどころか、私自身が探しているようなので(だったら、レスの意味ないじゃんって感じですが)。

    この何年か、心が殻にこもった感じで、人に会うもの億劫だったりしました。
    こりゃ、鬱かな~なんて思ったりもしたけど、
    まあ、生活には支障がないので(食欲もあるし、良く寝るし)、
    ただただ、前向きに生きる気力がなかった。

    まあ、いろいろあっての事なのですが、こんなに落ち込んだのは、
    多分、生まれてはじめてかも。
    ポジティブだし、自信過剰なくらいの性格だったのに、
    一転して、自分が好きではなかった。
    なんだか、私って、本当はたいした事ないな~って。
    だから、友達がなにかで誉めてくれても、ちっとも嬉しくない。
    「本当は私はたいした事ないのに、分かってないな」とか。
    いじけてたんですね(笑)。
    何か、わからないものに対して、怒っていたのかも。
    それも、自分だったと、最近、気が付いてきた。

    その時期、私も「これからまだまだ長いな。」って思っていました。
    疲れちゃったのね。
    ずっと、突っ走っていたから。
    自分で走っていた、というより、速い乗り物に乗っていて、楽しみながら、でも、障害物にぶつからないように必死に。ぶつかったりしていたんだけど、痛くないって自分に言い聞かせながら。そして、とうとう、疲れちゃったの。
    止まってみて、はじめて、道がまだ長いことに気が付き、そして、一度止まってしまうと、再度走り始める為にはすごく力がいるし、どうやって走っていたのか分からなくなっちゃったり。再発進しようと、もがいていた時期もあったけど、暫く止まってじーっとしている時期がありました。動けない時は、あきらめようと。ようやく今年に入って、発進準備にかかっています。

    なんだか、だらだらと、抽象的なわかりにく内容で、ごめんなさい。
    玄米さんの欲しいレスではないだろうけど、思うままにかかせていただきました。

    人生、長くて良いんじゃないかな。
    私は前は人生って短いって思っていたから、長いと思える今、
    それなら、ゆっくりする時間もとれるな~、、なんて考えています。

    それとね、これは、的外れな事かもしれないけど、
    たいていの人って、自分が考えているほど、他の人の事を考えてはいないと思うの。
    だから、他の人の事ばかりを気にするのは、そのことで、心をすり減らしてしまったりしたら、ちょっともったいないことかな、なんて思います。勿論、人のことも考えてあげられる余裕があるときは、そうしたほうが良かったりするけど、まずは自分ありき、だと思うのです。

    長くなりましたが、読んでくださったらありがとうございます。

  • ソナタ より:

    皆さんのレスを読んでいて、何だか涙が溢れてきて、自分の弱さをもろさを痛感しています。

    いつになったらこの心の闇が消えるのか、自分でも分かりません。
    きっかけは幼少の頃、母親から愛されていないという事実を認識したことから始まり、何度もこの世に生を受けたことを悔やみました。

    今でもその気持ちに変わりはありません。

    初めは母親からの愛情を男性で埋めようとしていました。
    そしてお酒に溺れて…いちばん認めてほしかった存在の母は私を更に嫌いになっていく。そんな自分をどうすることもできなかった。傷つけて忘れてしまえるならと、何度もこの身を捨てようとしたけれど、出来なかった。私は愛されたかった。それだけなんです。

    「生きている、ただそれだけで私たちは罪深い」と言います。
    命あるものを食す。ただそれだけで罪深いのだと。
    悩んで悩んで苦しんで私は今日も生きています。
    いつまでこの暗闇が続くのかは分からないけれど。
    玄米さんに対してのお答えになっていなくてすみません。
    私は発芽米を食べてます。少しでも長生きしたいからかもしれません(笑)

  • ちびび より:

    私はどんなこともすべて
    線上の点であろうと考えています。

    この先は長いかな明日かな。
    知ることはできないけれど
    目線は常に『前に』。

    それでも私の裾を引っ張るものがあること
    わかっているけれど敢えて見ません(笑)
    ソレに囚われないためにね。

  • Masa より:

    >逆に、親しく、愛情を持って接してくれる人にすら、距離を置いていたいと思うところがどこかにあって・・・

    それでいいんじゃないですか・・・?
    別にその感情の理由を説明しなくてもいいじゃないですか。
    そう思うときはそうしていたら良いんだと思います。
    そう感じることを悪だと思う必要はないんじゃないでしょうか・・・

  • 放浪人 より:

    いつもレスを拝見させていただいてます。

    今、先のことを不安に思うということは玄米さんの目は前を向いているのです。
    あとは、気持ちの折り合い。

    >今も、これからも、そのような過去のある私を受け入れない人も、きらう人も、最後のところで信じられないと思う人もいらっしゃるでしょうし、それは仕方がないことです。
    >逆に、親しく、愛情を持って接してくれる人にすら、距離を置いていたいと思うところがどこかにあって・・・
    玄米さんはきっと、過去を受け入れてると思いますよ。
    少なくとも引きずってはいない。
    でもね、過去のことを言い訳にしてる感じはするんです。
    自分は罪びとであるから・・・・と。
    僕から言わせたら「自分は罪びとでしたから・・・残念!!」くらいの勢いでいいと思いますよ^^
    人を殺めた事は大きな傷だと思います。やはり人生を狂わす出来事ですから。
    ですがね、人というのは強い生き物でね、その状態から脱しようとするんですよね。
    黙ってることができない。だから、もがき苦しむんです。
    僕はね、玄米さんのレスを読むとね、少なくともまじめに生きてきたと思うんです。
    離婚も経験されていらっしゃいますし、その他にもいろいろ経験されていらっしゃる。
    その経験を踏まえてたくさんの方にレスを返してあげていらっしゃる。

    >「私は罪を犯した人間なので、これから先、人と交わらず、人と親しくならずに生きていく」
    こういう生き方もあると思います。しかし、これが玄米さんの生き方なの?って言われると、そうでない気もいたします。
    一度きりの人生ですよ。誰でも幸せになりたい。誰でも楽しいことは好き。

    恐れることはないし、過去に縛られることもない。
    玄米さんがすべきことは、自分の幸せを掴む事。
    人をあやめたことによる刑は服されているんだから。
    足りないと思うのであれば殺めた事ではなく、その人が生きていたことを忘れなければいい。
    玄米さんの人生に深く関わった人ですから。
    ゆっくり、進んでいきましょう。少しずつ幸せになれるように願っています。

  • カレンダー より:

    私がとても落ち込んで、辛くて苦しくて仕方なくて
    「いっそ死んでしまったら、ラクになれるのかなぁ・・・」と
    ふと通りかかった橋の上から、身体を乗り出そうとしたことや、
    「眠りに付くことができないから」と云う理由で、病院から
    貰っていた薬をためておいて、「一気にのんだら、良いんだ」なんて
    誘惑にかられたことも多々ありました。

    そんな私を癒してくれたのは、
    あるダウン症候群の男性でした。
    彼は、自分のおかれている状況を知っていて、
    ひとりでは生きていけないこともわかっていました。
    (精神的にだけでなく、金銭面を含めた生活全般において)

    私は「彼のお世話をする」名目で、付き合いましたが、
    本当に助けてくれたのは、彼の方でした。
    彼と居ると、なんとも云えない温かい気持ちが
    どんどんどんどん沸いてくるのがわかったんです。

    ヒトは、ヒトによって、助けられたり、助けたり、
    そんな風に、まわっていくのではないでしょうか。

    現に、玄米さん、貴女の言葉に私は癒されました。

    ココロのおもむくままに書いてみました。
    読んでいただきましたら、嬉しいです。

  • サラ より:

    生きていくってそんなに悩むと息苦しい・・・
    生きていくだけで、色々とあると思うねん
    良い人とだけ巡りあいたいと思っても、そーもいかん
    消してしまいたいと思う過去も消えない

    確実にあるのはここにいると言うことだけ・・・・

    ほんでも考えてごらんよ
    芸能人やったら、一回した不始末を「画像」とともに見せられたりすんねんで?音声まで入ってたりして
    別れて嫌いになった旦那との熱々時代のテレビうつされたりして

    大迷惑やで

    そう思ったら、小さい人間の過去なんてほとんどの人が忘れていく
    簡単に書いたけどそうおもわへん?
    私は今自分の仕事をして建物を作って行くのと
    学校に通って点数で一喜一憂している・・・

    それだけでも、1年はあっという間に過ぎる
    だんだんと苦しい過去は過去へいってしまうのじゃないかな

  • DRY より:

    こんにちは。はじめまして。
    玄米さんのレスを読み、自分の愚かさにいつも気づかされる私です。今回、直接お話しができて嬉しいです。
    少し、私の話をさせて下さい。

    私は自分を『欠陥人間』と思わない日はありません。

    ここへ来て確信したことは、『別れる決断をした強さを持った人は立派だ』と言うことです。正直、羨ましくも思います。

    「別れる」と言うハードルを超えられたこと、これを自信にして
    下さい。自分の中だけの自信に。

    罪人の看板を背負って歩く自分を褒めてやって下さい。励ましてやって下さい。自分を守れる者は自分。人にどう思われようが、受け入れてもらえなくてもいいんです。
    罪人は、受け入れてもらえなくて当然なのです。

    『開き直る』のではありません。ありのままの自分をありのまま受け入れればいいのです。まずそこが出発点です。

    人生長い・・・なんて、なんとまー贅沢な悩み!(笑)

    もし、自分を何かと比べる場合、どうか健康体に目を向けないで頂きたい。
    生きたくても生きれない人、障害をもった人、その障害を助ける家族(周囲)、予期せぬことに犠牲になる人間。

    自分の考えひとつで、立ち直れる可能性を持った人間は、立ち直らなくてはなりません。

    人間、過去を反省し学習することは必要です。でもそれを発揮しなくてはなんの意味もありません。

    歩ける足が健康ならば、歩いて下さい。
    見える目が健康ならば、見て下さい。

    受け入れてもらおうとせず、まず自分が受け入れることを
    少しづつ学習しましょう。ありのまま。

    長い道のりなら、いっぱい休憩しましょ。

    あと、ひとつ・・・関係のない話で申し訳ないのですが、私は「毛深い」です。油断するとボーボーです。女ではありえない位にボーボーです。色々試しましたが、ダメです。
    言葉では表せないほど、とにかくとにかくすごいです。毎日が戦いです。その相手が「毛」です。

    いきなりお風呂屋も行けない、いきなりプールも海も行けない、夏にタンクトップも着れない、Tバックなんてもってのほか。旅行や外出時も常に「毛」を気にする。太陽の下で元気ハツラツなんてできません。
    昼間の外出は下を向いています。コソコソしているようです。
    だから、私は仕事以外で、行動範囲が狭い。

    人が聞けば、くだらない話ですが、私、心底、この体を怨みます。素足でスカート穿きたいです。

    相手の気持ちや悩みの度合いは、頭では理解できますが、心の奥底までは理解できません。本人しかわかりません。

    なんだか、私の醜い体を張って、文章にしてみましたが・・・
    わかりづらくて申し訳ありません。

    そろそろ、桜が咲きますよーーーーーーーーーーっっ

  • アルフ より:

    私も自分が嫌いだった、ずーっと。
    でも、そう思うのは誰かや何かと比べるから。
    自分を変えたくて無理もした。
    でも、ますますドツボにはまってしまった。
    そして訪れる孤独感・・・「私のことなんて誰もわからない」

    で、結局「やーめた。」
    自分が感じるままにやっていこうと思った。
    一時期、玄米さんのように人を遠ざけたりもしてました。
    そうしていたら、目の前が明るくなって。
    『私は私。どんなんでもいいじゃない。』って思えるようになった。
    でね、そう思えるようになって気付いたら、結構回りに人がいたんですよ。
    「アルフーこっちきなよ~」って。嫌われてると思ってた人まで。^^
    そしてずっと私を見続けてくれた人が「アルフはアルフだから、いいんだ。どんなに傲慢で高慢ちきなヤツであってもね」って言った。(笑)

    思うまま、流れるままにまかすっていうのもいいかもしれない。
    そのうちに玄米さんも気持ちが軽くなる時がきますよ。
    玄米さんは前を向いてますから。^^

  • lala より:

    生きて行く事..これ自体が実はとても苦痛な事なんですね。
    私は離婚を二度していますし.元一緒にに居た人二人とも女性関係で離婚..波乱万丈の人生だと.自伝も2冊では足りないくらいに様々な事はありましたよ。
    自殺未遂も何度か..拒食症にもなり自力で立てないほどにも
    なりましたが..人間はそんなもんでは命は絶てないものだと。
    何も無くなって..無になってもかろうじて仕事だけは繋がっていて..何日も食事も受け付けなくなっても一本の仕事の電話が
    入りようやく気がついたんです。
    今命を絶っても..何人私の為に泣いてくれるのか..。
    その1人の電話の人が私を必要としてくれていると..。
    それで十分ではないのか..と..。
    それが約17年前かな...。
    一度どん底に落ちると恐いものはなくなるものです。
    一番恐いのは信じられなくなった自分の心..。
    人生長いようで短い..最近そう感じます。
    かなり遠回りしてきた自分の道でも遅くはない..
    何度でもやり直しがきくものですね。
    自分がちっぽけで情けないと思うからこそ..人の為に尽くしたいと思う。こんな私でも誰かの何かの役に立てたらとそう思う。

    悲しみと苦痛は.やがて「人の為に尽くす心」という
    美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。
    心を優しく持ち.耐え抜く事を学びましょう。
    強い心で生きるために。

    ヘレン.ケラー

  • 玄米 より:

    みなさま、ありがとうございます。おとこばに、感謝します。

    できることからすこしずつ。

    過去を言い訳にしていました。
    なんでも言い訳にできてしまうから。

    それで、やろうと思うことから逃げたり、しています。

    人を遠ざけることは悪ではないけれど、近づいてくる人にわざとひどいことをしてきらわれるようなことをしたり、信頼を失うことをしたり、迷惑をかけたりすることは、社会悪だと思うのです。
    今も先送りにしたりして、すごくまわりに迷惑をかけていることが、いっぱいあります。

    私にはどこか、自分で自分を台無しにしてしまうような、性癖があるようです。
    せっかくの自分のいいところをのばして、自分がいい想いをすることを、台無しにしてしまうようなところがあるのです。

    それが社会悪でもあることは、観念ではわかっているつもりですが、まだ、実感が乏しいのかもしれません。

    それでも社会から脱落していないほど、私は恵まれています。それこそ本当に刑法をおかすかたちで人を殺めれば、私は刑務所に入れられるけど、私は人を殺したくはならない。自殺もしないです。

    私の暮らす日本の社会の分厚い優しさのセイフティネットかもしれない。精神を病んでも、失職しても、離婚をしても、排除されない。私のなかのいいものを、人がみてくれる。

    私もそれを、できれば生かしたい。それが、合う生き方なら。

    自分で自分を台無しにする性癖をなんとかしないと、ほんとうに腐ったり、カビはてて使い物にならなくなることもあるかもしれない・・・

    生きていかないといけないです。生きていかないと。

    自分をしっかり見つめて自分を知ることは大事なことで、いつか、自分をわすれて、がんばるためにも、
    こうやって、お話させていただけることはとてもありがたいことで、ありがとうございます。

  • あると より:

    玄米さん、

    いつも玄米さんのカキコミを拝見しています。
    このスレッドも、もう何回も読み直しています。

    なにも変わったことのない日常、ふとずっと昔のことを思い出すことがあります。
    考え続けていたので思い出したのでしょうね。
    私の母はきょうだいの多い人だったので、私のいとこたちも大勢います。
    私が会ったことのないいとこもいて、これはその従姉のおはなしです。
    たぶん50年近く昔の話です。
    従姉は学校を卒業して小学校の先生になりました。
    たいそう美しいひとだったそうです。
    そこで、年の離れた既婚の先生と恋愛関係になってしまいました。
    まわりを巻き込んで、何度も別れようとしてできず、「妻と別れて結婚する」
    という男性の言葉を信じ。。。。10年近く過ぎてしまいました。
    まだ小学校だった私の耳にも入ってきたくらいですから、親戚中の騒動になるほどの出来事だったのでしょうね。
    でもよくある不倫の話です。

    ところが
    私が高校生になるころ、その従姉は突然修道院に入ってしまいました。
    それもまた本人のまわりは大騒動でいろいろな話が飛び交いました。
    突然退職した。親にも話さず身一つで家出同然に修道院に行った。などなど。
    ただ母の身内はカトリックが多かったので修道院に、というのは不自然ではなかったようです。
    そうして身内の人たちには、美しい従姉を不憫に思うと同時に
    おちつくところにおちついたという安堵感もあったように思います。

    私は子供だったので単純に「婚期を逃してしまったからだろう」と考えました。
    反面、このような人生にあこがれもしました。
    だってドラマか小説になりそうですものね(笑)

    会ったことのない人だったので思い出すこともなかったのですが、
    玄米さんのお書きになったことを読んでふと思い出しました。
    たぶん、だれがどういうふうに言っても本人の罪の意識が薄れるものでもないのでしょう。
    世の中の人だれでも罪を犯さずには生きられはしませんが、きっと
    自分を責めてしまう人に「それは罪ではない」といってあげるのはなんの慰めにもならないのでしょう。

    きっと玄米さんご自身がご自分にたいして「もういい」と言えるときが来ないと。。。。
    それがいつなのか誰にもわからないですよね。
    そのときが来るよ、ともいえませんし。
    だから少しずつ前に進みながら、受け入れられるときを待つことではないでしょうか。

    それから、
    人生は長いようですが、私は50年生きていますがふりかえるとまるで夢の中のような月日です。
    そして先はまだまだ長いと思いつつも、いままで生きてきた年月を先に置き換えてみると
    もしかしておそろしく短いのではないかと思う私もいます。
    後悔しない人生なんてきっとないでしょう。
    生きるために、というよりは生かされている。
    流れのままにそれでも自分にやまわりに恥ずかしくない生き方ができればいいのですが。(これは私自身のこと)

    いろいろと考えさせていただいて、ありがとうございます。
    もし厳しいと思える内容でしたらごめんなさい。

  • 玄米 より:

    あるとさん、ありがとうございます。ぜんぜんきびしくないです。むしろ、ことばを選んでくださっているお気持ちを感じます。

    みなさんがおっしゃってくださったように、私は、立ち直っているんだと思います。
    過去を言い訳にして、流されるかどうか、今、大事な時期なのかもしれません。

    あるとさんのおことば、みなさんのおことばを読んで、
    後悔するのは、自分がほんとうにやりたいことをやらないことではないかと思います。

    自分で自分を台無しにすることが、私がほんとうにやりたいことなら、満足して死んでいけると思います。
    私がやりたいことは、人をころすことでもないし、不倫をすることでもない。
    修道院は、ちょっと興味はあるけど。

    自分を台無しにすることが、心からやりたいことなら、きっと後悔しないと思うけど、そうじゃないから、悩んでいるんだと思います。

    言い訳は、屁理屈なんですよね。

    罪をおかしたことを言い訳に、じぶんを活かさなかったら、いつかほんとうに後悔をしてしまうかもしれません。

  • ソナタ より:

    あるとさんのレスを読んでいて、「てのひらを太陽に」という歌を思い出しました。

    小学生の頃に習った曲なので、地域の差はあれどほとんどの方が知っていることと思います。

    ♪おけらだって、あめんぼだって、みんな みんな 生きているんだ 友達なんだー♪
    ♪僕らはみんな 生きている 生きているから笑うんだ♪

    子供ごころに、虫さんたちも生きているんだなぁと思い、アスファルトの上を歩く蟻を、踏まないように一生懸命によけて歩いたときのことを思い出されます。

    生きることの意味を明確にうちだせる人はいないでしょうし、だからこそ、その意味を探り出すために、人は生きているのかもしれません。

    人生の終わりが訪れたとき、心の中で、ありがとうと言える生き方にしたいと、皆さんのレスを読んで思いました。

    DRYさんは毛深いのが悩みなんですね。
    私の場合は、ほくろです。
    身体は仕方ないにしても、顔面だけは勘弁してくれ~って感じです。
    あまりの多さにレーザーでとったこともありますが、何年かすると少しずつでてくるんですよね~。
    今は数えられないぐらいに増えたので、数えるのはやめました。

    ある時職場で、ボールペンの先が顔に触れたので、「顔にボールペンついてない?」ときいたら、「ほくろが多すぎて分からない」と言われました。
    マジでへこみました。

  • タバスコ より:

    玄米さんが、どの部分で悩んでいらっしゃるのか、、
    自分に対してなのか、他の誰かに対してなのか、、

    私は自分が、依存心が強い方だと思っています。
    年とともに、いろいろ経験したり、他の人の行動を見たり、
    人と話をしていくうちに、徐々に自立しているとは思いますが、
    私は弱い。

    昔は、人には、強い人と弱い人がいて、弱い人は強い人に守ってもらうもの、と思っていました。誰かといたときに、自分より強いなって感じると守られたいと思い、自分より弱いと感じれば守ってあげなくては、、と。
    でも、いつからか、「皆、強くないんだ」って。
    誰も、強い人なんていないんですよ。
    泣きたいときもあるし、なにもかも投げ出したくなるときもある。
    怪我をしたら、痛いのは誰しも同じで、大声を出して泣くか、我慢して血が止まるのを待つか、行動が違うだけ。

    >私にはどこか、自分で自分を台無しにしてしまうような、性癖があるようです。

    私も、一時期、こんな感じでした。
    私は、多分、臆病だったのかな。
    だから、私のことを「良い人」だと思ってほしくなかった。
    良い人だと思われて、期待を裏切ってはいけないと、頑張る気力もなかったし、「なんだ、違うじゃん」って、がっかりされるのも嫌だったから、最初から良い人だと思われないようにしたり。
    それは、自分が好きじゃなかったからなんだけど、怖かったのかも。
    手に入れても、また失うなら、失うかもしれないなら、最初から期待しないことにしよう、と。

    なにもしたくないときは、しなくて良いと思うのです。
    誰にも会いたくなければ、誰にも会わなくても良いと思う。
    そして、玄米さんの仰るよううに、自分を見つめること。
    現実の自分を受け入れる、ということ。
    人間、誰しも、完璧な人はいないし、失敗ももちろんある。
    その失敗を受け入れること。
    失敗を否定しないこと。
    失敗は自分の成長の為に、必然だったと。
    失敗を自分の為に生かすこと。
    その結果の自分が、誰かの為になれば、否定される過去ではなくなるかなって、最近、自分に言い聞かせています。

  • 玄米 より:

    ☆放浪人さん☆
    ありがとうございます。お話したかったのでうれしいです。
    ものすごく的確な的確なレスです。BINGOです。
    > 「私は罪を犯した人間なので、これから先、人と交わらず、人と親しくならずに生きていく」
    > こういう生き方もあると思います。しかし、これが玄米さんの生き方なの?って言われると、そうでない気もいたします。
    そのとおりです・・・。そんなところで(と思われるかもしれないところで)悩んでました。
    たぶん、私は、完全主義でプライドが高いんですよね・・・まちがってますよね、いろいろ(笑)。
    ここまでしておいて(過去のこと)、いつか浄化されてぴかぴかに健康になって、完成したら、それから、なんていってたら、人生おわっちゃいますよね。
    放浪人さんのレスから、あかるいお人柄も伝わってきて、読んでいてうれしくも感じました。

    ☆カレンダーさん☆
    ありがとうございます。カレンダーさんのレス、いつも読んでましたし、好きです。
    ぼろぼろのがたがたになったくせに、私もまた、言われました。1年ぐらい前だったかなぁ・・「あなたは損なわれていないし、あなたからは根源的な豊かさと温かさを感じる」と。友人に。
    それを破滅させていくこともできるけど、それはもったいないし、それより、本意じゃないんでしょうね・・・私本人がきっと。

    ☆サラさん☆
    ありがとうございます。
    これから有名になったり、有名人と結婚したりしたら、どうしたらいいんでしょか?(笑)
    「それなら有名になる(かもしれない)ような前向きなことは何もしないでおこう」というのも違うし。とすら思うことがあって、まだまだゆがんでます。
    蒸発する人のきもち、ちょっとだけわかります。だけど、蒸発もしないし、できないでしょうし、しないですんでますし。
    ゆがんでても、まだまだでも、今は今、なんですよね。

    ☆DRYさん☆
    私もお話したかったです。
    立派じゃないですよ。ようは、振られたということですから。
    どうしても申し上げたかったのは、このスレッドからはなれますが、子どもをつくらないとか、今から決めなくてもよいように思いますが。。。というところでした。
    どうしてもしたいことはしてもいいのでは?しないことこそが後悔では?
    たいていの人にとって、不倫はどうしてもしたいことじゃないから、あとから後悔するのじゃないでしょうか。私もそうだと思います。いろいろ言い訳しながら、あるいは、観念だけで考えることって違いますよね。きっと。
    「毛深い」問題について、私の愛読する「かわいいからだ」シリーズの著者で整体師の寺門琢己さんはこのようにおっしゃっています。ご参考まで。(^^)
    http://webmagazine.gentosha.co.jp/backnumber/vol69_20030415/terakadotakumi/terakadotakumi.html

  • 玄米 より:

    ☆アルフさん☆
    ありがとうございます。
    私の場合は、あんまり、人とは比べないので、もっと比べたほうがいいかもしれないです。
    坂本竜馬ならもう死んでるし、とか。。。
    人生は密度なんだろうと思うので・・・もっとシンプルに!もっといさぎよく!
    いきたいです。レスをありがとうございます。(^^)

    ☆lalaさん☆
    貴重なご自身のお話を・・・ありがとうございます。
    私も、怖いものはないんです。怖いものがないうえに、破滅型の性癖がでてきちゃうと、最悪なことになるので・・・。「失うのが怖いもの」を持つことが愛することだから、愛することは貴重なことなんですよね。自分を愛さないと、自分を失うことや、自分を損なうことに痛みがなくっちゃいますから。
    ヘレン・ケラーのことばは、すばらしいですね。。。
    感謝申し上げます。

    ☆ソナタさん☆
    ふたたびありがとうございます!
    てのひらを太陽には、私のテーマソングです。
    そして、まんがの『バガボンド』で「今このときも、この世に無数の命が生まれて無数の命が死んでいる」ということばを読んで、そうか、と思ったことをソナタさんのレスに思い出しました。
    この世のあらゆることを他人事じゃないと思うことは痛いけど、そうやって生きていくなら、逆から考えても、自分を大事にすることを通じてしか人も愛せないって理屈ではわかっているから・・・
    感謝もうしあげます。

    ☆タバスコさん☆
    気にかけていただいて、ありがとうございます。
    そう、不安じゃない人はいないし、弱くない人はいない。わかるように、なりました。
    おとしめるわけじゃなくて、世で成功したとされている人も、どれだけ人に頼られている人も、そうなんだと思います。
    タバスコさんも、ですよね。(私からみたら、立派だから!)
    私が書いたなやみは、じぶんのこと、です。じぶんのことは、じぶんのことだけじゃなくて、人と、じぶんのことでもありるので・・・。

    みなさま、読んでくださり、ありがとうございます。

  • 玄米 より:

    みなさま、ありがとうございます。

    ☆みみりんさん☆
    ひたむきなお気持ち、ひたむきなおことばをありがとうございました。
    みみりんさんのおことばに、ここ1年のうちに出会った方で、すごくすごく、すばらしいと思った方のことを思い浮かべました。
    こちらで書いていないことや人に話していないことはずいぶんありますし、きれいな道を歩いてきた方と深いかかわりを持つことにはためらいはあります。そのときはまたきっと、悩むでしょう。人と添うことも、子どもを産んで育てることもほんとうにすばらしいことだと思うので、縁があればそうしたいし、そうならなくても悔やまずに生きれればと思います。

    ☆雪うさぎさん☆
    ありがとうございます。
    許すことに、勇気というおことばを使われたのが、印象的でした。
    じぶんを許せると、ひとを、許せるようにも、なるからね。
    許すことはすばらしいことなのよね。

    ☆タバスコさん☆
    ありがとうございます。
    > 何か、わからないものに対して、怒っていたのかも。
    このおことば、タバスコさんの文脈とはちがうかもしれないけど、こころに響きました。
    じぶんでじぶんを台無しにして、なんだかわからない怒りやストレスを・・・・
    他人のことはじつはあまり気にしないです。
    かかわっちゃった、その人のご家族は気になるかな・・・と思ってたけど・・・(その人たちがどう思うかとか)、それもまた考えすぎのうちかもしれませんね。そう思ってもいいのかもしれない。
    ありがとうございます。

    ☆ソナタさん☆
    きれいなハンドルネームだなあと前から思ってましたし、レスも好きでした。
    闇があるから光もあります。
    私の母親は、すごくいい人で善良で乙女チックで元気のある人です。
    だけど、ある種、共感性に乏しい子育てだったように思います。
    私、受験に合格したときに、母によろこんでもらえなかったんです。よろこんでもらえなかったというか、笑ってもらえなかったんです。よろこんでたとは思うけど、、
    もうそれから10年以上はかるーくたつのに、先だって、初対面の人に、なんだかかつての受験合格のことを知られる話の流れになったとき、その人が思わず「すごいねー!がんばったんだねー!」と言ってくださって、思わず、泣いてしまいました。そのときはじめて、わかりました。
    私、そうやって、お母さんに云われたかった。お父さんに言われたかったんだ、と思って。
    がんばったね。よかったね。って。
    思ってるのに、どうして云ってくれないんだろうね。書いててまた、泣けてきちゃった。
    (がんばった自覚はあまりなく、親や教師ももろてをあげてほめたくなるような、優等生ではなかった、私の人徳のなさかもしれません。)

    ☆ちびびさん☆
    そう、前を向いちゃうの。先を見ちゃうの。
    それが生きている、ことですよね。とらわれてはだめよね。
    ところで、じつは(ちびびさんがどちらかで書いてらした)「どうしてそんなに優しいの」とは、当時の人に、私も、よく言われたことばです。

    ☆Masaさん☆
    いつも、ありがとうございます。
    またいつか男の人を女の人として健康に好きになったり、健康に好かれたりするのかな。
    好かれるのがいやで、ぶすにしていて、でも無視されるとそれはそれでいやで、じゃあ、かわいくしてろよ、と思うけど、それでだれかが近づいてくるのがいやにおもえたり・・・ぐるぐる。でした。ややこしくてすみません。(笑)ぶすもやりすぎると元に戻れなくなるから、気をつけないといけないと思うのですが。
    (人をとおざける私の社会的な不健康と未熟はそんなようなことも含めて、上記にも書いたとおりです。)

  • サラ より:

    これから有名人と結婚した時は・・・
    ぜひに、私を家まで呼んで下さり大宴会を開きましょう
    玄米さんの出資で(笑)

    悩むのは人間である証拠であり、悩んでもちゃんと自分をここでやHPや
    色々な出せる・・・それだけでも楽じゃないかな

  • きゃん より:

    玄米さん。『ボンボヤージュ』って、知っていますか?
    かわいいイラストが中心の詩集のような絵本です。
    そこにこんな言葉がありました。

    『つまずいたっていいじゃない。前に進んでいるからこそだもの。』

    私は思わず涙がこぼれました。
    凄く当たり前で、判りきった事。
    でも、忘れていました。

    人に与えた暖かさは、必ず自分に還ってくるのです。
    笑いましょう。

  • みみりん より:

    極端な話で非常に申し訳ありませんが・・・

    殺生をしないで生きていられる人間は殆どいません。
    命の重みは、魚だろうが人間だろうがそう変わらないと思うのです。
    そんな中で、玄米さんは他人の命を脅かしたわけじゃないですよね。

    人間がややこしいのは、感情があることを同じ人間同士知っている
    からだと思います。。

    でも、人間て、懲りるという素晴らしい能力があるじゃないですか。
    玄米さんがとにかく懲りていることは歴然としてます。

    修道院に入っても、懲りてない人、います。
    頭丸めても、何にも懲りてない人、います。

    形じゃない!!
    心の問題でしょう?

    どうか、もうご自分を責めないで頂きたいんですよ・・・お願いだから。

  • DRY より:

    こんにちは。いきなり本題。

    >立派じゃないですよ。ようは、振られたということですから。

    だ~か~ら~、「立派」だと思っている人間がいるんだ~位の気持ちがまず一歩。
    振った振られたは、あとからついた金魚のフンみたいなもの。
    要は、「不倫清算」という行為が、「立派」です。

    もちろん、どちらかの辛さは相当なものでしょう。それを乗り越えようとする心、それを生かそうとする心、立派です。

    >子どもをつくらないとか、今から決めなくてもよいように思いますが・・・

    私ね、何か行動を起こす時、「決断」しないとダメダメな人間なんです。と、言っても、それを始めた(気がついた)のが20代後半。
    アホでしょ(笑)それまでは、その場限りとか流されて、自分勝手な行動ばかりでした。自分に甘すぎた。

    ただ、ひとつだけ良かった点は、『人のせいにしない』と言う性格が幸いして、友達が最後まで見捨てないでいてくれました。
    出る杭は打たれる日本は、物事をオブラートに包んで話さないと、あいつは冷たい人間だ協調性がないとレッテルを貼る。
    まぁただ単に、バカ正直なだけなんですがね・・・。

    だから会社組織、年功序列の世界では生きられない。
    今の会社に出会わなかったら、私は身売りをする人間になって
    いたかもしれない(笑)

    子供が欲しいことも、彼と彼の家族、そして私という線で結んだ時、せめても、産まない十字架を背負わないとけじめがつかない。異母兄弟姉妹が悪いとは思わない。でも、いずれ親は先にこの世から居なくなるが、子供達は・・・と。

    それに、産める年齢の安全圏がそろそろリミットがきています。これから産んだらねぇ・・・大爺と小婆です。
    現実、経済的にも、満足な教育も受けさせてあげられないかもしれないし、かと言って親心は無理してあげれますが、体もついていけなくなる。

    子供が居ない分、彼の娘さんに残してあげるのも一理あり。

    玄米さんも、もう少し年齢を重ねると、もっともっと楽になります。人間なんてちっぽけよっ。ちっぽけでもいいのよっ。

    笑う角には福来る←これ考えた人、すっごいですよね。

  • summa より:

    玄米さーん。
    いつも私の過激な意見をフォローしてくれるお姉さんのような存在。
    ここには書かないようにしてたんだけど、私、ついに鬱病になっちゃいました。
    鬱病って心の風邪なんですってね。
    風邪だから、きっと直るんだと思います。
    そう思って会社もいつまで休めるのかわからないけど、仕事が多忙だったりトラブルが重なったせいもあるので、休めるだけ休んでやれって思ってます。
    どうせいつ戻っても迷惑な顔をする人はするに決まってるから。
    すみません、すみませんって言って行きるより、ある時点から、ごめんねー鬱病で、なんかいろいろ重なっちゃってさー(会社には言えないけど)、仕事でもあんなこと言われたしさー、私も弱かったみたい。だからこうなっちゃったわ!とくにあんたの一言は、きいたわ!って、今はおばちゃん開き直り路線で生活してます。
    すると鬱病でも少し楽な時があります。
    死にたいって思う時あるんだけど、鼻歌にして歌っています。
    隠さない、引け目を感じない、これが私。
    そう思って、心の風邪治そうって思ってます。
    嫌な事、全部、口に出すようにしてます。
    モラハラの元婚約者のこと思い出して、シね!とか(笑)
    だって誰も聞いてないし、別にいいかなって。

    誰も玄米さんを受け入れないなんてこと、ありえないんだから。
    もしそういう人がいたとしたら、その人は、玄米さんの心が理解できるほどの経験値が足りなてないんだ。
    人を感じる心って、自分で育てるものだと思う。
    鈍感な人の言葉はからすの声とでも思って下さい。

  • 玄米 より:

    みなさん、ありがとうございます。私はだめだめちゃんなのですが、だめだめなところを出せず(例:たとえ、ぐずぐず悩んでいても、相談スレッドもたてられない)、意地ばっかりはっていて、じつはまわりの眼もうんと気にして(lalaさんあてのレスはちょっとうそだったかも)、不自然体です。でした、といいたいけど、です、です。
    それをどうにかしないと(どうにかしようとしないと)どうにもなんないと思って、いよいよ、スレをたてました。

    みみりんさん、ありがとうございます。
    書いてませんでしたが、みみりんさんのレスと放浪人さんのレスには、大粒の涙が思わずこぼれていました。
    みみりんさんが、自分を責めないで、とおっしゃってくださるように、自分を責めるのはやめようと思います。
    責めても何もならない、自分のためにもならない。んだと思うのです。

    私は病んでいたと思うのです。人生の病理現象だったと思う。
    自分で自分を苦しくするほうに追い込むのは人間として病んでいるんだと思います。もう、やめなきゃ。すこしずつでも。すこしづつでも。(その性癖を。です。不倫はしてなくても、性癖がのこっているんですね。)

    人生がもったいないですよね。。。

    DRYさん、ありがとうございます。
    私的には、人生でいちばん勇気をだしたことが夫に離婚を申し出たことでした。
    うその国から、ほんとうの国にいきたかった。
    うそばっかりついていたから。
    人生がかわる、勇気でした。
    (結果的には、夫にも振られたようなものですが。)
    その後の「不倫清算」は・・・成り行きだからなぁ・・・。
    わりとあっさり別れたところは、立派かも、です。ありがとうございます。

    > 人間なんてちっぽけよっ。ちっぽけでもいいのよっ。

    ありがとうございます。
    きもに命じます。100点取れないなら試験をすっぽかす(だめさ炸裂)、とかはやめて、60点をめざして、試験から逃げないようにします。
    そして、年齢は、このなりゆきだと、はずかしくていえないぐらい大人なのです・・・(ここではずかしく思うところが人間のちいささ・・)。もうぴったり、30代半ばですもの。(DRYさんより歳うえだったりして・・・私の中では40歳すぎまでは安全圏なんですけど、、む、むぼう?^^;)

    summaさん、ありがとうございます。よかったね、と言いたいです。風邪をひけるのも、生命力だと思うのです。風邪のかたちで、出してるってことだから。つらいものを。それができなくなると、だんだん、衰弱したりして、あるいはぽっくりと、ほんとに死んじゃうんだと思うんです。
    ほんとに、お別れなさってからの、summaさんのまっすぐ向き合おうとしている姿勢、乗り越えようとしている姿勢に、ほんとに胸うたれてきたのです。きっと、私だけじゃないですよ。そういう人。
    隠さない、引け目を感じない、私もしてきたつもりだけど・・・もうちょっとかな。
    ありがとうございます。
    話してくださってありがとう。ご自分のこと、あかして、話してくださって、すごく励まされました。
    私なんて、こちらに書き込みするようになってから1年ぐらい?、「実は精神疾患経験あり」とも書けなかったものなーーーー。とほほ。こういうのこそが、だめだめちゃん。ですわ。。。

    みなさまほんとうに・・・・ありがとうございます。m(__)m

  • 玄米 より:

    ☆サラさん☆
    そのときは六本木ヒルズのレジデンス棟(というのでしたかしら、よく知らないのでてきとう。。。)にお招きします~(笑)。
    悩みはだしたほうが、いいですね。伴侶がいないのは、やっぱり、正直、きついです。単身者のほうが、平均寿命が短い(らしい)こともわかる気がするほどです。ほんとに、家にかえって、話し相手がいることのすばらしさよ。
    ゆっくり、たてなおします。ありがとうございます。

    ☆きゃんさん☆
    ありがとうございます。その本、知らなかったけど、たしかにたしかに、です。
    つまずくのは前向きだからですよね。後ろ向きだとひっくり返っちゃうものね。
    こつこつ、がんばります。笑顔で。このごろ、ろくに鏡もみてなくて(だめスパイラル)女子としても人としても、やばいです。
    なにごとも、日々の積み重ねなんですよね。忘れてたいけど、ここでみなさんにレスいただけるのも、これまでの交流の日々があったからかもしれないし、思わぬようにでもきっと、原因と結果の法則なんですよね、世の中なにごとも。うー・・・><。がんばりますね。ありがとうございます。

  • けい より:

    玄米さんや、他の方のレスを読みながら、いろいろ考えてました。

    ひょ~ひょ~と生きてきた私でしたが、つい先日、親が倒れて、初めて精神的に参ってしまいました。幸い、いろんな幸運が重なったおかげで、超軽い症状で済みましたが。
    それでも、倒れた時の事が、頭から離れないんですね。思い出すたび涙が出て、ダンナにも当り散らして、夜も眠れない、肌もボロボロ。
    あぁ~~しんでしまいたい。そう思ったこともありましたよ。
    でも、死んだって何にも解決しない。死んだ所で病気が治るか?治らないですよ。
    それに、こんな言葉が出るぐらいなら、まだ自分自身にブレーキかけてる証拠じゃん、だったらしねない、と一人突っ込みしてみたりなんかして。
    ホントに病んで亡くなる人って、黙って、突然、消えてしまうもんです。
    この時、私も、人生長いのにどうやって生きていけば?と思いました。

    生きていれば、時間は流れてる。その流れと共に、考え方や行動・・・たくさんの出来事も流れてるわけで。

    失敗を経験しないと得られない事だってたくさんあります。失敗は成功の元。何か失敗した時は、この言葉を思い出すようにしてます(笑)

    落ち込んだときは、目一杯泣きます。バカみたいに大声で泣くと、意外にもスッキリします。泣いた後は、ちっぽけな事で悩んだなぁ、って。

    いい事も悪いことも、経験を積む事は、必ず自分への糧になります。

    失敗、成功・・・何があるかわからないから、人生面白いんですよ。

    映画『パッション』見ると、結構響く物があるかもしんない。

  • まさと より:

    玄米さん、こんにちは。

    貴女のここでの相談者に対する書き込みはずっと以前から知っていますが、
    しばらくぶりに見てみたときに、以前とは少し違うように思いました。
    人間は日々成長しているものですが、前と比べて心境の変化を感じます。

    僕はここでは結構めちゃくちゃを書いていますが、
    ひどい事を書くので、嫌われている部類だと思います。

    貴女はいっぱい本を読まれているし、皆に思慮深い考えを述べてください。
    僕も以前に貴女に大変お世話になり助かりました。
    それ以来貴女のファンみたいになったので一言だけ言いたかったのです。
    これからもいろいろと頑張ってください。

  • タバスコ より:

    レス、ありがとうございます。

    誉めていただいて、ありがとう。
    皆、それぞれに立派ですね。誰しも弱いけど、立派!
    生きている、生き続けていることが立派。

    自分の弱さを出せる人が、本当に強かったりするんだろうな。

この記事へのトラックバックとピンバック

今週の注目度の高い悩み相談

まだデータがありません。

▲ このページの先頭へ