トップページ > 不倫の悩み相談掲示板 > 不倫前 > 話を聞いてくれる彼に惹かれています

話を聞いてくれる彼に惹かれています

4歳と2歳の子供の母親です。

昨年末、夫の借金が発覚。
「離婚はどうしてもしたくない、死ぬ気で働く」、そういう事だったので、現状維持という形になりました。

返済で毎月マイナス、親からこっそり援助してもらったりしていましたが、段々私の精神状態もおかしくなり、死にたい、別れたい、だけど子供は・・・そんな状態のとき、昔の友人(独身男性)と連絡を取る機会がありました。
彼は私の話をよく聞いてくれました。
ただ、自分の要求は何も言わずに、私の愚痴みたいなものを永遠と聞いてくれていました。

先日、そんな彼に告白されました。
「旦那さんや子供から奪おうなんて考えてない」と言います。
じゃあ割り切った関係なのかと思うのですが、そうでは無いのです。真面目で、女性からモテるタイプでは無いし。

私は正直、いつも優しく話を聞いてくれる彼に惹かれています。
しかし会ったら、会ってしまったら、この気持ちにブレーキをかけられるのか不安です。
だけど・・・会いたい。
好きなんです。

この悩み相談の共感度

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談掲示板 >>

コメント(9件)

  • 人生経験者 さん
    2015年3月10日 09:12

    今の精神状態で異性と個人的にやり取りすれば脳が勘違いすると思います。
    まずはご主人とどうするかですよね。年末に借金が発覚してまだ3か月。折れるの早くないですか?
    本当に彼の事が好きなのですか?話を聞いてくれて優しい言葉をかけてくれるからじゃないのですか?そういう事してくれれば誰だってよかったんじゃないんですか?
    借金額っていくらですか?そしてその理由は?200万くらいだったらどうにでもなるし、400,500万と毎月の返金額が10万越えならば個人再生という手だってありますよね。ギャンブルならばそう簡単に治らないし離婚するという手もあります。
    今ならばご主人一人が悪者で済みますけど、不倫になったらあなたも同じ立ち位置ですよ。母親として恥ずかしくないよう心掛けてください。
    貴女は女・妻である前にまず母親なんです。

    評価 Thumb up 5 Thumb down 1

  • さん
    2015年3月10日 11:43

    はじめまして。

    こういう時に男に逃げないで、子供は…と思うと別れられないなら、まず借金の返済を一つにまとめたり、返済を長くして金額を減らすとか、方法はありますから弁護士などに相談し生活ができるようにするのが先だと思います。

    離婚したいなら子供二人を連れてまず実家に帰るとか、福祉を利用するとか、生活がままならず実家から援助をして貰っているのですから貴女が離婚したいなら協力はしてくれるでしょう。

    その男性に愚痴を聞いて貰っても前には進めません。貴女の悩みに漬け込み告白してくる…家庭を壊す気はない…なら慰めてあげますよ、身体だけでも…という事ですよ。
    こういう時だからこそ、子供を一番に考えてあげなければならないのではありませんか?
    今の借金苦に不倫の苦しみを上乗せしたいのでしょうか…。

    男に安らぎを求め、身体だけ慰めて貰っても余計に惨めになります、もっと苦しくなります。

    今は、その男性に気持ちがいってしまっていますから、何もかも嫌になっているのだと思いますよ。

    評価 Thumb up 4 Thumb down 3

  • さくら姫1919 さん
    2015年3月10日 17:15

    こんにちは、初めまして。

    色々と疑問点がありますね。この話が本当なのかどうかも疑問です。
    疑ってごめんなさいね。

    昨年末に、ご主人の借金が発覚したんですよね。借金の額、どこから借りたのか、借金の原因を夫婦でしっかり話し合いをしたのでしょうか?
    お金に余裕がなく、子育てに追われていると、他の男性のことを考えている余裕なんてないと思いますが?
    借金発覚から3ヶ月くらい?
    その間、ご主人とお金の話をして、その後好きな人ができた? う~~ん展開があまりにも劇的だと思いますが。

    もちろん、誰かに共感してほしい、理解してほしい気持ちはわかりますが、なぜ独身の男性なのでしょう?
    ママ友達や既婚の男友達でもいいはず。
    そこに、あなたに『隙』があるんじゃないかしら。あと、甘い考えが。

    働いていらっしゃるのか不明ですが、そんな状態で不倫したら、ますます精神的に参ってしまうと思いますね。
    2歳と4歳の子供、手がかかる時期ですよ。
    しっかり子育てしてください。まずは借金の問題を夫婦で解決すること。その彼のことは二の次ですよ。

    だいたい、その彼は責任をとりたくないんだと思います。
    いや、彼だけではありません。
    だいたい、独身男性が人妻だとわかっていながら、近づいてくるのにはそれなりの理由がありますから。
    甘い考えは捨てたほうがいいです。

    2歳の子供、ちょうど反抗期ですよね。
    ここでお母さんが、動揺していたり、不安になっていると子供に影響しちゃいますよ。

    私は2人の子供がいますが、3人目を妊娠5ヶ月で死産しました。ショックで、泣いてばかりいました。
    上の子供が当時4歳でしたが、ベランダからおしっこするようになっていました。
    お漏らしもしたことがなく、オムツがとれるのが早かったのに、突然の行動です。
    私が不安定になっていたからでしょうね。
    子供は敏感ですよ。子供としっかり向き合ってください。

    評価 Thumb up 2 Thumb down 0

  • ふーさん さん
    2015年3月11日 07:06

    こんにちは

    以前の私とあまりにも似た状況です。

    現状逃避したいお気持ちは痛いほどわかります。私は現状逃避していた時期があったものですから。
    ですが、現実問題は何にも解決しないんですよね。

    はっきり言うと相手の男性、優しくもなんともないのね。彼のセリフは、「現実逃避に僕の身体使って良いよ」ってことですよ。借金を肩代わりしてくれるぐらいの気概があれば全然話は別ですけど。

    彼は独身のようですが、大体の男は奥さん以外の女性の話は良くきいてくれるもんです。相談にも乗るけど身体にも乗れるかも、と考えるからです。

    スレさん、相談内容とは関係ないですが、ご主人の借金の原因如何によっては、離婚を視野に入れられなければならないかもしれません。不倫していたりすると離婚に不利ですよ。ご自愛ください。

    評価 Thumb up 5 Thumb down 2

  • ママン さん
    2015年3月11日 07:57

    おはようございます。初めまして。

    彼が貴女の話を黙って聞いてくれても、問題は何も解決しませんよね?誰だって黙って聞いて欲しいと言われれば、黙って聞いてくれますよ。。

    過払い金で検索して勉強してみるのも?過払い金・任意整理・民事再生・自己破産とか記載されていました。

    4歳と2歳のお子様のお世話も大変ですね。借金の返済の為に節約した生活も大変ですね。。

    親からこっそり援助は、案外皆、援助していますよ

    私の甥が失業中の時、私は100万ならただで貸すからと言いました。返って来なくてもいいと思って。。借りにはきませんでしたが。。

    市や区とかに、困りごと相談とかの相談窓口が沢山ありますよね。そこに相談して、解決出来る事は解決していきましょう。利用できるものは多いに利用して、貴女の生活を少しでも改善できるように願っています。

    不倫は人生を複雑にします。これ以上複雑になったら大変ですよね?

    まさかですが?新築一軒家、子供も貴女もブランドものの洋服とかの生活ではないですよね?贅沢三昧の生活なら、そこから変えなくちゃ。。

    悶々と悩まないで、機関へ相談して、糸口を探そうよ。。

    毎日、大変でしょうけど。特に気持ちが塞いでいる時は。。。

    お大事に。。

    評価 Thumb up 3 Thumb down 4

  • じゃがりこ さん
    2015年3月11日 09:38

    はじめまして。

    目標を持つ。って大切だと思うのですよ。
    目標が定まれば、そこへ行くにはどうしたらよいかが
    既婚者Aさんが目的はなんでしょう?
    まずは、旦那さんが「「離婚はどうしてもしたくない、死ぬ気で働く」、という言葉通り頑張れるように心を配るのが、妻の役目かな、と思います。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 2

  • じゃがりこ さん
    2015年3月11日 10:59

    はじめまして。

    目標を持つ、って大切だと思うのですよ。
    目標があれば、そこへ行くにはどうしたらよいか、ということになります。
    ですから、目標を持つなら善い目標を持たないといけないですよね。
    既婚者Aさんは、この先どうしたいの?
    今の家庭を良い家庭にしたい?
    それとも、その彼と結婚したい?
    どちらを目標にするかによって、今やることが違って来ますから・・・。
    お子さんのために家庭を良い家庭にしたいと願うのなら、
    旦那さんが「「離婚はどうしてもしたくない、死ぬ気で働く」という言葉通りに頑張れるように心配りしてあげないとね。
    大きな声では言えませんが、男性て、威張っていても実は弱ーいですよ。
    その弱いところが愛しいと思えるくらい好きなひとじゃないと善い結婚生活を全うできないようです。
    私は、元夫の弱いところが嫌でしたし、その弱さ故に次々にしでかすことに我慢できなくて離婚しましたが、今は彼の弱いところが愛しくてたまりません。
    彼の弱さを愛しい、と感じてはじめて、良い家庭を持っている奥様たちが「男って可愛いいもんよねー。」と言い合って笑っておられるその心が解ったような気がしました。
    話は逸れましたが、男って実は弱いのです。
    既婚者Aさんも旦那さんも、「死ぬ気で頑張ると言ったんだから、じゃあ、頑張ってもらおうじゃないか。どのくらい頑張れるか見てみよう。」と、奥さんが採点者になってしまっては、とても死ぬ気で頑張り通すことなどできないでしょうね。
    旦那さんに頑張る気持ちがあるのなら、頑張ってもらえるようにするのが、奥さんの役目かな、と思います。
    子供のために良い家庭を作りたいと願うのなら、まずは旦那さんと二人で、返済計画を立ててみるとか、一緒に相談窓口に行くとか、前向きの努力をしてみましょうよ。
    夫婦二人で、がっちりと同じ方向を見て頑張れば、借金などなんとかする方法が絶対ありますから。
    旦那さんがどうしても同じ方向を見られないひとなら、離婚の選択肢もありますが、なんとか、お子さんのためにお二人で頑張って欲しいなあ。

    評価 Thumb up 4 Thumb down 5

  • りさ さん
    2015年3月11日 22:24

    初めまして。

    相談者さん、その後大丈夫でしょうか?
    借金の額が相当かさんでるのかと心配です。

    他の方がいろいろ解決策をあげて考えてくれてますし、公的な相談窓口に早目に行かれたら良いと思います。

    相談相手の男性についても、皆さんが仰る通りです。

    本当に、男性は弱い、そう思う位が丁度良いのかなって。

    恋愛すると相手が頼もしく見えるけれど、いざ守って貰おうとしたらダメだったとか、すごく多いです。

    例えいい人でも、自分のことだけで精一杯なのが現実だと思いますよ。

    不倫で辛い思いしてる女性達は、相手も弱い存在だと気付くことで、逆に心が軽くなれるのかもしれません。

    評価 Thumb up 2 Thumb down 3

  • 既婚者A さん
    2015年3月12日 00:08

    皆様たくさんのコメントありがとうございます。
    簡単に説明致しますと、借金総額350です。借金理由は、ギャンブル、車改造、釣りです。
    たまにパチンコに行くと言っていたのですが、その他にも残業と言っておきながら黙って行っていた事も多かったみたいです。週3ほど残業だったはずなのに発覚してから残業がほとんど無いので、おそらく毎日のように仕事帰りに行っていたのかと。何故そんなに行っていたのかと聞いたら、返済が足りない→生活費として渡す分を返済→生活費が足りない→パチンコ
    この繰り返しです。とりあえず発覚してからパチンコへは一度も行っていないと思いますが、タバコは辞めない、ビールは1日2本以上は飲む、夕飯足りないお菓子買ってて。等。ギャンそブル辞めただけで、他は何も変わっていません。
    私は、新聞を辞めたのでネットでちらしを見て一円でも安いスーパーに走り、1週間前から夕方、旦那が帰ってから近所の居酒屋でバイトしています。もちろん昼間は子供2人見ながら家事をしています。
    帰ってきて食べたものはそのまま、子供はこたつで寝てて旦那は携帯ゲームです。もう何かいちいち言うのも面倒で。
    ブランド物?とかの質問がありましたが、当然そんなもの我が家にはありません。家も公営住宅です。家賃が安いのは本当に助かっています。彼とは、やはりたまにLINEしていますが、まだ会っていません。
    そうですよね…やはり体目的なんでしょうね。
    でももう何か疲れて…
    体だけ?というか、一瞬でも優しくされる時間が欲しいなって思ってしまっています。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

不倫恋愛の未来を知りたくありませんか?[10分間無料鑑定]

コメントする

コメントの受付期間が終了しました

悩み相談はコチラ

Pick UP 不倫書籍

他の人気コンテンツ

▲ このページの先頭へ