トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 不倫の代償 > 不倫された側からする側へ

不倫された側からする側へ

初めまして。
稚拙な文章で読みづらいと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

彼は元上司、既婚でバツイチです。
現在の奥様と不倫で再婚し、お子さんはお二人います。

主人と私もバツイチ同士で、主人は性格の不一致で協議離婚しました。
主人には娘さんが一人、親権は前妻さんにあります。

私は、前夫の不倫のすえ協議離婚、子供はおりませんでした。

主人とは、自然恋愛で8年前に再婚し、お互い傷を持った者同士、当初は今度こそはという意気込みは強かった様に思います。
ただ、主人は再婚前からEDの症状がでており、当初ストレスや疲労のせい?などと簡単に治るものだ思っておりましたので、さほどその事に対して私は重く感じておりませんでした。
しかし症状は悪くなる一方で、互いに努力を重ねてきましたが、私の気持ちの中でどこか満たされない想いがあり、しかし主人はもっと辛いのだからと、その思いをずっと抑えてきました。
また、周囲から「お子さんは?」の声にも、主人がEDであるこも言えず、主人の名誉の為、隠し通してきました。もちろん両親にも。

そんな3年前に、彼との関係が始まったのです。
原因は私に隙があったのだと思います。
前の夫に不倫をされた側の私ですから拒み続けましたが、いつしか満たされない気持ちが、結果彼を受け入れてしまいました。
それからは私の中の女の部分が目覚め、今まで抑えてきた反動が私から理性を失くし、狂い始めました。
当然、主人とのセックスは私の中では考えられないものとなっていきました。
そして彼も同じ状況になっていき、とうとう昨年の2月に彼の奥様は興信所を使い、彼と私の関係を知ることとなりました。

奥様は彼に離婚届けを渡したそうです。
彼は事実を認めサインしました。
離婚届は奥様が保管し、現在も一緒に暮らしています。

そしてその直後、彼は仕事上の責任をとり失職することとなったのです。
彼は役付で、俗に言う、とかげのしっぽきりという状況でした。
彼は失職理由を自分の中で消化しきれず、またプライドが邪魔をするのでしょう、いまだ失業中です。

彼が職場を去った後、その穴を埋めるべく、彼のサポートしていた私は、激務の日々が続きました。
彼が職を失ったことの直接的原因は私には無いとしても、人の道に外れた行為がこの様な結果を招いたのでは?と、私は自分を責めずにはいられませんでした。
当然ながら我が家にも危機が到来。
主人は彼との関係は知らないと思います。
しかし、私の家庭をかえりみない仕事ぶりや、私の気持ちが主人には無いと悟り、浮気宣言をし、かつ互いに干渉しあわない生活をしようと言い、外泊をするようになりました。
今では家に戻らない日が多いくらいです。
その時、ようやく私は自分の犯した罪の重さを体感し、言葉を発することすらできませんでした。

それでも馬鹿な私は、彼が再起するまで彼を支えようと、今まで羽振りの良かった彼が一転して金策にこまり、300万のお金を私は用立てました。
後に知ったのですが、このことを奥様に話し、私に対する慰謝料の請求を止めていたということを聞きました。

私は不倫をされた側から、恐ろしいことにする側に転じてしまいました。
でもどちらも私であり、私自身なのです。
弱い人間だとそんな生優しい表現では語れない、醜い人間になってしまった怖さと、自分の罪の重さに自業自得ではありますが、耐え切れなくなってしまいました。

彼は以前の彼と違い、失職し自信も失い、そこで私まで失うのが怖いと。
ここ1年は、彼の不遇な状況を思い、彼が再起するまでという念だけで、彼のことをすべて最優先してきました。
しかし、彼の奥様と主人には言葉では言い表せない程の苦痛を与え続けた事実に、今はただただ懺悔の気持ちでいっぱいで、私はもう彼を支え続ける力が尽きてしまいました。
嘘を重ね続け、誰にも相談することも出来ず、自分の吐く言葉すべてが悪臭を放っているようにさえ思えてきて、非常に時間がかかりましたが、けじめをつけなかればと思える自分があります。

いつも別れを考えていましたが、実際自分がボロボロにならないと、つもりが、決意には変わらないものなのですね。
先日彼に別れを切り出しました。
彼は冷静に聞いてくれましたが、しかし答えはノーでした。
私はこれからどのようにけじめをつけるべきなのか、どのように考えていくべきなのでしょうか。

自分の気持ちを上手く表現できず、言葉足らずのうえ長文になりすみません。
どうか皆様のご意見をお聞きしたくお願い致します。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(11件)

  • アルケミスト より:

    私なりの考えなので 軽く聞いてください。

    区切りをつけるのは、今ことさらに難しいでしょう。
    あなたを好きな男性達が求める役割を徹底してやり続けるのは大変だったと思います。
    たいていは状況がこじれて痛み出す前に自我が邪魔してあひゃひゃ!無理ぃー><;って脱落してしまうものなのですが。

    誰かに傷つけられたり 誰かを傷つけたり、そんなことはないにこしたことはないけれど、結果そうなってしまうことはあります。
    男女間の問題に限らず、程度の差こそあれ、私も誰でもあったし、これからもありえることです。

    あなたの心の中であなたを批判して裁いてやまない、もう一人のあなた自身をまず黙らせましょう。
    正しいとか正しくないとか 秤にかけると、自分が本当は何を望んでいるのか見えなくなります。
    なんとか助けてあげたい男性に力をかすことで相手に依存し自分の存在意義を感じていないかどうか、愛していると感じたときに立ち止まってください。

    あなたは女神ではありません。自己本位な普通の女性です。
    (ここでいう自己本位は自分勝手とか批判的な意味ではありません)
    「こうあるべき私の姿」ではなく
    「したいことをしてやりたくないことはやらない本来の自分」に戻ってもいいと思います。
    ただし関係者全員がみないっせいに幸せになれる結果はでません。

    疲れたら 休みましょう。
    たまにはぐるぐる回る渦から ポンと抜け出して役を降りてみるのも悪くないですよ^^

  • とおこ より:

    少し頭を冷やしたほうがいいですよ。
    彼が別れたくないといってもあなたは別れることができます。

    とにかく一度彼のことは忘れましょう。
    今のご主人とのこれからを考えましょう。
    ご主人が浮気してるというのに、彼のことどころじゃないでしょう。
    ご主人とやり直すか、別れるか。
    それをまずけりつけてからじゃないかな。

  • ひなた より:

    アルケミストさん。とおこさん。早速のお返事ありがとうございます。
    私の愚かな話に、貴重なお時間を割いて書いてくださったのだと思うと
    嬉しくて何度も何度も読み返しました。

    アルケミストさんの仰るとおり、私はこうあるべきという思考が強いと思います。
    『したいこと』は、彼と別れ、道の真ん中を堂々と胸張って歩きたい!
    いつも、いつも、誰かに見られてはいけないという行動にほとほと疲れました。この三年間、普通の人が普通の生活で使わなくも良い神経を使ってきました。すごく歳をとった気分ですもの。今、ふと、思ったのですが、頑張ることころが違う!!私は何事も中途半端が嫌い、こそこそ隠したり嘘が苦手なタイプの、真っ向勝負型、彼は自分達の本願成就には、作戦重視で、時には流れに身を任すのも必要と言ったようなことを言うタイプ。考えに違いがあります。でも、不倫はそうせざるをえないものですものね。しかし、まずそこから私の中で何かが違うという感情が生まれてきたのだと思います。
    そんな思いを書き消しながら、彼を再起させるのは私の義務、また彼が不遇な状況に陥ったのは少なく見積もっても半分は自分のせいだと思って頑張ってきたのですよね。しかし、この1年間の彼の行動を見てきて、彼の失職については同僚の裏切りと彼は部下や会社の為に自らを犠牲にしました。その行動は彼らしいと思います。それが正しかったかは別として、傷心しきった彼の心をいたわる気持ちが先行し、しかし最近は、それは違うでしょ??と、誠、働く気持ちがあれば、プライドとかかなぐり捨てることもありなのでは?と思えてきたのですよね。別れの予感を決定的にしたのが、彼が私に借金を申し込んできたこと。私しか頼る人がいない状況下でしたから、私のわずかな給与でコツコツ貯めたお金を彼に渡しましたが、正直私には300万は超大金!私の老後はどうなるの??と不安にもなりましたが、義務感のみでそうさせたみたいです。彼は借用書を書いてくれましたが、今の彼には返す力がないのはわかっていますし、正直、惜しい気持ちもありますが、頑張れば後からお金はついてくるからという楽観手発想で切り替え中です。私は自分がどんなに貧乏してもいくら親しい人でも借金は申し込めないから。

    今私の頭の中では、とおこさんの仰るとおり、まず彼と清算するこが最初にやるべきことと思っています。そうでないと主人にあわす顔がない。最近主人と仲良かった頃のことばかりが思い出されてくるのですよね。その度に切なくなるのですが・・。主人は、私が彼しか見えていない時、仕事も激務の最中、よくなぜそんなに頑張るのか?と。私は彼のために頑張っていることもいえず、でも、主人は『よく頑張っているひなたへお疲れ様・・。』と言った内容のカードと共に、お花をテーブルの上にそっと置いてくれていたのが、私の主人。その時はもう号泣でした・・・・。
    主人は、今他の女性と暮らしているようですが、たまに家に戻ったり連絡はあります。
    そうさせたのは私ですから主人を責める資格はないですよね。主人は離婚する気は無いと言っております。それは、仕事やセケンテイやいろんな問題等、互いに離婚のリスクは大変なものだとわかっているからかしら?しかし、私が不倫していた事実を知ったら、その考えは変わるかもしれませんね。
    多分想像するに今一緒に住んでいる女性に一生懸命なのでしょうね。
    でも今主人ともう一度向き合ってこれからのことを考えたいと思う気持ちが強いです。

    先日彼と会い別れを切り出してから会ってませんが、連絡は頻繁にあります。彼は主人が家を出て行ったことで、少し自分達が前進したことを確信したと思います。私は逆に、彼より主人の事を気遣う気持ちが強くなりました。1年前までの私は、彼と許されるならばという気持ちでしたが、今はもう疲れてしまって。彼には疲れたと伝えましたし、許されるならば彼の奥様にお会いして土下座したいくらいの気持ちだとも伝えました。しかし、彼は私の心を見透かしているようで私が主人の元に戻る気持ちが強くなったことを感じていて、私が主人の元の戻るなら許せないといい、怖くなったのも事実。奥様や主人をここまで傷つけて、これから自分達の幸せは私には考えられない、とも言いました。彼は一緒に地獄に行くと決めたはず、途中で降りるのか??とさえも。
    私は主人とのこれからの事は話ししてません。それより今が辛いのだと。私が主人に戻ることはずるいことかもしれませんね。でも彼も、現実、奥様は離婚届を提出せずに彼と一緒に暮らしているのですから、彼には戻ってきて欲しいという気持ちはおありかと思うのです。彼は戻ることを決めるのは彼自身ですが、奥様のこと思うと辛いです。
    私は今彼を説得する勇気がわいてきません。でもきちんと話をして別れないと前に進めなと思う。今日彼に逢って話しをして、多分わかってもらえないと思うのですが、ありったけの気持ちをぶつけて、それから連絡をとらないのはずるいですか?ずるいけどそうなりそうな気配の私です。

    初めて自分の気持ちを話せた!という開放感は、こんなに気持ちの良いものだったのですね??ちょっとだけ自分の頭に風が通った気がします。
    少し頭を冷やして・・・。自分の脳みそをガンガン冷えた水水の中でジャブジャブ洗いたい気分です。

  • きき より:

    優しいご主人だったのですね。
    いいじゃないですか、相手の奥さんにそんなに申し訳ないと思わなくても。相手の奥さんだって、好きな人が出来たら不倫もOK、仕方のない出来事って了解してるわけでしょう?家庭を壊すことだってOK、好きだから仕方のないこと。奥さん自身がそれを自分で実行してきたわけですから、何で今更あなたに慰謝料云々言うのかそっちの方が不思議。可哀想なのは子供さん。不倫、家庭崩壊、を多分苦しんだとか悩んだとか言いながらも仕方ないことだからと良しとした両親を持ってしまった不運。まともな生き方をしてくれることだけを陰ながら願うのみ…本当にかわいそう。こういう考えの人たちはせめて子供を生まなきゃいいのにな。ご主人だって自分だけを見てくれる相手を見つけたなら、それを応援してあげればいいじゃないですか。あなたが彼だけを見て生活してきたこと、お金まで用立てて彼のために尽くしたこと、はっきりご主人に言ってあげればいいのに。ご主人、何がなんだかわからず苦しんだのだろうからすっきりさせて次の人生に送り出してあげればいいのにな。あなたも無理に彼と続けなくても… 彼が仕事を失って以前の輝きがなくなってうざったくなったら「はい、さようなら」でもいいんじゃないですか?所詮愛人の関係なんだし、そこまで責任はないでしょうから。さて、また新しい自分の幸せ探してその場その場、頑張っていきましょう!

  • ひなた より:

    ききさん。お返事ありがとうございます。

    ききさんの歯切れの良いトークに心地よく拝見させていただきました!
    はい、以前は主人は大変優しかったです・・・・。
    そうなのですよね?私、彼にとって愛人なのですよね?愛人の分際で手を焼きすぎ??
    愛人という身分を少し忘れていたかもしれません。
    ききさんの仰るとおり、私の中で、奥様に対しては複雑な思いはあります。奥様自身過去に彼を前妻さんから奪いとった人なのですから。
    私は、前の夫が私の後輩と不倫をし、その結果離婚しました。事実を知った時の衝撃は、もう・・・・・。前の夫は悪い。けれどそういう結果に至った経緯は、私にもイタラナカッタ部分もあったのだし、彼だけを責められないとも思ったのですね。ただ、信じていただけに、それからは人を信じることが怖くなりましたが。そんな訳で、私の場合慰謝料は請求しませんでした。いただいても使う気になれないお金の様にも思えましたし、しかし、友人からは、名誉の為にもらうべきだ!といわれましたけど。
    彼の奥様のことを言う権利は私にはありませんが、ただ言えることは、守る側の立場になられたのだということ。でも、奥様の昔はどうだったのかしら??と聞いてみたい気持ちは、ちょっぴりありますね。
    私は前の結婚の際された側のときは、非常に苦しく辛かったので、今、彼の奥様が昔の私とダブってしまい、とてもしんどくなるのです。
    だったら、不倫なんてしなきゃいいのに・・・。
    彼のお子さんは、前妻さんと一緒に暮らしているそうです。彼から、いろいろ反抗や問題はあったけれども、よくここまで素直に育ってくれたと、前妻さんに対しては、感謝していると聞いたことがあります。父親として一番必要な時に子供達と一緒にいられなかった事を大変悔やんでいるみたいです。もし、今の奥様と別れたら、子供達から今度は縁を切られるだろうなと、苦笑いをしていましたけど・・・。
    主人とは許されるならば、やり直ししたいと思う気持ちが強くなってきています。主人が家に戻ってくるまで待ってみようかと。少し、自分ひとりの時間を持つことが気持ちを浄化できるかな??なんて思ったりもします。彼との3年間は、彼は非常に束縛する人だったので、とても小さな世界で生活していたと思うのです。ですから、自由な時間を持つのもいいのかなって・・・。
    こういう言い方をするとすごく傲慢に聞こえるかもしれませんが、主人は仕事が生きがい、仕事中心の大変多忙な人ですから、私の中でまさか女性とそんなことになるなどと、考えられなかったのですね。それに、主人のEDが改善されたとも思いにくいですし。ですから女性と暮らしていると知った時は、信じられませんでした。
    今漠然と思うことは、やり直すって相当のパワーが必要ですよね。自分の罪悪感との闘いでもあり、彼との関係は墓場まで持っていく覚悟も必要ですし。考える時間は少し必要かなと、どちらにしても。

  • きき より:

    >事実を知った時の衝撃は、もう・・・・・。前の夫は悪い。けれどそういう結果に至った経緯は、
    >私にもイタラナカッタ部分もあったのだし、彼だけを責められないとも思ったのですね

    夫婦なんて何年もやってたら、そりゃいろんなことがあるよ。だからって女に逃げる、男に逃げる、それしか道はないかな? もっともっと他に道はあるはずだよ。不倫に逃げたのはあなたの責任じゃないんだよ。あなたをどうしようもなく傷つけるとわかっている不倫に逃げたのは元夫の旦那の責任だ。今でもあなたは旦那の不倫は自分のせいだと思ってるかもしれない。でも、そんなこと思うことないんだよ。原因の反省は必要だろうが、不倫に追い込んだのはあなたじゃない。元旦那が不倫の道を選んだだけだ。自分を責めないで欲しい。これからの人生のためにもね。
    救いはあなたの相手夫婦が不倫からの結婚だったことだね。あなたのように晴天の霹靂状態の奥さんだったら… 私もレスなんかつけてないだろうな(笑
    ただしあなたが旦那さんに与えたのはあなたが元旦那の不倫で受けた痛みと同じ。いや、きっとそれ以上だろうね。だってご主人はEDでそれが負い目になったろうから。
    ご主人と本気でやり直したいなら事実をきちんと話すことをお勧めしますが。その上でどれだけご主人の傷をあなたが理解して癒すことが出来るか。事実を隠して旦那さんをシぬまで騙し続けることはおすすめしない。たとえ離婚につながったとしてもそれは仕方ない。自業自得なんだから。自分の都合だけで考えていくのはもうやめた方がいいと思う。相手を傷つけたくないからなんて理由はもう通らない。3年間傷つけ通してきたんだから。本物の夫婦になりたいならいらない理屈を付けて自分の都合の良いように進めていこうと思うのだけはやめた方がいい。それじゃあ、不倫に走った時のあなたと同じだ。

  • きき より:

    横レス ごめんなさい

    >誰かに傷つけられたり 誰かを傷つけたり
    >そんなことはないにこしたことはないけれど
    >結果そうなってしまうことはあります。
    >男女間の問題に限らず、程度の差こそあれ
    >私も誰でもあったし、これからもありえることです。

    そうだね、人間は誰でも知らない間に誰かを傷つけてるのかもしれない。
    そんなつもりがなくても結果がそうなってしまうこともあるだろうね。
    ただし、不倫は誰かを傷つけるってのがすでに「まえおき」としてあるわけだから、
    上記の言葉は「不倫」に関しては当てはまらないんじゃないかな。ありえるとかありえないじゃなくて、自分の意思で傷つけるか傷つけないか…不倫の場合はそうなると思うのですが…

  • ひなた より:

    ききさん。ありがとうございます。
    ききさんにレスをいただけたのは、彼の奥様のおかげ?
    またまた、彼の奥様に頭が上がらなくなりましたわ(笑)))
    冗談はさておき、都合の良いように進める?その様に思えますか??
    そうですか・・・。
    私はどこかでずるいのかもしれないと、ちょっと自分の思考にドキッとしました。
    主人と私は本物の夫婦の会話をするならば、やはり事実は話すべきでしょうね。
    私が前の夫の不倫でまだ自分の責任というものに囚われています。
    でもそれが原動力となり、彼との関係が始まるまでは、今の主人を応援してきたのも事実ですから、良い効果もあったのかもしれませんが。
    しかし、それがする側になったのですから、そういう自分が怖いです。
    ただ、私は、不倫の事実を言うことでもっと主人を苦しめるのかも?とも思っていました。
    私がされた側とする側の両面を知ってしまったからかも。
    あの時の衝撃を主人に与えるのは、辛いから。
    矛盾しているのはよくわかっているつもりですが、不倫しておきながら、言うのが怖いとか、離婚するのが怖いとかではなく、彼とも主人とも別れるのが一番のけじめなのでは?と考える自分もありなので。
    不倫に走った時の私から変わらなければいけない。
    その通りですね。噛み締めます。

  • ひなた より:

    彼との3年間は私の中に情が生まれてしまった様です。
    彼と会って別れ話をすると、彼の顔をみると決心が崩れてしましそうで。
    彼とは私から連絡を取っていませんが、彼からは悲痛のメールがきます。
    会わずにこのままメールで私の気持ちを伝えても、彼は理解できないと思います。会って話をしても多分無理のような気がしますが。。。
    最後はきちんと話をして別れることが、彼に対して最後の誠意かなと思うのですが、誠意なんていらないのかしら・・・。
    辛いですが、このまま会わずにメールでお別れしても?
    私は卑怯でしょうか??
    すいません・・。子供のような質問をして・・。

  • 雪うさぎ より:

    ひなたさん はじめまして。

    貴女はこの3年間、懸命に駆け抜けてきたんだね。
    もう、いいんじゃないかな。。そんなにがんばらなくても。

    彼のために逢うって。。
    そうやってまた、がんばってしまうのかな。。

    逢わない方がいいときも、あると思います。
    何故?
    貴女も危惧しているように、その時のこころに流されてしまう恐れが大きいから。
    どんなに鉄の意志を持っていても、顔を見てしまうと冷静ではいられないから。

    別れは、彼のためでもあるかもしれないけれど。本当は。。

    自分のため、なんだよ。

    ひなたさん。
    がんばらなくってもいいんだよ。。ね。

  • ひなた より:

    雪うさぎさん。ありがとうございます。
    今仕事から戻り真っ先にパソを立ち上げ拝見しました。
    雪うさぎさんのお返事に、常に緊張の連続だった私の心を優しく包んでいだいた様な感覚に、涙がとまりませんでした。
    何度も何度も読み返しました。
    そう言えば、もう私これ以上頑張れないって思ったのでした。
    そして別れを決意したんですものね。
    頑張ってという言葉は、歯を食い縛って頑張っている時に聞くには、少々辛い言葉なんですよね・・・。
    これ以上どう頑張ればいいの??まだ私には頑張りが足りないの?って、思ってしまうから。
    もう頑張らなくてもいいのですよね?
    ありがとうございます!!
    心が救われました・・・・。
    私、彼とは会いません。
    心の中で謝っていきたいと思います。
    本当にありがとうございました。
    最後に、
    皆様の心のこもったお言葉を頂戴し、感謝の気持ちでいっぱいです。
    皆様のおかげで私の心の闇に光をいただきました。
    こちらでのご恩は忘れません。
    皆様からいただいた光を大切に、自分を見つめなおすことから始めます。
    沢山の事を気付かせていただきありがとうございました。
    いつの日か笑顔で皆様とお会いできると嬉しいです。
    本当にありがとうございました・・・・・・。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ