トップページ > 不倫の悩み相談掲示板 > 連絡 > W不倫だった彼と別れた後の連絡

W不倫だった彼と別れた後の連絡

5年付き合ったW不倫の彼と2月に別れました。
私の旦那にバレたのが原因です。

別れてからしばらくは連絡がほぼない状態でしたが、6月頃から彼からの連絡が増え始め、7月に久しぶりに2人で逢いました。
それからは連絡の頻度もまた増え、私の職場にアポなしで顔を見に来たり、仕事が終わるのを待ってくれて15分ほど逢った事もありました。

先月頭にも私の職場に逢いに来ていたのですが、うちの旦那が近くにいると知って怖くなったようで、「やっぱり旦那の存在が大きい、辛いけどしばらく逢うのをやめる。写真を送り合って我慢する」と言われました。
それでも連絡は毎日あって、連絡があるだけでもいいと思ってましたが、先月末に旦那が泊まりの出張があり、その日に逢えるタイミングがあり夜逢ったのですが、それ以降連絡が減りました。

一応朝と夕方は連絡来ますが、休みの日は来なくなりました。
仕事の日に、あいさつ程度の内容が2~3通来る感じです。

お互いに嫌いになって別れた訳ではないので、彼も連絡はしてくるのだと思いますし、私も連絡を拒否することも出来ずにいます。
でもこの前逢ってからは写真も一切送ってきませんし、私に送ってほしいとも言ってきません。
気持ちが冷めたのか、逆にまた気持ちが大きくなるのを抑えるために連絡を減らしているのか、彼の気持ちが分かりません。
少なくとも、この前最後に逢った時は普通でした。

連絡があるだけでも幸せだと思いながら過ごしてきましたが、逢ってから急に連絡が減って寂しい気持ちだけが残っています。
同じように悩んでいる方おられますか?

この悩み相談の共感度

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談掲示板 >>

コメント(5件)

  • 人生経験者 さん
    2017年10月20日 12:29

    > 先月末に旦那が泊まりの出張があり、その日に逢えるタイミングがあり夜逢ったのですが、それ以降連絡が減りました。

    夜会ったというのなら、ホテルに行かれたのでしょうか?
    勿論お子さんいらっしゃらないのですよね?
    でもその日・・・旦那さんが万が一探偵雇っていたらどうのようになりますでしょうか?

    彼は旦那さんが怖いのですよね。
    ばれたくらいでやめれる関係だったのですよね?

    彼はもう新しい女性を見つけたんじゃないでしょうか?
    この間の夜を貴女との最後の思い出とし、満足したんじゃないでしょうか?
    不倫する男性は、家庭(妻)は家庭、遊びは遊びと切り分けてます。貴女の彼も恐らくそうです。
    だから「旦那が怖い」と抜かしたことが言えるんです

    貴女は貴女で離婚する勇気も覚悟もなく、よくばれた後も会い、連絡し続けれますね。連絡があって幸せ?裏切られたご主人の気持ち、考えたことありますか?
    今は3組に1組が離婚する世の中です。ローンがあっても子供がいても離婚する人はします。
    一緒にいられないからです。

    離婚または別居して自立する覚悟もないのなら、
    こそこそと未練残して連絡しないほうがいいのではないですか?
    2度目ばれたときは、旦那さん貴女に対する気持ちが0になるかもしれませんね。
    その時のことを考えられたらいかがですか?2度も裏切られたらしかも相手は同じ男。可愛さ余って憎さ百倍です。離婚言い渡されるかもしれませんし、貴女は離婚するしかなくなると思いますよ。
    あなたは今回旦那さんにばれたこと、本当の意味で身に染みていないようです。彼と連絡もなくなったらまた別の誰かと遊ぶでしょう。
    ほぼ間違いないです。身に染みていたら、連絡とりませんし会いません。旦那さんを甘く見てるんです。
    不倫できる人はよっぽどの痛い目に合わないと繰り返すようですからね。

    家庭では生活がらみの事でご主人と喧嘩したりむかついたりすることがあっても、外で発散できる相手がいて楽しかったでしょうか?
    そりゃ楽しかったでしょうね。現実生活無関係なんですから。

    不倫相手がフェードアウトしに行くのを悩むくらいなら、今後の夫婦関係について悩んだらいかがでしょうか?

    評価 Thumb up 4 Thumb down 1

  • じゃがりこ さん
    2017年10月20日 16:30

    彼が求めているのは、
    「お互い都合が良ければ会いましょうね。」

    今は、あなたの周囲に不穏な空気が漂っているので、「まあ、ちょっと一服しようや。」という気持ちなのではないでしょうか。

    呼べばいつでも応える気持ちが貴女のほうにあることは解るので、いわゆる塩漬けですかね?
    「塩漬けにしておいて、たまに掘り出して食べるのもよいものだ。」と、言われる既婚男性が以前此処に集っていらっしゃいましたが、なんとなくその気持ち解るような気もするのですよ。
    彼もそのうちまた甘い言葉で誘ってくるような気がします。

    「優しさは欲しいが、感情はいらない。」
    最近、読んだセリフですが、「ほんとうにそうかもしれないな。」と、思いました。
    感情を受け止めるのはしんどい。
    それでも、と相手の感情を受け止めるのが愛なのかも。
    不倫ばかりでなく、夫婦でも「優しさは欲しいが感情は要らない。」ひとが夫婦になっていることもあるでしょう。

    どういうところから、不倫に足を踏み入れられたのかわかりませんが、貴女も優しさだけが欲しかったのかなあ、と、なんとなく思いました。

    彼は、間違いなく、「優しさは欲しいが感情は要らない。」ひとでしょう。
    そのうち優しさが欲しくなったら、あなたのところへ連絡してくるのではないですか。

    その時、あなたはどうするのかな?
    離婚する勇気が無いのなら、専ら旦那様に優しさを提供してたほうが良くはありませんか?
    旦那様も「優しさは欲しいが感情は要らない。」というかたなら、優しさを提供しない貴女はクビになってしまうんじゃないかな?

    評価 Thumb up 5 Thumb down 0

  • ふーさん さん
    2017年10月21日 08:57

    ももさんはどうされたいのでしょうか? ご主人と別れてお相手と一緒になりたいとか、考えていらっしゃいますか?
    相手にそれほどの覚悟があるとはこの文章からは思えませんが、一度ばれているのに、そのご主人に対しての思いが全く書かれていないので、その辺のリスクはどう捉えていらっしゃるのかと。
    お相手も休みの日に連絡してこないということは奥様にばれるのは困るのでしょう。

    私は思うのですが、抱えているもの背負っているものがある人は、本能のまま行動してはいけないのではないですか。そのあたり熟考されることですよ。同じ悩みを抱えている方を探されても、同じ立場ではないのですから、参考にならないですよ。

    評価 Thumb up 5 Thumb down 0

  • ママン さん
    2017年10月21日 14:13

    こんにちは。初めまして。
    5年間の不倫がバレても、旦那様は許してくれたのですよね?この次はないのでは?
    貴女の家に家電・いえでんがありますよね?私が旦那様の立場なら。。出張で家を留守にしたとき夜に家に電話を入れて貴女がいるかどうか確かめるかも?バレていませんよね。。ご用心の程を

    彼だって、2度目はないと思わないのかな。人の怒りは大きいですよ。裏切られた方のね。。

    脳天気に彼の事、相談していますが。。私だったら「バカにするんじゃない。どういうつもりだ」と貴女にも彼にも憤慨します。

    評価 Thumb up 6 Thumb down 0

  • cancan@ さん
    2017年10月22日 00:11

    あの。。。傷の舐めあいしたいのかな。
    好きなもの同士が引き裂かれたと?

    旦那にばれたくらいで別れるような関係だったんでしょ?
    離婚する勇気もない、慰謝料払う甲斐性もない。
    楽しい秘密の交際がなくなって寂しい。
    最後の1回済ませて満足した彼に未練たらたら。

    > 逆にまた気持ちが大きくなるのを抑えるために連絡を減らしているのか、彼の気持ちが分かりません。

    5年の不倫でこれはないかな。
    あるんだったらとっくに彼のほうは彼のほうで離婚行動取ってるでしょうに。子供がいる?そんなの理由にならないよ?ただの言い訳。
    いい加減気づきなよ。自分がしていることはただのスリルを味わいたいゲーム。大体現実生活とは無関係のW不倫だからこそ5年続いたんでしょ?
    あなたが子供がいる母親だったとしたら・・・まあ同情はできないね。あ、旦那が留守なときに夜お出かけできるんだからいないか。旦那を傷つけておいて更に裏切って未練たらたらなことしてたら1回目許してくれたけど、ばれたらとんでもないことになると思うよ。

    評価 Thumb up 7 Thumb down 1

不倫恋愛の未来を知りたくありませんか?[10分間無料鑑定]

コメントする

コメントの受付期間が終了しました

悩み相談はコチラ

Pick UP 不倫書籍

他の人気コンテンツ

▲ このページの先頭へ