トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > W不倫 > 不倫における愛情表現

不倫における愛情表現

初めまして……。
この3ヶ月、たまたま知ったこのサイトをロムしてました。

このサイトを利用してらっしゃる方の多くは、きっと許されない恋愛をしている方が殆どなんでしょうね。
私も、その一人です。
彼と知り合って、半年……。
関係をもつようになって、2ヶ月。W不倫の関係です。

ごく自然な形で(不倫なのに自然は変かもしれませんが…)、「好き」と言う感情が芽生え、今は、お互いの時間をやりくりしながら逢っています。

皆さんにお尋ねしたいのは、こんな関係における愛情の表現です。
彼とは普段、メールでのやり取りが主流ですが、彼は逢っているいる時はもちろん、メールでも「愛している」という言葉を頻繁に言ってくれます。
でも、私はその言葉に対しては、同じ言葉を返すことができません。
疑いだとか、猜疑心だとかではなく、いずれ終りを迎えることが判っているからなんだと思います。

皆さんは、いかがですか?
彼の言葉による愛情表現に同じ言葉を返してらっしゃいますか?

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(3件)

  • ワルツ より:

    はじめまして。

    私もWで2年(遠距離)のお付き合いをしています。相談用の板は初めてです。よろしくおねがいします。

    私の彼は「愛してる」とは言いません。「そんなのいちばん怪しい」って言いました。
    私の推測ですが、彼は自分から好きになって何年も長く付き合って婚約までしていた彼女に裏切られた過去があって、10年以上経った今でもその心の傷は完全には風化していないので、そのことが原因になっているのではないかな。。。と思います。その人とは、きっと「愛してる」と言い合っていたんだろうと思いますから。
    だから、私には言いません。「好きだよ」とも言ってくれません。
    私は、言葉がすべてではないと思うし、頻繁に愛情を確かめ合うとか表現して欲しいとかそこまでは要望しないけれど、「好きだよ」と一度でいいから言われてみたいです。

    でも、「愛してる」というのは言ってくれなくてもいいです。私も彼にその言葉は言えないと思うから。。。2年間想い焦がれている大好きな彼だけど、「愛してる」というのはとても深く深く重いもので、それは、やっぱり長年ともに築いてきた夫に向けるものであって、夫に対しては迷わず「愛してる」と言えますが、浮気の相手に向けるべきではない気がするのです。遊びのつもりはないけれど、お互いの家庭を壊さぬ前提のお付き合いです。もし、どちらかのパートナーの知れるところになったりでもしたら、そこでお終い…の関係だと思うので、本気とも言い難い「遊びの範疇」と言わざるを得ないと思っています。だから、「愛してる」とまでは言って欲しいと思わないし、私からも言うつもりはないです。でも、もし彼に言われたとしたら・・・それは、素直に嬉しいと思いますけどネ。(*^^*)

    「男は、本気で好きになった相手にはそう簡単には口にできないものだ。」と言った人がいます。
    独身の若い女性と付き合っていた既婚男性です。女性がめでたく結婚をし別れてから、「実はかなり本気だったんだ…」と初めて認め弱みを見せた、男ってそんなものだ…って例ですが、私の彼もそんなこと言いました。簡単には口にできない、するまい、と思っている風でもあります。彼が私に気持ち良く愛情表現をすれば、私はこの上なく心地よくてうれしさいっぱいになりますが、今以上にのめりこむ危険があります。彼はそれを考えているのだと思います。「続く限り続けたい」と言う彼にしても私にしても、互いの家庭を巻き込むことはタブーだし、それは即、「終わり」ですからね。・・・と言っても、私の方はいつまでも続けようとは考えられないのですけど。。。

    彼が躊躇なく言ってくれる言葉は、「愛しい」という言葉です。
    「愛してる」も「愛しい」も同じ字なんですけどネ。
    これは、私も彼と同感です。。。

  • ぼの より:

    ワルツさん、メッセ-ジ、ありがとうございました。

    私、ワルツさんに共感するところが、とても多いみたいです。
    私と彼との歴史は、まだ全然、浅いけれど……

    >2年間想い焦がれている大好きな彼だけど、「愛してる」というのはとても深く深く重いもので、それは、やっぱり長年ともに築いてきた夫に向けるものであって、夫に対しては迷わず「愛してる」と言えますが、浮気の相手に向けるべきではない気がするのです。遊びのつもりはないけれど、お互いの家庭を壊さぬ前提のお付き合いです。もし、どちらかのパートナーの知れるところになったりでもしたら、そこでお終い…の関係だと思うので、本気とも言い難い「遊びの範疇」と言わざるを得ないと思っています。だから、>>「愛してる」とまでは言って欲しいと思わないし、私からも言うつもりはないです。

    これは、まさしく私も同じです。
    今、現在、私と旦那とは「愛してる」なんて言い合えるような状態ではありませんが、それでも彼に向ける想いとは違う愛情があります。

    ワルツさんは、どんなきっかけで彼との一歩を歩き出したのかしら?
    このサイトにいらしている皆さんも、きっと最初の一歩をすごく悩んだ方が多いでしょうし、歩きながらも後ろを気にされていたりするんでしょうね…。

    >でも、もし彼に言われたとしたら・・・それは、素直に嬉しいと思いますけどネ。(*^^*)

    もし、ワルツさんの彼が、言ってくれた時、ワルツさんがなんてお返事したのか、教えてください。(^^)v

    >彼が私に気持ち良く愛情表現をすれば、私はこの上なく心地よくてうれしさいっぱいになりますが、今以上にのめりこむ危険があります。彼はそれを考えているのだと思います。「続く限り続けたい」と言う彼にしても私にしても、互いの家庭を巻き込むことはタブーだし、それは即、「終わり」ですからね。・・・と言っても、私の方はいつまでも続けようとは考えられないのですけど。。。

    そう、この思いも私には、とても強く響きました。
    私もいつも「終ること」を心のどこかで考えています。 その反面、「何とか続けて生きたい」なんてことを考えているのも事実……。

    ワルツさん、ありがとうございました。 m(__)m
    また、よろしくお願いします。

  • ワルツ より:

    ぼのさん、こんばんは!

    もう少しお話したくて書きたいと思います。

    > ワルツさんは、どんなきっかけで彼との一歩を歩き出したのかしら?
    > このサイトにいらしている皆さんも、きっと最初の一歩をすごく悩んだ方が多いでしょうし、歩きながらも後ろを気にされていたりするんでしょうね…。

    きっかけは、仕事でのお礼のメールを私から送ったことでした。
    その時は、よもや個人的にメールをやり取りするなんてことは考えもしていなかったんですけどね。彼は私に好意を持っていたそうで、彼の言葉にどんどん惹きつけられて、あっという間に恋に落ちてしまいました。(笑)
    遠距離でメールと電話だけにもかかわらず、好きになって恋に落ちることってあるんですね。。。
    自分でも不思議です。
    最初はときめいてただ楽しかったけれど、気が付くといけない恋に落ちてしまって。。。それからは自問自答の繰り返しと不安の連続…心幸せな時間より辛い時間が圧倒的に多い恋をもう2年もしています。

    ぼのさんの彼氏さんは「愛してる」って心に素直に言葉にされる方なんですね。
    やっぱり、愛情表現をされるって嬉しいですよね!幸せな心地になれますよね。。。(*^^*)
    私の彼は言わない人だから、もし言われたりしたら、どんな感じがするのかなぁ…。普段は思ったことを口にしちゃう正直で根のないタイプで、男の人にしては映画で感動するとポロポロと涙も流すというのに、愛情表現は・・・です。私の方が心のままに伝えると、「情熱的だなぁ。」って言われてしまいます。彼は一定温度の姿勢をずっと保って、それ以外は見せません。だから、絶えず温度差があるように思えて不安なんですよ。一度でいいから、しっかりと愛情表現されてみたいのは、そういう事情だからなのです。でも、こんな私にいつも正面から応えてしまったら、きっと私はもっと想いが深くなってしまうだろうな。。。
    でも、これ以上好きになっても、想いは溢れるばかりだから・・・

    > 私もいつも「終ること」を心のどこかで考えています。 その反面、「何とか続けて生きたい」なんてことを考えているのも事実……。

    まったく同感です。。。
    だから、ここまで続けてきたのですね。自分から終わりにすることをいつも念頭に、真剣に考え抜いて彼に話したことも何度もありながら、本当に彼から離れる勇気も彼を手放す思い切りもない。不意に彼と離れてしまう事態になりかけると、一変して心が動揺してしまいました。明日にはダメかもしれないという中で次に会えることだけを心の支えに、ここまで来ました。今もどうなるかわからない岐路にいます。。。

    > ワルツさん、ありがとうございました。 m(__)m
    > また、よろしくお願いします。

    いえいえ、こちらこそ! お話ができたこと、嬉しかったです。

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

▲ このページの先頭へ