トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 別れ > お互いのために好きな気持ちは抑えるべき?

お互いのために好きな気持ちは抑えるべき?

私は2年前ぐらいから不倫をしてます。
途中、1年ぐらいやめてましたが・・・

相手の人と出会ったのは、私の結婚式のときでした。
主人のソフトボールチームの方で結婚式に来てたんです。
その時、私は彼に、そして彼は私に一目ぼれしてたんです。

でも、結婚式当日は特に何もなかったのですが、その後メール交換していくうちにお互いが一目ぼれしてたことがわかったんです。
それからは何度か会ったりして、かけおちする計画もしてたんですが、主人の子供を妊娠して、子供と主人の為に彼とは別れました。

その後、彼もできちゃった結婚をしたりで、お互い気持ちが離れてたのですが、4月ぐらいから彼からメールが入ってくるようになり、またお互いがひかれてしまったのです。
今は1ヶ月に一回会えるぐらいですが、会えば会うほどお互いの気持ちが強くなっていくのです。

いけないこととも思いながら、メールや会うことをやめられなくこの先どうなるのか、不安になるときもあります。
お互い子供もいて、決して夫婦中がうまくいってないわけではないのですが、どうしてもお互いを好きと思う気持ちを抑えきれなくなっているのです。

やっぱり、お互いのために好きな気持ちは抑えるべきですかね・・・。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(12件)

  • 龍虎 より:

    不倫はお互いが納得していれば良いと思います!
    気持が押さらえれるなら止めた方がいいでしょうが。。。
    ただ後悔だけしないように精一杯頑張ってください。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • momochan より:

    「どうしてもお互いを好きと思う気持ちを抑えきれなくなっているのです。やっぱり、お互いのために好きな気持ちは抑えるべきですかね・・・。」気持ちを抑えられるのなら止めるのが懸命だと思います。理屈ではどうにもならず始まってしまう、それが不倫なんじゃないでしょうか。ただし、そこには相当の覚悟が必要です。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • べるぼーい より:

    あなたは、自分が持っている家庭は、どう考えていますか、、。
    あなたは、結婚をしてはいけなかった方なのでは、、。
    自分がなぜ結婚したなど、それを悔いる言葉もなく、自分勝手な事を言っています。
    それほど好きであれば、お互いにすべてを捨てて、また慰謝料も相手が納得するだけ払って、次の人生を一緒に歩めば、いいのでは、、。
    やはり、好きに生きるには、それなりの代償が必要です。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • さわ より:

    レスありがとうございます。

    確かに気持ちを抑えられたらいいんですよね。何度も抑えようとはしたんですが、抑えれば抑えるほどどんどん気持ちが大きくなっていってます。
    結婚した事に正直、後悔はあります。結婚した事で彼に出会ってしまったから・・・。結婚しなければ彼とは出会ってなかっただろうし。結婚式の当日に彼に出会ってしまった。それが余計に辛いんです。
    家庭は大事に思ってます。子供も産まれて何一つ主人には文句もありません。
    でも、気持ちは彼のほうに傾いていってるんです。
    1ヵ月に一回、逢えるだけで私も彼も幸せを感じてます。エッチするよりただ逢えたという事が嬉しくて、まだ彼とはしてません。ただ二人で一緒にいられる時間が大切にも思えるんです。
    不倫はいけないことだと、わかってはいるんです。好きな気持ちみなさんはどうやって抑えてますか?

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • DRY より:

    こんにちは。

    すみません、駆け落ち計画をしながらも、ご主人とセックス?そして妊娠?で、彼もできちゃった結婚。

    人生の変換時期に出会ったことが、燃えあがらせているんですかね・・・要するに、結婚式で出会おうが、縁が無かったと思いませんか?それとも運命のいたずらと?

    結婚に後悔しているなんて、可哀想です。でも、家庭は大事に思っている・・・。なぜにそんなに気持ちがチグハグなのでしょうか。

    好きな気持ちの抑え方ですが、私の場合は、とにかく「暇な時間を作らない」ことです。神経すりへらすまで仕事に打ち込み、お風呂場を磨き、台所を磨き、水滴1粒も残さずふきあげる。洗車も手洗い、手ワックス、小さいネジまで磨きあげ、へっとへとになるまで追い込んで、バタンキュー。

    愚痴をこぼしているより、すべてに前向きでいたほうが、表情も違ってきますよ。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • さわ より:

    レスありがとうございます。

    確かに彼とは縁がなかったんだと思います。この先も一緒になれる事はないのですから・・・。
    DRYさんが言うように、なぜ気持ちがチグハグなのか自分でもよくわかりません。ただ、主人との結婚生活に後悔してるのではなく、結婚式で彼に出会ったことに後悔してるんです。自分でも意味がよくわからなくなってきたけど・・・。
    実は昨日、彼に不倫をやめようと言いました。お互いの生活を大事にしていこうと。でも彼は「不倫はいけないことだけど、でも好きでいることをやめられない。確かにこのままさわと不倫を続けていってもこの先一緒にはなれないよね。何もかも捨てる勇気がさわにあるのなら、俺はさわと一緒になりたい。でも、さわには捨てる勇気がないから、今は気持ちだけでもつながっていたいし、気持ちだけでも俺だけのさわでいてほしい。」って言って別れる事に納得してくれませんでした。そのあとは、私も何も言えなくなって結局別れ話は流れてしまったのですが。

    無理に別れるより、少しずつ気持ちを抑えていっていけばいいものなのでしょうか・・・?

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • DRY より:

    こんにちは。

    「少しづつ・・・」なんてできませんよ(笑)だって、好きだと言う気持ちがある以上は、少しづつ・・・なんて無理です。だから、これだけ、すったもんだ劇で別れられない不倫があるのです。

    じゃぁどうすればいい?と考えてみましょう。

    お互いに好き同士でいることはいいことだと思います。ただ、そこに肉体関係があるかないかが問題なだけです。特に既婚者同士はお互いに家族が存在します。この重さは計り知れない重みです。

    「ただ逢えたという事が嬉しくて」この気持ちを継続できるか否かで雲泥の差があります。別れろとは誰も言いませんよ。だって、好きなんだもん(笑)

    別れなくともいいのではないでしょうか。ただ、一線を越えることだけは抑えて下さい。それこそ、一線を越えなければ、真愛なのではないでしょうか。「気持ちだけでも俺だけのさわでいてほしい」これが彼の本心の本心であれば。

    あと疑問に思ったことは、

    >「何もかも捨てる勇気がさわにあるのなら、俺はさわと一緒になりたい。」

    ですが・・・この彼は、「俺は離婚してさわと一緒になる。」と言えないのですよ。わかります?さわさんが離婚すれば、俺も離婚したい・・・・なのです。

    燃え上がっていると悲恋のような感覚になります。でも、言葉ひとつひとつを冷静に思い返してみることも、既婚者だからこそ大事であると思いますよ。

    出会ってしまったを嘆くより、これからを見つめることが大事でもあります。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • ゆりこ より:

    彼は、『お前は離婚なんて出来ないだろうし・~・・』などと言いますが、自分は簡単にできるのでしょうか?それから、さわさんは子供が産まれてからも子供を連れて彼と会っているのですか?今の状態で、子供の顔真っ直ぐに見て育児できますか?私も不倫していましたが、子供ができてからは親となるのに、自分が恥ずかしくて、もう彼のことなんかどうでもよくなりました。子供にとっては大事な時期ですし、これから先、家族で幸せ築けたらいいですね。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • さわ より:

    レスありがとうございます。

    昨日も彼に別れ話をしました。子供の事、お互いの家族の事、これから先のことなど・・・。でも彼はやっぱり納得してくれないんです。「好きなのに別れる事は俺には出来ない。昨日も言ったように、気持ちだけでも俺だけのさわでいてほしい。俺は本当にさわの事が好き。今すぐ離婚する覚悟もできてる。でもさわは別れる事で俺の事を忘れられるようなそんな簡単な気持ちだったの?」って言うんです。
    簡単な気持ちなんかじゃないんですがね・・・。でも彼は離婚する覚悟があっても私には覚悟がないので、簡単な気持ちになっちゃうんでしょうか↓。

    彼は奥さんと子供とは一緒に暮らしてないんです。なんでも、奥さんが仕事をしていて彼と一緒に暮らすと仕事に行くのが時間がかかるからとか。それで、結婚してからも別居状態なんです。だから彼はまだ独身気分でいるんだろうなとは思います。
    今の所、体の関係にはなってなく、これから先も一線を越えることはないとは思うんですが・・・。

    子供を連れて彼にあいにはいきませんよ。逢えるときは、私がお仕事が休みで彼も休みの時の昼間なんで。いつも彼とあった日は、子供の顔を見ると、彼とは別れなきゃなぁって思います。
    でも別れられない自分がいて・・・。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • より:

    では逆に…。
    もし仮に彼が離婚したとして「離婚したから一緒になって欲しい」と言って来たとしたらどうでしょう?

    >かけおちする計画もしてたんですが、主人の子供を妊娠して
    >決して夫婦中がうまくいってないわけではない
    >主人との結婚生活に後悔してるのではなく、結婚式で彼に出会ったことに後悔してる

    など、さわさんの文章からは旦那様と別れたいという気持ちがほとんど感じられないので、おそらく困るだけなのでは?
    だとしたら、彼の気持ちがどの程度か、とか自分の気持ちが簡単なものかどうか、などは全く考えるに及びません。

    さわさんはきっと、本当に大切なものが分かっていらっしゃる。
    「気持ちだけでも…」なんて言ってる彼よりも、しっかり現実を見られる方だと感じます。
    優しさのせいで、バッサリ切れないだけかもしれないですよ。
    口では何とでも言えます。困った事になる前に、どうか彼の口車にのせられませんように…。

    ここには参考になる意見、目からウロコの意見が多くあります。たくさんのスレから現実をしっかり見る目を養いましょう。お互いにね(笑)

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • つま より:

    安泰な日々、
    ドキドキ・ワクワクすることもなく過ぎ去る日常。。
    そんな時、フト訪れた「女」としての意識を感じる瞬間。

    貴女は戸惑いながらも、彼からのラブコールに心が揺れる。
    「女」であることの幸せを、心が欲しがる。。。「女」であるが故に。

    ↑皆、同じだと思います・・・男も女も。。。
    ただ、「幸せ」の定義は人それぞれ・・・。

    長い結婚生活の間、20年・30年もの間、ずっと配偶者だけを愛し続ける(ラブラブという意味で)という事は難しい。
    孤独を感じる時間も恐ろしいほど長い・・・・。
    でも、その時間を経過し、乗り越えた夫婦の絆は、
    「一時の恋愛」を超える「幸せ」があると信じます。
    ワクワクすることも、ドキドキすることもありませんが、
    心の底で結ばれた絆を感じつつ、互いの生涯を全っとうする。。

    幸せの価値観は人それぞれ・・・・貴女はどう生きたいと思っていますか?

    私自身・・・10代の思春期・・・デートの後に、次のデート。
    Wブッキングも日常茶飯事の青春を謳歌。
    男なんて、望む望まないにかかわらず、降ってわくようにでてくる。
    30代後半の今・・・まだまだイケてる!と思いつつ、20代のハジケル若さに、我が身の老いを感じ、
    「女」としての自信を揺らぐ「落日の日々」。
    同年代、「落日」を払拭するがごとく「恋」にまい進する女達。
    本人達は「女」としての人生を謳歌しているつもりでも、
    傍目から感ずることは、
    「あなたは、年を重ねる意味を、どう捉えているの?」です。
    当人にはわからない・・・・周りの視線です。

    それが「幸せ」かどうかは個人の価値観です。
    流されるもヨシ、踏みとどまるのもヨシです。

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

  • さわ より:

    レスありがとうございます。

    なんだかものすごく、楽な気持ちになりました。
    そして、気づいた事があります。
    私はやっぱり、主人が大切な人なんだと。
    主人と彼は全く正反対の性格で主人にない物を彼が持ってるって感じでした。
    だから、彼にひかれてたのかもしれません。
    仮に今彼から、「離婚したから一緒になってほしい」と言われても私は困ってしまうと思います。何もかも捨てて彼と一緒になる勇気もなく、主人と別れる事を考えた時にものすごい悲しさを感じたのです。

    彼にはさっき、きっぱりと別れを告げました。悲しくなかったかというと嘘になりますが・・・。本気で好きな気持ちもありましたから。でも、彼の引き止める気持ちに負けないと心に決めて別れました。不思議と、楽な気持ちになりました。よかったんだなぁと。
    みなさん、レスありがとうございました!

    評価 Thumb up 0 Thumb down 0

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

他の人気コンテンツ

▲ このページの先頭へ