トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 社内不倫 > 終わりが見えている恋

終わりが見えている恋

ついに今までセーブしていたものが走り出してしまいました。
そして・・・。
初めから終わりが見えている恋が動き出したのです。

私は既婚で31歳。彼は独身の26歳。
同じ職場で知り合いました。
知り合って半年、私のことを好意に思っていてくれることはわかっていました。
けれどそれも表面的なもの。
私は既婚者だし彼が対象に見てる訳はない。
そう、思っていました。

しかし、彼は本気でした。
「僕と付き合ってください。」
そう言われた時は正直戸惑いもありましたが、嬉しかったのは事実です。
ですが、そうは言っても私は夫の居る身。
はい、そうですか、とは言えませんでした。
その後も彼のアプローチは続き、私の心は少しずつ彼のほうへ向かって行ったのです。

そして、運命の日。
私はついに彼を受け入れてしまいました。
「後悔」の二文字が頭をよぎりました。
でも、彼の「後悔させない・・・」
その言葉に身を委ねてしまったのです。
バカ・・・、本当にバカ・・・。
自分を責める私に彼が言いました。

「俺、無精子症なんだ・・・。だから誰とも結婚する気は無い。」
その言葉に耳を疑いました。
「今、何て言ったの?無精子・・・」
「そう、無精子症。子供作れないの。判るでしょ?」
私はうなだれる彼を抱きしめることしか出来ませんでした。
過去に婚約をした女性が居たけれど婚約破棄をしたこと。
自分は1人で生きていく覚悟が出来ていること。
彼は人事のように坦々と話してくれました。
私はもう、それ以上は聞けませんでした。

今は彼のために自分が何が出来るのかそればかり考えています。
そのような立場ではないこと重々判ってはいます。
でも、彼をそのままにはしておけないのです。
同じ環境の方はそう居ないと思いますが
少しでもこの気持ちわかって欲しくてレスしました。

乱文で申し訳ございませんでした。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(5件)

  • かすり より:

    あゆみさん はじめまして

    えーと、単純に読んだ感想なんですが、「後悔させない」とはどういうことでしょう?
    旦那さんからあゆみさんを奪って幸せにする?違いますよね?彼、結婚しないつもりだもん。
    じゃ、不倫の関係を続けることがどうして「後悔させない」になるのかしら?
    奪うつもりもなく、結婚する意志もない、ただの男と女として付き合うだけ?

    …そうすれば、辛くなるのはあゆみさんなのにね?…

    彼が無精子症だから、結婚する気がないから、ではあゆみさんが旦那さんと別れて
    彼と結婚しますか?それが、「なんとかしてあげたい」ということでしょうか?
    ……違いますよね?そんなことで彼の心は救われないと思いますから…。
    人妻だったら、恋愛感情抜きで一時の性欲は満足できますが、彼は
    将来のない、成就することのない恋愛に逃げてるような気がします。
    やがて二人とも、ものすごく辛く苦しい日々を送ることになるでしょうねぇ。

    子供ができなくても彼のことを好き!結婚したい!と思う女性が現れるような男性に
    彼自身が成長することが大切だと思いますね。もちろん一筋縄ではいかないと思います。
    「子供ができない」というのは、結婚の大きな障害になるでしょうし。
    それを乗り越えられるような女性と出会うには、それ相応の強い男にならないとね。

    彼のためにできること…少なくとも、不倫の関係になることではないと思うなあ。
    もしかして、彼の孤独を癒したいとか、寂しさを埋めてあげたいとか思っておられますか?
    わからないでもないけど、それが彼のためになるとは思えないなぁ~?
    いや、あゆみさんに「好き」って気持ちがあるなら、かえってドツボにはまりそうで怖いですね。

    余談ですが…
    私は無精子症の夫がいたものです。夫のW不倫で離婚しましたが。
    あ、子供ができなくてじゃないですよもちろん。私たち元夫婦には大切な可愛い娘達がいますから。
    離婚後5年たった今も私たち元夫婦の生きがいであり、絆になってますしね。
    それは、もと捨て犬の中型雑種犬3匹で、離婚の時は親権を争ったほどです。
    夫は今だに「父親」として「娘達」に会いにきます。彼女いるけどね(笑)
    娘の父親は(たとえ犬でも)元夫以外、考えられませんね。

    無精子症の元夫は、間違いなく「父親」です。(私とは他人になっても)

  • あゆみ より:

    かすりさま、はじめまして。
    お返事ありがとうございます。

    確かに今の私は何がしたいのか自分でも解ってはいません。
    彼の「後悔させない…」の言葉にすべてを投げ出し
    今まで築き上げたものすべてを捨てる勇気など持ち合わせてもいないのです。
    じゃぁ、一体何がどうなってほしいのか?
    それも解りません…。
    自分でも何でこう馬鹿なんだろう…と落ち込む日が続いています。

    > 彼は将来のない、成就することのない恋愛に逃げてるような気がします。
    > やがて二人とも、ものすごく辛く苦しい日々を送ることになるでしょうねぇ。

    私の友人もかすりさんと同じことを言いました。
    自分の辛いところから逃れるために
    手っ取り早く既婚で面倒見の良さそうな私を選んだのだと…。
    確かにそう言われればそうかもしれません。

    > 子供ができなくても彼のことを好き!結婚したい!と思う女性が現れるような男性に
    > 彼自身が成長することが大切だと思いますね。もちろん一筋縄ではいかないと思います。
    > 「子供ができない」というのは、結婚の大きな障害になるでしょうし。
    > それを乗り越えられるような女性と出会うには、それ相応の強い男にならないとね。

    そうですね…。その通りだと思います。
    彼は私と違ってまだ若い。
    まだこれからがある。
    私と抜け道のない迷路を彷徨っても彼のためには何の得もない。

    > 彼のためにできること…少なくとも、不倫の関係になることではないと思うなあ。
    > もしかして、彼の孤独を癒したいとか、寂しさを埋めてあげたいとか思っておられますか?
    > わからないでもないけど、それが彼のためになるとは思えないなぁ~?
    > いや、あゆみさんに「好き」って気持ちがあるなら、かえってドツボにはまりそうで怖いですね。

    おっしゃるとおりです。
    私は偽善者です。
    彼のために…とか言っておきながら彼のためには全くなってない。
    彼のことを「愛しているか?」と問われたら
    それは嘘です。でも「好き」には違いありません。

    > 余談ですが…
    > 私は無精子症の夫がいたものです。夫のW不倫で離婚しましたが。
    > あ、子供ができなくてじゃないですよもちろん。私たち元夫婦には大切な可愛い娘達がいますから。
    > 離婚後5年たった今も私たち元夫婦の生きがいであり、絆になってますしね。
    > それは、もと捨て犬の中型雑種犬3匹で、離婚の時は親権を争ったほどです。
    > 夫は今だに「父親」として「娘達」に会いにきます。彼女いるけどね(笑)
    > 娘の父親は(たとえ犬でも)元夫以外、考えられませんね。
    >
    > 無精子症の元夫は、間違いなく「父親」です。(私とは他人になっても)

    辛い過去をお話くださってありがとうございます。
    かすりさんのように強く生きていける女性、素敵です。
    別れた今でも元旦那さんに娘さんたちを会わせているんですね。
    本当に人間の出来た方だと思います。

    それに比べ私は人間としてまだまだだと改めて痛感いたしました。
    こうなった以上、私が取れる最良の決断とは何か、
    もう一度考えてみます。
    本当にありがとうございました。

  • 最後の弁護人 より:

    いや・・人間ができてるという表現より・・
    ”そう在りたいと願いあなたのように努力した”が正解じゃないかな?
    かすりさんもここが長い・・・もう半年以上から折られる住人
    決して僕ら常連は人間ができてこうなったんじゃなく。

    どっちかといえば・・結局そうなるしかない。かも知れないよ・・

    家に帰って家族をみてごらん・・・
    子供が居るとするなら・・・あなたは子供が罪を犯したときに何も責める事ができない事を知った上で継続すべきか?経験として過去にすべきか?
    賢いあなたは知っているはず。

    不倫は罪なのですから・・・・
    残した家族に重い重石を投げつける・・・。

    そして彼は・・・あなたに自分の”問題、過去”を擦り付けて彼も逃げ出した。
    あなたは甘やかして・・・受け入れただけ。

    そんなの・・愛じゃない。そして・・ソレすらもあなたは知っている・・・

  • 玄米 より:

    あゆみさん、はじめまして。

    かすりさんは・・・人間ができている、というより(いや、人間ができていない、という意味ではなくです!かすりさん!)、お嬢さんたちと元のだんなさんの間に通い合う絆、を大事に、思ってらっしゃるのだろうなぁと、読ませていただいて、感じました。
    元のだんなさんは、世界で一人しか、いない人だし、お嬢さんたちもそれぞれ、ほかにはいない、命です。その間の絆は、ほかのものでは、かえられない。

    なんとなく・・・そう思いました。いやなんだか、かってな憶測のような、感想で失礼します。

    強さ、ってなんだろうと、考えるけど、愛する人たちのためには、何かおなかのそこからちからがわいてきたりするのが、人間なんだと思います。

    何ができるだろう?と思うこと。

    そして、何もできないこと、をかなしむこと。

    それが人情ってものだ、とは思います。

    じっくりと考えて、私が今おもうことは。

    祈ること。

    願うこと。

    信頼すること。

    それしかないかなぁ、って思います。

    そう、くるしんでいる人に、悩んでいる人に。

    何もしない。でも、おもってるし、祈ってる。何もできない。でも、この世の中や、時間の流れが、うまいぐあいにかみあって、その人のまわりで、そのひとのなかで、いいふうにいくことを、感じて、祈ること。それしかないかなぁって思う。そして、そういう祈りも、なにかこう、いつかめぐりめぐって、なにか、その人をとりまく、いい流れの一部になればいいな、と思って、信じること。

    すばらしいひとと、めぐりあうことも、ふくめて。

    今、参っている人に。人生が思うようにいかずに、嘆いたり、苦しんでいる人に。。。

    そんなふうに、個人的には、思います。

  • かすり より:

    ありゃりゃあ~~なんだかメチャお恥ずかしいぃぃーー!!
    あゆみさん、深く考えないで、いや、そんなに持ち上げないでー!!
    私もただのヒトですよ(汗)泣きも笑いも怒りもキレもしますから~~(^^;

    弁護士さん、玄米さん、どぉもフォローありがとうございます(おじぎ)。その通りです。
    あゆみさん、あのね、私は偉くも何ともない、普通の人間の感情だと思うんですよ。

    不倫で苦しんでるかたが言われるじゃないですか、「たまたま好きになった人が既婚者だった」と。
    その言葉を借りれば「たまたまホレた男性に精子がなかっただけ」とゆーことなんです
    (ちょっとストレート?品のない言い方でゴメンなさい)
    好きになったら精子がどーの子供がどーの、あんまり考えなかったですよ(私の場合は)。
    そりゃ元夫本人は私の何百倍も悩んで苦しんだかも知れませんが…。

    んでね、夫と娘を会わせてるのもね、娘がお父さん大好きだからなのよ。
    父親と再会して娘の身体全体のヨロコビを見ると「あ~娘に悪りぃことしたんだなぁ~…」
    って、それが心残りで。もちろん離婚したことは全然後悔してないですよ。
    でも娘にはね…、親の勝手で大好きなお父さんと別れさせた…コレはずーっと心が痛んでるよ。
    そこは「子持ち離婚」と同じ心理じゃないかなー?(想像)

    …とまあ、私のコトはいいとして(^^;。

    あゆみさん、お友達も同じことを言われてるし、弁護士さんも玄米さんも、
    おそらくロムってるかたがたも同じことを感じられてると思います。
    んで、あゆみさん自身も気付いておられますもんね…??

    彼と寝るのは、あゆみさんは苦しむだけだし、彼も現実逃避するだけで
    何も進歩しないからもうよしましょうね。
    彼の身体や精神的な問題は、彼自身が克服しないといけない部分が大きいと思うし。
    一人で生きていくのもよし。結婚しないで恋人と恋愛を楽しむのもよし。
    ただ、ヨソの奥さんに手を出すのはオカシイ。それは通用しません。
    無精子症は関係ないです、あゆみさんのご主人にしてみりゃね。

    それと…これはあくまで私個人の勝手な考えで、同意できないかもしれませんが…
    無精子症ということで、彼を「かわいそう」とは思う必要は全然ないと思います。
    心情的にはそう思ってしまうのが普通でしょうが、
    ベッドで同情をさそうようなやり方、私はなんだかとてもズルいと感じてしまいました。

    んでね、あんまりご自分を責めないでねー(^^;
    夫以外の男性から猛烈にアタックされて、嬉しくない女性はいないと思います。
    だから、あゆみさんが彼にだんだん引かれていったのもある意味自然で、仕方なかったかも。
    でも、それだけ大きな後悔や自責の念に襲われるなら、あゆみさんに不倫は向かないですよ。
    彼を支えるのは、別の方法がきっとあると思いますよ。ゆっくり考えていきましょう^^。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ