トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 浮気 > どうして不倫の彼と恋に落ちたのか

どうして不倫の彼と恋に落ちたのか

初めて書き込みします。
私にとって初めてすぎる経験で、毎日毎日仕事中もこのことばかり考えていて、頭がおかしくなりそうです。

私は今、同棲している彼がいます。
付き合って4年目。
学生時代からの付き合いで共通の友人も多く、二人とも同じ職なので、将来会社を起こしてやっていこうと思っていました。

そこに現れたのが、もう一人の彼です。
その人は私よりも20歳年上で、ずっと職場で「パパ」「娘」という仲でした。
それがどうしてこうなってしまったのか。

不倫の彼は、家族よりも誰よりも今私が大切と言ってくれます。
私のことを仕事でも他の事でも高く評価してくれています。
でも、多分今のところ離婚する気はないんだと思います。
何回聞いても、「家族には愛はないが、責任がある」と言われます。
じゃ、私に対する責任は?と思ってしまいます。

不倫彼はまじめな人生を送ってきた人らしく、こういった経験は過去にはなく、本人も動転しているようです。
でも、私よりもたくさん年上なのに、いつも肝心なことを言うのは私です。

誰が見ても、本当の彼の方が、周りからも祝福され、平凡ではあるけれど幸せな家庭を築けると思います。
私と本当の彼との間には、以前流産してしまった子供がいます。
彼はその子のことを忘れず、いつか二人が一緒になったあかつきには、その子の分まで次の子を可愛がっていこうと言ってくれます。
本当に私にはもったいない人です。

そのもったいない人を裏切っているのは私です。
それはわかっています。
どうして不倫の彼と恋に落ちてしまったのか。
後悔の毎日です。
正直、本当の彼とは家族みたいな感じで、男としての愛情は?という気はあります。
でも本当に私にあっている人だとはわかるのです。
しかし、不倫の彼はとても男性として魅力があります。
本気の恋をしています、少なくとも私は。

そんなことをしたって無駄だとはわかっています。
でもどうしたらいいのかもう本当にわかりません。
仕事もとても順調なのですが、やめたい気持ちでいっぱいです。

どのようにみなさん解決していったのか、教えて下さい。
自分が甘いのは承知しています。
厳しい意見もお願いします。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(14件)

  • 十五夜 より:

    蒼子さん、はじめまして。
    同棲とはいえ、結婚しているような感じなんじゃないですか?
    付き合って4年。家族のような感じ。
    新鮮味がなくなってきた。
    そこに現れたのが、人生経験豊富な既婚者。
    職場も同じ。会っている時間も長いよね。

    ところで、不倫彼に「私に対する責任は?」と問うなら
    蒼子さんの「同棲彼に対しての責任は?」
    あるよね。奥様に対してもあるよね。

    > 不倫の彼は、家族よりも誰よりも今私が大切といってくれます。

    これはね、ラリっているだけですよ。
    不倫彼は、ちゃんと現実を知っている。その証拠に、離婚する気はないのでしょう。
    肝心なことは言わないっていうのも、そういうことです。
    なんなら試しに、奥様に全てを打ち明けてごらんなさい。
    あたふたと逃げ出しますよ。
    仕事は、退社も頭に入れて考えてください。
    社内不倫のリスクは、それだけ大きいことをお忘れなく。

    ps. 同棲彼のことはどうするの?
    今、結婚式を2週間後に控えて、不倫している女性のスレッドがあります。
    良かったら一緒に考えてみてね。

  • ねじまき より:

    蒼子さん、こんばんは。

    人生にはときどき自分ではどうしようもないことに遭遇してしまうことってあるよね。
    たとえば、恋に落ちるとかは・・・避けられないよな・・・
    あなたの恋心はしばらくは、消すことは出来ないかもしれない。

    ただね、相手はあなたが今考えているような真面目な男なんかではないし
    (真面目な男は20も歳下の部下に手を出したりしないのだよ、決して)、
    家族に愛はない、なんて言いきる男が、
    あなたを家族より心底大事に思ってるなんてことはないと知っておこう。

    聡明な貴方は、いつか、否おそらく早い時期に、
    不倫の不毛さや、男の不実さに気付いて、はっと憑き物がおちたように目覚める時がくると思う。

    そのときにまだ、一緒に暮らしている彼がそばにいてくれるとは限らないということも、一応、覚悟しておこう。

    あなたが大事に思っている仕事場でそんなことになってしまったのは、残念としか言いようがないね。

  • おれんじ。 より:

    蒼子さんこんばんは。おれんじです

    私も思ったわ☆
    不倫彼は真面目な男なんかじゃないわっ☆無責任男だわっ
    職場をどういうふうに捉えているのかいなぁぁ!?
    あなたも、不倫彼もだわっ☆

    私も以前、不倫彼はいました。
    だから、キツイ事いえる立場ではないです、ごめんね。

    ただ、4年も一緒に暮らしてきた彼こそ、真面目でいい男だわ☆
    そんな本当の彼が、あなたと不倫彼にだまされているのが
    あまりにも不憫で、女性としてはアナタを軽蔑していまうのよ・・・。
    本当の彼との愛の歴史に泥を塗るなんて、やめましょうよ?
    っと思ったの・・・。

    本気で本気で、不倫彼を好きで、貫く覚悟がおありなら
    一日も早く同棲彼に真実を告白し、謝罪し、納得してもらうなり。
    そして不倫彼の奥様にも、よね?
    しなくてはならない事がいっぱいね・・・(泥沼ね・・・きっと)
    早く、みんなが和解して幸せになれると良いですね。
    あなたの責任は、重大だと思ったわ☆

    by  おれんじ。

  • とおこ より:

    二股をかけてる上に職場不倫。
    できたら仕事を辞めましょう。
    彼とも結婚の話を煮詰めてみたら?
    結婚する気が失せているなら同棲解消して
    別れたほうがいいよ。

    不倫も同棲も、結局結婚から遠ざかることが多いからね。
    できたらどちらもやめたほうがいいよ。
    奥様にばれたらもう泥沼だよ。

  • 蒼子 より:

    みなさん、率直な意見をありがとうございました。
    掲示板に書き込みしてから、不倫の彼ともう一度よく話し合いました。
    今日は完徹で仕事に行きました。

    不倫の彼とはもう少し距離をおくことにしました。
    他の方の似たような事例も読ませてもらったのですが、私たちは仕事のパートナーであり、この先お互いを永久に失うことの方が辛いという結論に達しました。
    これからは、不倫の彼の方とはたまに仕事帰りに食事にいったりする程度の付き合いをしていきます。
    その中で、彼が奥さんと離婚を考えるほどになったとか、私が同棲している彼と別れてもいいくらいだとか、お互い自分の身辺の責任をとっていける気持ちになったら、そのときはもう一度男女として付き合おうということになりました。

    今回のことは、申し訳ないけど、彼の奥さんや私の同棲彼には話しません。
    墓場までもって行く覚悟です。
    このあとまた気持ちが高まり、不倫の彼とずるずるしてしまうことだけは避けようと思っています。

    みなさんのおっしゃるとおり、私は一番は自分の同棲彼に対しての気持ちをどうするかということを考えています。
    この人のことを本当に愛しているのかこれから深く考え、このまま続けるかどうか決めようと思っています。

    正直、不倫の彼の奥さんについては、彼女には悪いとは思っていますがそれは彼の方の問題だと思うので、私からのコメントはないです。
    彼が考えて話しあることだと思います。

    傍から見れば変なところもあるかもしれませんが、まじめに話し合って結論を出しました。
    今でも不倫の彼のことは大好きですが、きちんとお互いフリーになれたらまた付き合いたいです。
    それまでは心を鬼にします。

    みなさん、貴重なご意見ありがとうございました。

  • 蒼子 より:

    上のカキコミにつけたしです。

    不倫の彼についてですが、彼は多分卑怯で不真面目というより、子供なんだと思いました。
    自分の家族にも、私にもなんの責任もとれないのに、その場の感情だけで動くことは、私も人のことは言えないけど、オトナのすることではなかったと思います。

    私はオトナでいたいです。
    不倫の彼のことを失って、もう二度と会えないとか、そういうことが一番辛いです。
    だから今は、友達以上にはなれない。

    本当の彼とも少し話をしました。
    最近、あまり好きじゃないかも、と。
    彼は、「人のエネルギー量は変わらない。
    おまえは前は俺に対したくさんエネルギーを使っていたが、今は仕事やほかのことにエネルギーを使っているだけだよ。」
    といっていました。
    こんなにオトナな人だとは知りませんでした。
    そして、彼の私に対する愛情は深いということも改めて気づきました。

    そんなことを踏まえたうえで、自分の感情に正直になるか、それとも本当に大切にしてくれる人を大事にしていくか、その選択肢は私がもっているのですね。

  • 最後の弁護人 より:

    本命彼に一言

    ”オトコマエ!”

  • 十五夜 より:

    こんにちは。

    自分のことを大切にしてくれるから大事(愛する)なのか
    大事な(愛する)人だから大切にするのか
    似て非なるものだと思いますが。
    同棲彼は、蒼子さんにとって、どちらの存在なのでしょうね。

    それと、
    誰かともう二度と会えないことは、そんなに辛いことではありません。
    別れは必ずやってきます。
    親子でも夫婦でも。
    本当に悲しいのは、「二度と会うことができない関係」にしてしまったことです。

    オトナでいたいのならば、自分の感情に正直になる意味も良く考えましょう。
    自分の行動に付随する責任に目をつむることなく考えが及べば、
    「不倫の彼の奥さんについては、彼女には悪いとは思っていますがそれは彼の方の問題だと思うので、私からのコメントはないです」
    このような発言はできなくなると思いますよ。

    最後に
    蒼子さん自身が決めなければいけないことというのは否定しませんが、
    選択肢は同棲彼にもあることを忘れないでね。

  • 蒼子 より:

    十五夜さんへ。

    自分のことを大切にしてくれるから大事(愛する)なのか
    大事な(愛する)人だから大切にするのか
    似て非なるものだと思いますが。
    同棲彼は、蒼子さんにとって、どちらの存在なのでしょうね。

    このことに関して、私は考えて結論のでる問題でないと思っています。
    考えることというより、感じて、気づくことだと思います。
    今まで私はこの人といっしょにいることが当たり前すぎて、愛しているかどうかなど考えず、毎日の習慣のようにいっしょにいたんだ思います。
    それが、ほかに気になる人が現れたことで、改めて私たちの関係はなんなのだろうか、ということを考えるきっかけになったと思います。

    同棲彼と知り合った頃は、本当に好きでたまらなく、話をしているだけで幸せでした。
    しかし今は話なんてしなくても全然平気だし、彼が1週間出張に行っていても平気です。
    でもそれは彼が必要ないから平気なのではないですよね。

    私は彼との思い出を愛しているわけではない。
    彼のことは、人間として愛しています。
    男としてはどうか、というところを、これから自分の内面に聞いてみないといけないし、それは今日明日でわかるような簡単な内容ではないと思います。

    正直、馬鹿なことをした私がえらそうなことはいえませんが、同棲している彼のことを真剣だからこそ、彼に対して卑怯なことはできないと気づき、不倫は解消して、今の生活の中からゆっくり答えを見つけようという気持ちになったのです。
    それはずっといっしょにやってきた二人にしかわからないことですし、もちろん彼が私より好きな人ができる場合だってあることはわかっています。
    彼も無条件の私を愛しているわけではないのですから。

    そして、なぜ結婚はしないのか、という意見もあると思うのですが、私たちには夢があって、それを実現した後じゃないと結婚はできない、というだけです。
    同棲しているのは、その夢にはお金がかかるので、経済的な理由により住居をいっしょにしているだけです。

    最後に、彼の奥さんについての気持ちです。
    私がコメントはないです、と書いたのは、彼だけの責任だから関係ない、という意味ではないです。
    私自身に当てはめて、自分の夫に彼女ができた場合を考えたときに、私なら相手の女に同情や謝罪はしてもらいたくない、と思ったからです。
    私なら「奥さんに悪いことをしました」と言われるくらいなら、「奥さんのことなんて考えてませんでした」の方がマシです。
    悪いと思うなら、そんなことするなよ、って思います。

    不倫の彼と奥さんとの間には、私が計り知れないほどのいろんなドラマがあり、その中でお二人はずっと夫婦としてやってきたと思います。
    その中に私が介在していくことなんて不可能ですし、このことを奥さんが知ることになったとしても、それは私が説明することではないような気がします。
    もちろん、奥さん自身が私に対してなんらかの手段、方法を求めるなら、それに従います。

    矛盾する話ですが、私は不倫の彼が家族といっしょにいて本当に幸せなら、それで私も幸せだと思います。
    彼と不倫するきっかけとなったのは、彼が家族といて満たされていない、幸せには見えない、そんな風に感じたから、私にそれを求めるなら応えたい、そうなってしまいました。
    自分の彼や不倫彼の奥さんのことは頭に及ばず。

    不倫の彼のことを本当に好きだから、逆に不倫してなくても大丈夫なのです。
    その中で、私は二人の男性のどちらへの愛情が本物か、じっくりと考える必要があると感じています。
    私の文章が変かもしれませんが、自分自身の中では二人ともに真剣です。
    二人とも幸せになって欲しいです。
    その幸せが私と一緒にいることじゃなければ、それもかまいません。
    今はどの道が最善か、それを見つけるため努力することしかできない。

  • 蒼子 より:

    せっかくの休みの日だったのですが、結局この問題から逃れることができずに、もう夜になってしまいました。
    もう少ししたら本当の彼氏が帰ってくるので、こんな時間しかこの掲示板を見ることができません。

    結局、悩んで、悩んで、悩んでも、どうしても不倫の彼との明るい未来なんて見えてこないのですね。
    他の方のスレで、たとえ奥さんと離婚してしまったあとでも、まだ幸せになれずにいるのを拝見しました。

    不倫の彼は(私が自分で思っているだけかもしれませんが)、恋愛という意味では本当に私を好きなんだと思う。
    でも、私と一緒にはなれない現実も嫌と言うほどわかっているのでしょう。
    だまされているだけ、と思う方もいると思いますが、彼が私と深く付き合ってしまったことは間違いだったとしても、本当に私を陰で大切に思っていてくれているのを感じます。
    いつも、私がこのことで悩んで体調を崩すことばかりを心配し、何もできない自分を責めているようです。

    不倫の彼と出会う前は、あと1,2年働いたら、同棲している彼といっしょに会社をおこすつもりでした。
    でも、再来年度に始まる大きなプロジェクトがあるのですが、それは私が前から参加してみたいと思っていた計画で、仕事を辞めることに未練がでてきて、もう少し続けたいと思い始めていました。
    そこに不倫が始まったのです。
    しかし、これを収拾するには会社を辞めるしかないと思い、先日「仕事を辞めたい」といったら、「辞めてもかまわないが、その場合は私のせいであの子は辞めたんだ、とはっきり弁解する。自分は左遷されても構わない。」と言われました。
    仕事を辞められるくらいなら、奥さんに言っても構わないそうです。
    そして、あの計画には君が必要だ、自分のせいで苦しませてるのはわかっているが、自分とのことで君の可能性をつぶさないでくれ、といわれました。

    私の仕事への情熱、姿勢、周りの人たちを明るく和ませる雰囲気…毎日いっしょにいるうちにどんどん惹かれていった、と言われました。
    そして、私の才能、仕事への資質を一番に買ってくれています。
    本当に会社に必要な若い才能だ、これから自分が育てていきたい素材に初めて出会った、と言われました。

    結局、彼は私を女性として愛することはできないでしょう。
    大切な家庭もあるのです。
    自分では大切さに気づいていなくても、いざ失うことに直面したらきっとそれに気づくでしょう。

    私を愛していても、どうすることもできない。
    だからその代わり、自分のもてる力を使って仕事人としての私を精一杯育てたい、私のやりたいプロジェクトに参加できるように尽力したい、それだけが私に対して自分ができること、と思っているのだと思います。

    彼自身、苦悩しているのを感じます。
    彼も好きになってはいけない人を深く愛しすぎたんだなと。

    彼と私の職は技術職です。
    会社は辞めるかもしれませんが、仕事は一生ものでしょう。
    その仕事でここまで認められることは、私にとって本望です。
    そしてその認めてくれる人は、私の恋する人であり、女性として求めても手に入れることができない、部下として彼の右手になるしかできない。
    それは女性としての私は満足できない結果です。
    でも、最初から結末はわかっていたのかな、とは思います。

    この掲示板にきて、いろんな方のケースを拝見しましたが、私はまだ独身なので、「家庭愛」というものをあまりわかっていないと思います。
    同棲している彼のことは、多分家庭愛に近いと思います。
    同棲彼とも職種が同じ(会社は違いますが)なのですが、この彼も私の仕事の才能を買っています。
    そうじゃなかったら、一緒に会社を興そうとは思えないですよね。

    なんだか、書きながら自分の気持ちに整理がついてきた気がします。
    もともと、不倫の彼とは「パパ」「娘」の関係です。
    もう少し時間が経ったら、彼の家に遊びに行きたいです(不倫の前から招かれてましたから)。
    多分、あんなすばらしい彼の奥さんは、本当にすてきな人でしょう。
    その家庭をめちゃめちゃにしなくてよかったと思える日がきて欲しいです。

    どう考えても、同棲している彼は現実味のあるすばらしい相手です。
    大きな不満は全くありません。
    友達全員に祝福される結婚式を挙げられるでしょう。

    世の中には、自分が本当に努力して手に入れようとしたら、手に入れられないものはないと思っていました。
    まして、相手も私と同じ気持ちなら。
    であった順番、一緒にいた長さ、私たちにはたくさん足かせがあるのですね。

    不倫の彼と出会えてよかったです。
    これから彼の両手両足になりたい。
    そして、私を手に入れられなかったことを一生後悔して欲しいです。

  • ぺんぺん草 より:

    > そして、私を手に入れられなかったことを一生後悔して欲しいです。

    不倫彼も愛してるのではないのですか?
    愛してる男性の幸福を望まず、不幸を願うのですか??

    …お人柄が偲ばれます……

  • 蒼子 より:

    ぺんぺん草さんへ。

    それは言葉の書き方が悪かったですね。
    残念だったけど、いい思い出だったと、どうしてもっと前に出会えなかったかな、と思っていて欲しいという意味でした。

    誰も、好きな人の不幸なんて望みません。

  • ねじまき より:

    まぁまぁ・・・
    一生後悔して欲しい・・・ってのは、自意識過剰な文学少女的表現ってことで・・・。

    蒼子さんは、自分が意外と未熟だったことを恥じているのだろうと思います。

    僕からは一個だけ忠告を。

    そ知らぬ顔で、彼の家へ遊びに行くなどということをしてはいけないな。人間性の問題。
    (招かれたのは不倫の前だからね。)

    今ではもう招かれざる人なんだし、
    目配せひとつで、彼の家庭を崩壊させる可能性だってある。
    妻という立場の人は、そんなに鈍感ではないよ。

    自意識というものは、結構やっかいなものでね、
    甘くみていると、思わぬ落とし穴があることを忘れないでね。

  • 蒼子 より:

    そうですね。
    遠くから彼の幸せを祈っていきたいです。

    彼とかかわっていけるのは仕事だけなので
    私はそこで認められるよう頑張ります。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ