トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 割り切った関係 > 割り切った関係続ける?と言われた

割り切った関係続ける?と言われた

私は29歳の専業主婦です。
相手も同じ歳で、会社の上司でした。
彼はものすごく仕事が出来て、頼りになって素敵な人でした。

去年の9月、彼が遠隔地に転勤になると同時にHしました。
その後も彼が出張で戻って来た時に、営業所の皆で彼を囲んで飲んだ時に一度。
そして先日、私が退職したのでという名目で二人で会って・・・。

その間に、お互い結婚しました。
メールは週一度。電話はお互いの相手が眠った後に。

2回目にHした後に電話で聞きました。
「私は貴方を好きだけど、貴方は私をどう思ってるの?」と。
彼の答えは「メールしたり電話したりしてることで分かって欲しい」って。
好きだとは言ってくれませんでした。

先日二人で会った時に聞かれました。
「割り切った関係続ける?」ってアタマを殴られた気分でした。
「割り切った?」って「私好きをじゃなかったの?」って、彼に詰問しました。
「俺は変わってるから。実は嫁を好きかどうかも分からない。でも、イヤだったらメールなんかしない」
「でも、会社の他のコともメールしてるじゃない?一緒なの?」
「一緒と言われれば、一緒だよ」って。

その日、最後のつもりでホテルに行きました。
でも、性欲の強い私なのにHできませんでした。
挙句、彼に「貴方は俺のセックスがすきなんだよね?」って言われて、酔っていたせいもありますが「へ?旦那さんの方がずーっと上手よ?」って言ってしまって・・・
その後、「到着しました」と無事おうちに着いたってメールが来てから、こちらからメールしても何の応答もありません。
電話もコールだけです。

夫は優しくて、私をダイスキでいてくれて、何が不満なんだか分からないのです。
どうして浮気をしてしまったのか。どうして続けたいと思ってしまうのか。
半年なりの期間を空けて連絡すれば、彼とよりが戻せるのかなぁ?なんて、思ってしまっているんです。

ものすごい自分勝手だと自覚しています。
うっすら分かってるのが、高校生以来、自分から好きになった二人目の人だと言うこと。
いつも好きになってもらって、男性と付き合っていたから執着してしまうのかぁと言う事。

自分が、浮気をするなんて考えてもみませんでした。
さまざまな角度からの意見を頂戴したく思っております。
正直、読み返して「何が言いたいの?どうしたいの?」って自分でも思います。
恋愛初心者なのかもしれないです。よろしくお願いします。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(5件)

  • 最後の弁護人 より:

    仕事出来る男は大抵そうです。

    ”最初から愛など有りません”

    仕事に疲れた脳みそとカラダを癒すために女を抱く、そんなもんです。
    反対の書き方をすれば・・・・"好色男、世をはばかる”
    歴史上の人物も、多い話ですよ。

    さ、頭を冷やしたら気分を変えて家族と食事に行きましょう
    映画を見に行きましょう、ドライブに行きましょう
    お盆は混むから嫌というご主人を引っ張り出すイイきっかけになりましたね。^^;

  • パキラ より:

    最後の弁護人さんありがとうございます。
    確かに以前「仕事をバリバリすることと、浮気をすることが男の甲斐性だ」って公言してました。夫は「仕事をバリバリして、家庭を大事にするのが男の甲斐性だ」って言ってました。
    タイプがまるで違うから、憧れてしまったんでしょうね。
    だんだん客観的に見られるようになって来ました。彼に「好きよ。またいつか連絡してね」的なメールをしてしまった事が今たまらなく恥ずかしくて仕方ないです。

    お盆休み、夫は私に内緒で旅行の予約を入れてくれてありました。夕食の時にパンフを渡されて「こんな素敵な人が私の旦那さんなんだ」と思うとたまらなくなって、涙がボロボロ出てきました。

    今回の件で、夫をもっと見つめようと思いました。

  • 妻の立場 より:

    パキラさん、はじめまして・・

    ステキな旦那様ですね。
    毎日いっしょにいると見えなくなっちゃうんですよね。
    当たり前の有り難さが・・・。

    映画なんかでよくでてくる場面で、オフィスや自宅のあちこちに
    家族や夫婦の写真が飾ってあるじゃないですか。
    あんな風に思い出の場所や写真なんかを我が家のあちこちに飾ってます。
    毎日の当たり前の有り難さを、ふと思い出せるように。
    今回のご旅行の写真なんかをお気に入りの額に入れて飾られてもいいかも。

    最後の弁護人さんがおっしゃる
    「仕事に疲れた脳みそとカラダを癒すために女を抱く、そんなもんです」は
    どんぴしゃ過ぎてびっくりするくらいそのものだと思います。
    ただ、遊んでやろうとかの気持ちじゃなく、家庭は家庭で別物として、
    気の合う、体も合う、都合も合う、そしてお互い楽しめるような
    関係を求めてる人かもしれないですね。まるで女性がエステにでも行くような感覚で・・・。

    それよりも、ホントに癒される場所に気づかれたパキラさんの
    ステキなご旅行をお祈りしています。

  • ふぅ より:

    妻の立場さんありがとうございます。

    ただ、遊んでやろうとかの気持ちじゃなく、家庭は家庭で別物として、気の合う、体も合う、都合も合う、そしてお互い楽しめるような関係を求めてる人かもしれないですね。まるで女性がエステにでも行くような感覚で・・・。

    おっしゃるとおりです。遊ばれたなんて、微塵も感じてません。「割り切った」って言葉が悲しかったんです。「恋愛ゴッコ」のつもりだったんです。意味する所は同じだったと思うんです。
    『この先、貴方みたいな女の人を作るつもりは一切無い』って言われて。『あぁ、この人は多分私を好きなんだ』って思いました。私もずっと憧れの人とお酒を楽しんで会話を楽しんで、Hも楽しんで。結婚生活がマンネリしなければいい。バレない様に楽しみたい。って思ってたんです。だけど、彼と会う時間に「洗濯をして」遅れたんです。何故なら夫は私が居ない間に洗濯をしてくれるに違いないから。私が他の男性と楽しんでいる間に。だから、「私、何をしてるんだろう?」って。それ迄は「優しい夫、楽しい浮気相手が居て楽しいなぁ」なんて思ってたんです。

    妻の立場さんが示唆して下さった「当たり前の有り難さ」にやっと気付きました。夫が私に「可愛いよ」と言ってくれるのが当たり前だと思ってしまっていました。ありがとうございました。

  • パキラ より:

    > 妻の立場さんごめんなさい。NAMEを変更して入力してしまいました。
    自分の気持ちもかなり落ち着いて。
    おそらく、これから恋愛することはないでしょう。
    ありがとうございました。

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

▲ このページの先頭へ