トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 社内不倫 > 社内不倫と日本経済

社内不倫と日本経済

それでも不倫ってやっぱり会社に発生するもののようです。
あと、都会。大多数の中にうずもれる心地良い無名感が男女を開放的にさせるのかも。
大会社は都会にあるし。

恋に落ちる理由は、毎日顔を会わせているから。(単純)
家庭の日常に男を忘れかけた既婚男性が、ふと部下の若い女の子に尊敬されて男を思い出したり。
そして上司を尊敬する若い女の子が、一家の大黒柱と豊富な人生経験に由来する大きな優しさと度量に包まれたり。
ニーズはばっちり、機会もゴロゴロ。

あと、結婚の意味の希薄。
女性が働いてひとり立ちできるような収入を持ち。
そして不倫を経験し、結婚してもどうせ裏切られるという価値観を確立してしまうと、結婚から遠ざかるのは当然の流れ。
結婚を意識しないから、相手が既婚・未婚を問わず恋を重ねる。
原因が結果を、結果が原因を生む相乗効果で不倫は増殖する。

問題だっていっぱい。

1「自分が傷つく」
社内不倫当事者はよく「私一人が傷つけば済む」と思いがちですが、それは間違いです。
社内不倫は自分の家族・仕事仲間、そして相手の家族・仕事仲間を巻き込まずにいられません。

2「人間関係の無駄なひずみが発生する」
考えてみてください、部長と新入社員が不倫しているという空気を。
課長や先輩社員は、部長を前に、新入社員に厳しく社会のルールを教え込むことができるでしょうか。
これは一例ですが、とにかく、ただでさえ難しい社内の人間関係が不倫によってさらに絡まる。

3「会社の利益に影響を与える」
そして不倫が奥さんにバレるなどして問題になれば女の子が退社、相手の男も左遷、上司の監督責任も問われ降格、会社的に戦力ダウン。対外的な信用も失われる。

これらの結果、当然、会社にとって社内不倫は天敵となる。
国の政策によってしぶしぶ女性の雇用を増やしては来たけれども、こんだけ問題を起こされるようじゃ、やっぱり女性を正社員に採るのは見合わせよう、パートか契約社員にして、不倫したらそれを理由に辞めさせよう、となる。
いや、事実今現在そうなりつつある。

そうまでして女性を世に出してどうするの?
それは今の世の中で女性が社会に出ないと、税金を払う人がいないから。年金を払う人もいないから。

不倫がいけないのは当然、でも社内不倫はもっと悪い!
社内不倫を「誰でもやってる当然のコト」にしては決していけないんです。
正社員よりパートや契約社員の方が不安定なのは明らか。
社内不倫をすることによって、私たちは自分のおかれる環境をどんどん生きにくい環境に、自分たちの手でしているのです。

ゴミのポイ捨てをやめて「地球にやさしく」もいいですが、社内不倫をやめて「人にやさしく」と考えるのはいかが?

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(18件)

  • 雪うさぎ より:

    こんちはデス。れおんさん。

    う、う~ん…そ、壮大なタイトルですね^^;

    たしかに。。ね。
    ここの相談で、圧倒的に多いのは、職場内不倫という、パターン。

    なにかの本で読んだ、うっすらとした記憶があるんですけど…
    人間は、ひとつの集団になると、その中から、一番好きなひと、を選ぶそうです。
    子孫を残すという、動物の本能??なのかもしれませんね。
    (ちょと記憶があいまいなため、違ってたらごめんなさい><;)

    そう前提すると。。職場、は、うってつけなのかもしれませんね。
    24時間という、一日の時間の中、下手をしたら、旦那さま、奥さま、よりも長い時間会っているのだから。。

    職場で、不倫に足を踏み入れそうになっている、ひと。
    何人のひとが、職場を退職しなければならない状況にまで陥る可能性があることを想像し、考えた、のでしょうね。。

  • 十五夜 より:

    すっごく、ヤなんだけど。
    仕事とプライベートをゴッチャにする人!
    職場で家庭の話はするな!とか
    アフター5のお付き合いはいたしません。とか
    そういうことじゃなくて、むしろそれ位は潤滑油としてある程度は必要だし。
    女子トイレで、その手(不倫)の噂話聞くのも嫌なんだよね。
    だって対応に困るジャン。(適度に聞き流しますが)

    それにそんなに社内不倫が日常化しちゃったら、奥様族は、
    安心して会社に夫を働きに行かせられなくなっちゃう(>_<)
    昔、「奥さんをパートに出すと不倫するからダメ」という笑い話があったけど
    「若い女の子が居る会社に行かせると不倫するからダメ」とかになっちゃうじゃない。

    結婚したい男の条件が、「女性が居ない職場勤務」になる日も近いかも~。

  • れおん より:

    雪うささん、十五夜さん、コメントありがとうございます。

    っていうかね、「不倫がバレたら会社クビになるかもしれな
    い」という危機感が不倫に対するブレーキになってないんで
    すよね、特に女性に顕著。不倫でいづらくなったら会社辞め
    よ的なんですよね。甘い、甘すぎるよ君たち、って叫びたい、
    小一時間ばかりコンコンと説教したい。

  • コロスケ より:

    興味本位で立ち寄ったこのサイト(真剣にお悩みの方ゴメンナサイ!)、れおんさんのカキコを拝見して笑ってしまいました。

    れおんさんってどのような方でしょうか??
    部下の不倫によって損失を受けている会社の経営者?
    それともかつてご自分の不倫によって苦い経験をされた方??
    どうしてそんなに不倫に腹をたてているの?????

    もちろん『不倫』というからには悪いに決まっているけど…
    でも、不倫する側と、される側って常に紙一重のような気がする…
    私のまわりにも、独身時代は既婚者と付き合って「する側」だった子が、結婚して今度はダンナさんに「される側」に転じて(笑)いる子が、何人がいます。
    ちなみに私は不倫は未だかつてしたことがありませんのでご安心ください(^-^)

    たしかに書き込み読んでても『な~に!ふざけた事いってんの!!』というものも少なくありませんが、皆それなりに真剣なのでは?

    むずかし~い論理を説教するより、もっともっとみんな単純なところで悩んでいるのではないでしょうか?…

    私は不倫って生理的に受付ないですけど…
    フラリと立ち寄っただけで、好きなこと書かせていただき失礼しました m(_ _)m

  • れおん より:

    コロスケさん、こんにちは。

    これは耳が痛い、ごもっともでございます。
    ただ、「だって、好きなんだもん」という理由に対抗するに
    は、多かれ少なかれ理論武装しか無いとは思ってます。理論
    って言っても「他人のことを思いやる気持ちを持とうね」程
    度のもんですが。

    それこそ「だって、めんどくさいんだもん」とゴミのポイ捨
    てする人には、「でもね…」と言うしかないでしょうし。

    これに懲りずまた来てね。それじゃ~。

  • HaL より:

    れおんさん、こんにちは。

    私は上司と不倫してたり、不倫したいと思ってる独身の女性に、これだけは止めて欲しいなと思ってることがあります。
    それは・・・
    仕事に対する姿勢がすばらしいとか、有能な上司だとか、責任感があるとか、人として尊敬できるとか、自分を愛してくれているとかいう幻想を持つこと。
    幻想だけは持たないで欲しいなぁ。

    上司って、部下が仕事しやすいようにする、会社の利益を考える、大局的な視野で考えるってのが、お給料の中に入ってるじゃないですか。
    不倫に足を突っ込んだ時点で、これは全部ペケですよね。

    自分に求められている役割に対して「無責任」「不誠実」。
    ついでに、役割がわからないなら「無能」というのもくっつきますね。

    「無能」はまあしょうがなくても(?)、「無責任」「不誠実」な人を人として尊敬するのは・・・???

    それから、愛してるって、ほんとに愛してる女を、不倫に引きずり込む人っているかな。
    愛はあったとしても、かな~りささやかで、自分の欲望で簡単に蓋ができてしまう程度じゃないかな。

    「欲望」はたっぷりあるけれど、「愛」は無いということは頭の片隅に入れておいて欲しいなと。

  • パンジー より:

    はじめまして れおんさん ぱんじーと申します

    ここにこさせてもらって まだ少し。。。
    でも 皆さんのお陰でさよならする方向にむけて頑張ろうって思ってます。

    職場内不倫 多いですよね 何を隠そう 私も。。。
    私の周りの不倫事情 (友達のケース) 本人(友達) ご主人(友達の夫) それぞれ職場内です。。
    人間性も見えたり 自分のパートナーに無いものを見つけてしまったり。。。
    でも職場では あくまで みんなよそ行きの顔なんですよね。家では。。。分かりませんもの。

    なんて 私が言うのもなんなんですが。。。

    思えば 夫とも社内結婚  彼も奥様と社内結婚

    仕事以外の場所での出会いってやはり少ないのでしょうか?
    趣味を持ったり 仕事以外の場所で人間関係を築いていくことって。。。不倫 恋愛 云々に限らず必要かなっていまになって思います。

    彼との事やはり一番心配だったのは 仕事のことです。
    仕事の出来る人だから 頑張ってきた人だから それを壊してはいけないって思った。辞めなきゃって 思うようになった一番の理由かも。。。

    でも仕事の出来る人 魅力はありますね  確かに。

    不倫なんて とんでもない!! 私は絶対しない!!
    最低!!  なんてずーと 思ってた 私がこうなったのです。。。そして 足を洗うのは ひじょーに大変。。。。
    (正直 好きな気持ち 変わらない)

    れおんさんのおっしゃるように
    「ストップ ザ 不倫」 には職場内不倫の恐ろしさを
    知っておかないといけないかも知れませんね。

    余談ですが 思い出したことが。。。

    悪妻を持つ男は出世する

    家に帰りたくないから 遅く迄仕事し 休日もがんばる
    結果 仕事で認められ めでたく出世  らしいです

    おもいっきり 横道それてしまったようで。。。
    ごめんなさい  これからも 書き込み拝見させてもらいます。。。

  • あると より:

    れおんさん、はじめまして。れおんさんの主張にはいつも頷く私です。

    私も「社内不倫」にさんざん泣かされたひとりです。
    どこにでもころがっている話・・・といえばそれまでですが、大会社も零細会社もまったく同じ・・・不倫は大迷惑です。

    なにしろ本人達は「尊敬できる上司」とか「有能な部下」とか思っているようですが、どんな人でもラリッたときには・・・「尊敬」も「有能」もぶっとびます。

    安心して仕事を任せていたら、知らないうちに不倫が始まり、本人達は「お互いに高めあって」仕事にまい進したつもりでも、ミスがボロボロと出てくる。

    ミスを指摘すれば開き直る・・・上司にいじめられた、とまたまた二人で盛り上がり、会社の人たち(不倫について注意した人たち)のあることないこと(ないことのほうが多い)を言いふらして歩く・・・・

    そんなこんなで、私は決算期に「何のためにこんな思いをしなければならないんだ!」と不倫者の後始末を泣く泣く致しました。2度までも。
    現在は、女性は採用しない方針です。
    おねがいですから、仕事場に不倫恋愛を持ち込まないでください(泣)

  • サラ より:

    なぁに書いとんねんっと笑ってましたが、私もイヤですねぇ

    仕事出来るってどこの基準がそーいうのか解りません(笑)
    私は一人で設計事務所してますが、仕事出来る人ってのは銭にこまらん人であるとつねづね思っております。

    会社員で有れば、思いも付かない事が山の様に降りかかるのが個人事業主です。会社員であった頃の仕事出来る人が、果たして仕事出来て、立派な人で云々というのは幻想であったと思う今日・この頃です。

    んでも金に汚い事業主もおり、好きな人は仕事からむもんとちゃうなと思われます・・・

    ええひとやーって思ってたら、値切りよるっ(激怒)値切られると自分自身を値切られた様で「むかっむかっ」と来る私はとりあえず「悪態」をついたりする訳で・・・

    そんな奴に仕事場不倫は出来ません(笑)

    家のお父さんも仕事してる時は「ええ男」かもしれんのに仕事してない時にみるからあかんねん
    私の元夫は社内恋愛で付き合いましたが、遠くの営業所で仕事してる時は知りませんでしたねぇ。

    社内恋愛は独身同志でしましょう・・・・

    「会社でちょっとええ男、家でみたらただの勘違い」ってどぉ?

  • 信頼 より:

    こんにちは、れおんさん。
    れおんさんに一票!

    あの・・・私も思いっきり余談なのですが。。。

    >余談ですが 思い出したことが。。。

    >悪妻を持つ男は出世する

    >家に帰りたくないから 遅く迄仕事し 休日もがんばる
    結果 仕事で認められ めでたく出世  らしいです

    これは一体なんなのかしら~?????
    「縁の下の力持ち」ということわざがあるのですが・・・、
    家の中がもめごとでごちゃごちゃしていると悩み、不眠などで仕事に集中出来ないのではないかな?
    だけど、世の中いろんな人がいるから、精神的に不安体になった方が仕事が頑張れるという人もいるのかなー??????

    私はその意見に全く逆ですね。
    安心していられるから集中して仕事に打ち込めるんです。
    なんにでもだらだらしてる人が仕事が出来る人とは思えませんし、仕事場に長い時間居た方が出世するとも思えません。

    仕事に集中出来る環境があるからこそ出世もするのでは?
    ましてやそこに不倫から泥沼になったり、仕事中メールしてたり、事業主側はこちとら仕事を終わらせてなんぼです。
    完璧に仕事をこなしても人の何倍もかかってやってもらっても困ります。メールや不倫を提供するために高い給料払ってるんじゃない。仕事に対する責任感において払っています。
    期待していた人間が社内不倫にうつつをぬかして、仕事のスピードがおちたら、期待はずれっちゅうもんです。
    又、最初から新しい人をトレーニングするのにも労力使うんですよね。
    給料分、仕事して下さいねー。
    プライベートなことはあくまでもプライベートの範囲内でやってねー。

    大変失礼しました。

  • かすり より:

    社内不倫も社内恋愛も大嫌いです。
    最終的には、不倫してる人が何らかの制裁を受けるんでしょうけど。
    カワイソウとか全然思いません。早くお辞めになって欲しい。

    この不況の中、生活のために真剣に血眼になって職探ししてる人があふれてるんです。
    そういうかたたちに、ぜひお仕事を分けてあげてください。

    オンナノコとお茶したい、酒のみたい、SEXしたい……
    それは社外でやればいいじゃないですか。なぜ仕事場でそんなこと考えるんですか。
    お金欲しいなら仕事のことだけ考えて。
    本当にお金が必要な人にポストを譲ってあげてよ。
    そういう人は、わき目もふらず働くよ。命かかってるんだから。

    明日のおマンマの心配をしながら生活してる母子家庭をたくさん知っています。
    いつも勤め先が変わってます。会社の諸事情で真っ先に人員整理の対象になるからです。
    正社員になりたくても年齢で断られる(私もですけど)。
    いつもいつも就職情報雑誌とにらめっこ(これも私もですけど)
    恋愛するヒマなんかないでしょうよ。考えてもないでしょうけど。

    そのなかには、夫の不倫で離婚されたかたもおられます。
    (はぁ…私もですけどね…)

    すみません、先行きがいつまでも暗いと、心までクサッてしまいそう…

  • れおん より:

    みなさんコメントありがとうございます。

    そして信頼さん、おひさしぶりです。
    悪妻の件ですが、どちらにも一理ありますよね、ソクラテスの奥さんは歴史的にも格言的にも有名な悪妻だったそうだし、有名な結婚式の歌を作曲した人(失念)も3回離婚したとか、アインシュタインも愛人を……とか、栄光ある陰には愛人ありって感じで。名を残す人は世間からかけ離れた能力を持ってたり考えを持ってたりするもんだからかな?

    どっちにしても、一般人レベルではHaLさん、あるとさん、信頼さんたちのおっしゃるとおりだと思っています。

  • 信頼 より:

    れおんさん、お久しぶりです。こんにちは(^^)
    そうそうそう。れおんさんの投稿にまたまた大きくうなずきました。

    もうそりゃ、突き出た並でない素晴らしい才能をお持ちの方は不倫してようがなんだろうが、お金もっと払ってでも来て頂きたいっ!!
    なぜなら、その方のお陰で会社の業績もうなぎのぼり~♪なら、
    投資しがいがあるってもんです!
    やっぱり形になってなんぼですから。
    米国の永住権もそうですが、一般人が申請すると厳しい条件を満たすひつようがあるけれど、米国に利益をもたらす人物と国が評価したならば、その日のうちに永住権は出してくれます。
    これくらいの人物であれば、会社も何も文句は言うまい。

    会社の中で完璧にこなそうが人当たりがよかろうが基本ですが、会社にとったら関係ない。一般人レベルでは変わりはいくらでもいます。
    もちろん、私も一般人レベルで事業主の世界でも変わりはなんぼでもいるから、辛いとこですね~

    完璧に仕事こなして当たり前。
    会社はビルが崩れた後にごめんなさいって言っても信頼はどん底です。間違いは決して許されない命取り。

    事業主のつもりで仕事してくれると嬉しいんだけどね・・・・・・(独り言)

  • 凛々子 より:

    @れおんさん

    ずっと・ずっと、この内容が気になっていました。
    読んだあと・・・心が沈みました。何故だか悔しさを覚えました。レスしたい。でも、何を・どうレスすればいいのか・・・

    >女性を世に出してどうするの?

    この言葉に、過剰に反応してしまいました。

    多くの女性が持つ、社会に対する考え方が嫌いです。
    女性という武器を使って、女性の地位を下げる女性がいる・・・・
    腹立たしい気持ちで、いっぱいです。

    私は、男性と変わりなく、社会に貢献しようと、一人の人間として働こうと、心に決めて頑張ってきました。
    職業も、医者の卵→研究→教員と変化して、今は海外で働いていますが、今も尚、仕事に対しては誇りを持って即戦力で働いてます。

    既婚の彼と出逢ったときも、同じ。教員でしたが、心に闇を抱えていたのも事実。でも、子ども達の笑顔は本物でした。

    そして、私の居た職場は、すべて、女性は男性以上に働いていた人たちばかりだ、ということです。

    何が言いたいのか・・・
    女性も採用して下さい・・・

    >結婚の意味の希薄

    元同僚(教員)は、かみさん大好き・子ども大好き、夫婦・家庭円満を第一にする人たちばかりで、いつも(酔っ払うと特に!)、独身の私に、「結婚はいろいろあるけど~良いよ~♪」と、自慢話の連発なので、早く結婚したいなぁ、子ども欲しいなぁと、思っていました。

    でも、自分は絶対にしないと思っていたこと・・・
    最低の人間がすること・・・自分が、既婚の人を想ってから、
    「結婚とは何か」が、その意味が、全くわからなくなってきました。

    私なら・・・
    もし、最愛の旦那でも、何年連れ添った人でも、自分以外の人を本気で愛したのなら子どもがいても、子どものために別れます。
    子どもに対して、本物の笑顔で接することが出来ないから。

    そんな思いが強くなってきているから、結婚の意味が益々以ってわからなくなってきているのでしょう。

    私は、何言ってるのでしょう!

    内容とズレてしまってスミマセン。
    どうしてもレスしたかったのです・・・
    (れおんさん、スミマセン)
    自分のことばかり書いて、スミマセン。

  • 十五夜 より:

    凛々子さん、
    ここはスレの趣旨とちょと違っても、きっとれおんさんは許してくれると思う。
    それより、またここで凛々子さんに会えたことの方が私は嬉しい。

    > もし、最愛の旦那でも、何年連れ添った人でも
    自分以外の人を、本気で愛したのなら
    > 子どもがいても、子どものために、別れます。
    > 子どもに対して、本物の笑顔で接することが出来ないから。

    子どもの為に別れることもあるし、別れないこともある。
    両方アリだと思うよ。
    経済的にとか、片親になるとか、そういう条件面だけじゃなくて。
    でも何より一番大事なのは自分の気持ちなんじゃないかな。(もちろん多くの母親は子どもの気持ちも尊重しながら)
    そうじゃないと、誰かのせいになってしまうでしょ。

    「本気で愛する」・・・きっとここがキーポイントなんだよ。
    「愛する」だけでも難題なのに、更にその上に「本気」ってつくんだから。
    どちらも数字で量れるものじゃないから。

  • ぺんぺん草 より:

    初めまして、凛々子さん。

    > 私なら・・・
    > もし、最愛の旦那でも、何年連れ添った人でも
    > 自分以外の人を、本気で愛したのなら
    > 子どもがいても、子どものために、別れます。
    > 子どもに対して、本物の笑顔で接することが出来ないから。

    離婚した、子供のいる妻の立場で申しますと、凛々子さんは
    言葉を弄んでおられる。

    (抽象的な事をお使いなので、凛々子さんと既婚彼の関係が
    正確にはわかりかねますので、的外れな部分もあるかとは
    思いますが…)

    ご自分でもおわかりだとよく思いますが、ご自分がお出来に
    ならないことを、他人に求めれるのはいかがなものかと思いわれます。

    凛々子さんがご自分の気持ちに自信がおありならば、まずは
    凛々子さんが、ご自分のお考え通りに、身を引かれるべきで
    はありませんか?

    彼の幸福のために、彼の愛する子供達の笑顔を守るため。

    この掲示板には、愛しているからこそ、彼の幸福を祈って
    身を引かれた方もおられます。

    凛々子さんご自身の大いなる自己矛盾。

    何より、凛々子さんのお考えの先には、凛々子さんご自身
    ではなく、既婚彼の奥様がいますね?

    愛人の立場で、妻の生き方を処断するような傲慢さについ
    ては、いかがお考えになりますか?

    また、凛々子さんは簡単に

    <自分以外の人を、本気で愛したのなら….

    などと書かれておりますが、「本気」ってなんですか?

    妻子を裏切り、幾つもの嘘を重ね、愛する女性も社会的にも
    辛い立場に追い込み、周囲の人々すべてを苦しませる行為の
    どこに、真摯な愛があるのですか?

    「2人だけが幸せならば、周囲が幾ら苦しもうが構わない」
    これが、凛々子さんのお考えになる「本気」の愛ですか?

    その「本気」の愛とやらを貫くために、生涯の愛を誓い、
    家庭を築き、子供を産み守り育ててきたもう一方の女性に
    は、自己犠牲を求めるのですか?(苦笑)

    ついでに申し上げますと、不倫中の多くの夫は、彼が本来
    持っていた愛すべき長所がすべて失われます。

    人相さえも悪くなり、可愛がっていた子供も疎み、今まで
    自分を慈しみ育ててくれた両親にさえ、平気で嘘をついて
    愛人との遊興費を引き出し、子供のための貯金にさえ手を
    つける……
    諌めれば、妻への暴言、暴力。

    多くの妻は、わけがわからなくなります。
    あの優しい、子供を愛し、両親を大切にしていた夫はどこに
    消えたのだろうかと?

    夫をこのように醜い怪物に変えた不倫のどこを見て、妻は、それが「本気」の愛だなどと思えましょうか?

    この掲示板で、どなたかが書かれていました。
    「不倫は心を醜くする」と。

    凛々子さんは、ご自身についていかが思われますか?

  • 凛々子 より:

    @十五夜さん

    お久しぶりです!!
    レスありがとうござます!

    れおんさん・十五夜さん・玄米さん
    弁護人さん・信頼さん・ミッヂさん・港さん・雪うさぎさん・・・・etc
    お世話になった方のになら、レスしてもいいのでは・・・
    と、考えてしまいました。

    甘えてしまったのも事実。
    やはり、一歩下がるべきでした・・・

    昔、私の職場があった地域は
    まぁ・・・貧しく3割強が
    日本国籍でない保護者を持つ子供や、
    母子・父子家庭が多い地域でした。

    日常的に子供たちへの差別が多く
    頭の痛い思いをしていました。

    「どう、教育していけば良いのか・・・?」

    毎日が道徳教育。
    何よりも、悲しかったのは、差別的発言をするのは
    夫婦そろった保護者の方々・・・
    思い出すのも嫌です。

    ある日の個人懇談会で、素敵な女性に出会いました。
    どの子供たちよりも、立派な子供に育てている人。
    (自分のことを、ままぱぱって言ってました!)
    とても気が合って、仲良くしていただきました。
    (本当はいけないのですが・・・・)
    その時、輝く彼女を見て
    自分も、子供に対して輝く人間でいようと
    思ったのでした。

    どんな教員になりたいか。
    すべての子供たちに愛情を注ぐのは当たり前だけれど
    それ以上に、一人で頑張る保護者を持つ子供を特に応援したいと、
    そんな保護者の人が、安心して働けるような教育現場にしようと
    心に決めたのでした・・・

    そんな思いから書いたのです・・・・・・

    これからの人生を決めるのは自分。
    二度と既婚者を愛さないと誓ったこと、
    結婚観や、やがて生まれてくるであろう
    我が子に対する思いが変わったことも、

    自分が一生懸命悩んできたからだと思います。

    十五夜さん。ありがとうございます。
    私も、また会えて嬉しいです。
    全く知らない人間同士なんだけれど
    なんだか、お互いを良く知っているような感じ
    なんです。ココは・・・

    だから、いつも覗きに着ているのでしょうね!

    @れおんさん

    またまた横レスでした。
    れおんさんに甘えてしまいました・・・

    結局、私自身も
    女性の質を落としてしまった・・・

    こうやって
    いろいろ書いてくださると
    自分自身への問いかけになるし
    日々勉強ができて、心が沈んで
    ぐっとくることもあるけれど、ありがたいです。

    少しずつですが醜かった顔が、
    昔の魅力的凛々子へと向かっています(?)
    もっと・もっと、人に対して
    いろいろと考えてあげられるようになった気がします。

    @ぺんぺん草さん

    初めまして。
    読ませていただきました。
    レスありがとうございました。

  • 凛々子 より:

    @ぺんぺん草さん

    ココへ書くと、迷惑になるといけないと思い
    新たにスレッドを立ち上げました。
    レスが遅くなりました。スミマセン。
    読んでくださると、嬉しいです。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ