トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 別れ > 私にも教えて下さい

私にも教えて下さい

はじめて投稿します。
36歳既婚、2児の父です。
私も先日Wでお付き合いしていた彼女の旦那に関係がバレてしまいました。(私の嫁はまったく知りません。)
彼女の携帯のメールを読まれたみたいです。(確信犯です)
当然内容は体の関係があったこともわかる内容の物も含まれています。
彼女とは半年前に知り合いました。
私は自分を殺してでも相手に合わせてしまうという性格があったことから、窮屈な人生を送ってきました。
当然のことですが嫁に対してもそうでした。
しかし彼女にはそんな性格が現れず、本当の自分で居られたのです。(自分本位かもしれませんが・・)
彼女も同じ性格で、私にあったことで自分で居られると言っていました。
お互いが相手を必要とし今まで続けてきたのですが、この状況になってしまいました。
今彼女が家庭でどういった状況なのか分かりません・・。
ただ追求はされたが普段と変わらないといっています。
シラを切り通しているらしいのですが、普段は直ぐに怒るそうなのですが今回はそれが無いので不気味だと言っています。
突然訪れたこの状況にどう対処していいのか分かりません。
こうゆう経験のある方、私にもご教示願います。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(14件)

  • のぶた より:

    小心者様はじめまして。

    貴方はここに投稿して、何を知りたいのでしょうか?
    貴方と彼女の今後?それとも法的手段を回避できるかどうか??

    もし前者の方ならば、たったらさんが書かれている事がそのまま正解だと思います。”私の嫁はまったく知りません”と言う言葉から、家庭は壊さない解決方法を求めている様にも感じます。(リスクを全く理解せずの行動を取ったからだ!って思われる方の方が多いでしょうね)

    もし後者なら..”確信犯”と言う書き込みから不貞を証明するだけのネタが相手にない(真相はわかりませんが..)と理解しました。

    もし仮に、証明されるほどの証拠がないなら(メールの文面は証明する証拠にならなかったと思います。)不貞の事実は否定し続ける事です。二人で会っていても食事であったり、飲み会であれば、書類上は不貞ではありません。証明できる証拠がなければ慰謝料は発生しません。限りなく黒に近い灰色ですが、灰色状態で通す事ができたなら、今の貴方にとっては最善の選択かもですね?ただ仮に上手く切り抜けたとしても、彼女との関係を断ち切っていなければ、元の木阿彌ですよ。

  • たったら より:

    別に教えるとかそんなことではありませんが…
    そんなことできるわけありませんので。ただ少しだけ。

    現実を見ることです。

    まず彼女との連絡を一切絶つこと。

    奥さんとは窮屈で彼女にはウンタラカンタラ…
    現実にはそんなことは不倫の理由にはなりません。
    それが通じるのはここだけです。
    あなたと彼女が嘘で配偶者や子供を騙し、不貞を重ねてきた。
    事実はそれだけです。

    このまま連絡を取り合ったり、直接会うことは自分の首を絞めるだけですよ。
    もちろん彼女のもね。
    しっかり証拠を取られたらあなたたちに弁解の言葉はもうありません。

    あなたはこの機会に(彼女抜きで)離婚か、このまま家庭を守るか、どちらかに決めるべきだと思います。
    ほとぼりがさめたら大丈夫?は無しです。
    また同じことが繰り返されるだけです。
    ほとぼりがさめるのを待つのなら離婚をした方がいいでしょう。

    一度慰謝料や養育費についてご自分でお調べになっては?
    それから子供への責任についても充分に考えてみるべきだと思います。

    それと平行して今回の不倫に対しても覚悟を決めましょう。
    ご主人がいつもと違うということは、それなりのことを考えての事かもしれません。
    呼び出し、会社への訪問、奥様への連絡、突然の家庭訪問、内容証明での
    慰謝料請求、他、その時オタオタせずに済むようご自分の中でしっかりまとめておきましょう。

    確信犯とはどういう意味でしょうか?
    普段から彼女の行動はご主人に読まれていたということですか?
    ならばご主人が携帯チェックで確認するのは当然といえば当然ですね。
    本当に小心であるならこの先不貞をやめるか、離婚して不貞ではない恋愛をするか
    どちらかにした方が良いと思いますが…

  • べるぼーい より:

    不倫と言えども、危機管理意識の無い方は、そのような結果になります。
    なんであれ不倫は、バレた段階で最悪の場合には裁判沙汰になる可能性
    が大きいのです。
    その意識も無く、バレたから困るでは、冷たい言い方になりますが、せいぜい困って戴くしかありませんね。
    そのような方が、安易に不倫に走るから、世の中に不幸の種を播くような事が起きるのです。
    起きた事を仕方が無いと思うのであれば、後は法律に任せるしかありません。

  • しゃち より:

    小心者さん、はじめまして

    困ったことになりましたね。
    でも、まだ全然序の口です。他のスレッドを読んでみてください。

    >お互いが相手を必要とし今まで続けてきたのですが

    でしたら、慰謝料や養育費など、お互いのご家族が望む以上のものをきっちり用意し、
    責任をまっとうしたうえでお二人の人生を歩まれたらいかがですか?
    お互いが必要といいながら、あなたも彼女も離婚をする気はさらさらないと受け取れるのですが・・・。
    家庭を取ると決めたのなら、今後一切彼女とのかかわりは絶ってください。
    とりあえず今回のゴタゴタをなんとか収めてほとぼりが冷めたら再開し、「彼女といると本当の自分でいられるから自分には彼女が必要」などと同じ言い訳をしないようにしてくださいね。
    たったらさんの仰るとおり、そんなの言い訳にはなりません。

    いずれにしてもあなたが不貞を働いたのは事実です。
    自分の行動には自分で責任をとりましょう。
    今のところ相手のご主人からアクションがないのであれば、静観するしかありませんね。
    その間に心の準備だけはしておきましょう。

  • 小心者 より:

    たったらさん、のぶたさん、べるぼーいさん、レスありがとうございます。
    皆さんのおっしゃる通り現実としてしっかりと受け止めます。
    彼女とは別れることにしました。
    当然ながら一切連絡することも、会うこともしません。
    もちろんこの先不貞はしません。
    こんな辛い思いは二度としたくはありません・・・。
    彼女のご主人が今後どのような行動に出てくるかは予想がつきませんが、どういった状況でもしっかり対応できる術を学んでいようと思います。
    ”確信犯”はあくまでメール上の話で現場を押さえられた訳ではありません。
    ですからのぶたさんにおっしゃっていただいた通り否定し続けるつもりです。
    危機管理意識が無かった訳ではありませんが、薄れていた・・というより低かったと言うべきなもかもしれなせん・・・。
    こんな私ですから当然も報いなのでしょう。
    今はただ今後訪れるであろう数々の報いに小心しています。

  • 小心者 より:

    しゃちさん、レスありがとうございます。
    先ほど他の皆さんへ返信した通りです・・。
    皆さんからいただいたご意見、心に刻んでおきます。

  • ぽり より:

    一体小心者さんはどうしたいのでしょうか?奥さんにはまだバレてないからこのままバレずになんとかなって欲しいわけでしょう?お互いがお互いを必要とし、本当の自分を出せるかけがえのない関係ならばいっそ双方にばらしちゃって二人で責任とって一緒になったらいいんじゃないんですか?「自分を殺してでも相手に合わせてしまう」ってことはもともと望んでした結婚ではなかったんではないですか?やりなおすなら早い方がいいですよ。それともただ単にゴタゴタになることが面倒ならば、そんな対処法なんてありません。責任をとるのが当たり前。

  • 小心者 より:

    ぼりさん、レスありがとうございます。
    一度は嫁に話していまおうかと迷いました。
    今後の成り行き次第ではそうすると思いますが・・・。
    ただ彼女とは一緒にはなりません。
    家庭を守ります。
    家族を守ります。
    これから先ずっと・・・。
    ご教示ありがとうございました。
    ぼりさんを含めレスを下さった皆さんからのご意見しっかりと受け止めます。

  • momo より:

    小心者さん教えてください。「家庭を守る・家族を守る」って言い切れるのになぜ不倫しちゃうんですか?それほどに大事なものがあなたにあるのに・・・あなたに必要なのは彼女だと思って付き合っていたんですよね教えてください。あなたの本音を

  • 小心者 より:

    momoさんレスありがとうございます。
    スレでお話した通り私は相手に合わせてしまう性格があります。
    妻と出会った当時はこの性格を出さずに接していました。
    自分の本音を打ち明けられていました。
    それがある一言から性格が出始めたのです。
    それは妻に”あなたを私色に染めて行くから”と言う言葉からでした。
    私の意見には耳は傾けるけれども反応はなく、最後に”よくわからない”と一言。
    自分の意見に対しては私に同意を求め、迷っていると”まじめに考えてくれてる?”の言葉。
    で、意見すれば”やっぱり自分の思った通りにする”とゆう状態でした。
    こんなことが繰り返される内に妻の意見や行動に合わせていくようになりました。
    夜の生活にいたっても、上の子が産まれてから指一本触れさせることなく、”嫌だからしない”の一点張りでした。
    子供も一人では可愛そうでしたし、せめて後一人と思い妻を説得していましたが断固拒否でした。
    その後はもう子供のことを口にしないようにしていました。
    6年後妻の方から二人目考えててと一言。
    妻に対して、こんなにも気を回して生活していかなければならないかとある意味憂鬱になっていました。
    自分勝手な取り方かもしれませんが・・・。
    そんな時に彼女に知り合い、この話をしました。
    彼女もまた、家庭で自分が必要とされていないと悩んでいました。
    初めはこう言ったお互いの家庭での状況を話したり、相談したり
    世間話をしていましたが、ふとした時に彼女には何の気を使うことなく話をしている自分に気が付きました。
    それがすごく心地良く感じました。
    彼女にその気持ちを伝えると彼女もまた同じ気持ちでした。
    それが始まりでした。
    そして今この状況になりいっそのこと”彼女と”とも考えたのですがやはり子供達の顔を振り払うことが出来ませんでした。
    子供達の為にも、昔の妻との関係(何でも話せる関係)に戻れるよう頑張ろうと思いました。
    妻と話会おうと思いました。
    彼女のことは決して置き去りにした訳ではありません。
    彼女と話合いこれ以上関係を続けることは出来ないからお互い
    家族の元へ戻ろうと決めたのです。
    これが本音と事実です。
    長々と述べましたが私の思いに対するご意見お聞かせ下さい。

  • DRY より:

    こんばんわ。

    頑張って下さい。家庭に、家族の元へ戻るのが一番良いのです。そして、戻る場所があること、幸せなんですよ。

    確かに、本音を言えない関係は疲れますね。もっと自信を持って下さい。貴方はしっかり働いて、稼いできて、養っておられるんですよね?パートナーの話にも耳を傾けられない妻など夫婦、結婚ではありません。ただの同居人です。ただの同居人とセックスして子供ができて産まれただけです。

    結婚は「妥協・惰性・我慢」で成り立つのが一般的かもしれません。でも、そのストレスの矛先が「浮気」であれば、浮気をしたものがすべて悪くなるのがこの世です。

    これがいいキッカケになったと思って下さい。
    これをいいタイミングにして、妻に歩み寄り、涙を見せながらでもいいので自分の本性(本音)を聞いてもらって下さい。そこからまたやり直せばいいのです。

    この際、酷な言い方ですが彼女を置き去りして下さい。彼女も自分の立場をわかっていながら不貞をした。それで貴方と最後がこんな形になってしまったが、それは自業自得です。

    貴方は一家の主です。大黒柱です。もっと堂々と、父親の威厳を捨ててはなりません。

    ちょっと色々なシガラミとストレスに魔がさしただけです。これから仕切り直しですから今後一切の連絡や接触は断ち切りましょう。戻ると決めたなら、全力で妻子を守り、心を鬼にして下さい。がんばって、がんばって。

  • Yoshi より:

    小心者さん(何だか言いにくい名前ですけど)はじめまして。
    相手に合わせてしまう性格・・・・何となく私にも理解できるような気がします。私もその傾向があるかもしれません。
    争いを好まない・・・というより争いごとや決断が面倒なのではありませんか。
    自分を殺してその場が丸く収まるならそのほうが楽・・・と考えてしまう。ある種のずるさです。
    ただ、それを繰り返しているとだんだん人間関係が対等ではなくなってきます。
    何も言わない小心者さんに対して奥さんはイライラしているかもしれません。そしてより一層サディスティックな気持ちになってゆくのです。
    「家族を守る」ということ、責任を持つ、ということはまず奥さんと気持ちの上で対等にならなければなりません。
    衝突を避けていたら、ますます心が離れていきます。
    違う境遇で育った者同士が暮らすのですから衝突は当たり前です。
    会社や仕事上の衝突とは違い、家での衝突は辛いですが、それを乗り越えないと仮面の家族になってしまいます。
    どうぞ、イヤなことはイヤ!と言うように努力してみてください。でないと、誰と一緒になっても同じことの繰り返しです。
    それと、そんな感じですとおそらく、家庭内のことは全部奥さんが仕切っているのではないですか?
    買い物の付合いから旅行の計画、貯蓄のことまで全て奥さんの段取りで、小心者さんはそれにただ乗っかっているだけでは?。
    試しに、小心者さんから提案して旅行を計画してみるとか、もっと積極的に家庭に関わってみてはどうでしょう。
    きっと雰囲気が変わってきますよ。

  • たったら より:

    小心者さんのレスを読んで、どちらの気持ちもわかるような気がしました(苦笑

    >”あなたを私色に染めて行くから”

    奥さん、正直者でへたくそだったなぁ…と。白無垢を着て旦那様の色に染める…
    これって結婚式の時だけ、もしくはその後ちょっとの間。多くの女性がそんなものです。

    私も結婚生活の長い時間をかけて変えてしまいました。それとなくなんとなく。
    夫が育った環境の好みから徐々に私のやり方にね。
    夫を私の色に染めてきたのですね、きっと(笑
    夫が先日言いました。「それが家庭円満の一番の秘訣なんだろうな。つくづく思ったよ。
    我が家は奥さんが一番エライのが平和だって事。うまくいってる家庭は何処も奥さんは偉そうだ、
    わっはっは」
    私は夫から見ると相当偉そうな態度なんでしょうね。小心者さんの夫婦の会話など
    我が家そのものでした。(笑
    地位も名誉もある程度ある夫はよく言ってました。
    「俺に命令するのはあんたくらいなもんだ」夫も私に抵抗を試みたようですが
    私が受け付けなかったんだろうなぁ。いろいろありました…
    その結果の夫の言葉です。で、それが我々夫婦の歴史でもあります。

    でもね、妻も本気で子育てをし家庭を守ろうとしたら強くなってしまうのです。
    強くなきゃやっていけない部分が多い。ヘンな所に強くなってしまうってのが問題なんですけど。
    小心者さんを信じ、浮気など出来る人ではない、する人ではない、だからこそ
    この人を選んだと安心しきっている奥さんに理解してもらうのは簡単なことではないでしょう。

    嫁姑のいさかいも、近所のしがらみも、子供の問題で頭を抱える必要も、面倒なことが無く
    秘め事を共有している
    彼女との間と、さまざまな問題を抱え込んだ夫婦のあいだで理解しあうのとでは
    必要なエネルギーが全然違うでしょう。が、どうぞ頑張ってくださいね。
    家庭生活の雑事と安心でどうしても忘れてしまう心遣い、何といっても話し合いは大切です。
    もしかしたら気が遠くなるほどの時間が必要かもしれませんが…

    それから夜の生活。男と女の違いが出ますね。多くの女性は子供を生んだら
    夜の生活が嫌になります。嫌になるというより、そういう時間があったら眠りたいのです(笑
    子育てを本気でしたら、自分が気付かないほどの莫大なエネルギーを使っているのでしょう。
    そして多くの女性はセックスなしの生活に慣れることが出来ます。
    男性は違いますね…これこそが夫を不倫へ走らせる一番の理由なのでしょうが、
    子育てに頭が一杯の女性は気付かないのです。
    これもお互い理解しあうのは大変なことです。

    夫婦となるのは大変なことですね。小さな愚痴と大きな腹立ちの積み重ね。
    でもね、奥さんだって小心者さんに染められてる部分はきっとあるはずなんです。
    小心者さんに何かあったら必ず奥さんは必死で立ち向かってくれるでしょう。
    どうぞ、頑張ってくださいね。応援してます。

  • しゃち より:

    小心者さん、こんにちわ

    あなたのお気持ちを読み、耳が痛いです。
    私は既婚の彼と不倫中ですが、まさに小心者さんの奥様と同じような独裁者です。愛人のくせに(^^ゞ
    そして言い訳ですが、その心中は、Yoshiさんの仰る
    >何も言わない小心者さんに対して奥さんはイライラしているかもしれません。
    >そしてより一層サディスティックな気持ちになってゆくのです。
    まさに、これです。
    何を言っても明確な反応がない。
    私に合わせてくれていると言えば聞こえはいいですが、どっちつかずでイライラしてきて、言い方はどんどん詰問調になっていく・・・。
    穏やかに自分の意見を主張してみる努力をしてください。
    奥様も少しずつ変わってくるかもしれません。

    >彼女には何の気を使うことなく話をしている自分に気が付きました。それがすごく心地良く感じました。

    それはね、彼女との間には面倒くさいことが一切ないからですよ。
    単純に居心地のよさだけを求めることが出来るからです。
    そして彼女もただ単純にあなたに同意してあげることが出来るんですよね。
    それは「日常生活」が絡んでこないから。
    あなたが「日常生活」の面倒から彼女に逃げるなら、奥様はどこに逃げ場を求めればよいのでしょう。

    縁あって結婚し、お子さんに恵まれて家庭を築いてこられたのですから、奥様ともっと腹を割って話しあってください。
    まだまだこれからですよ。
    頑張ってくださいね。

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

▲ このページの先頭へ