トップページ > みんなの不倫手記ブログ > 気持ち > 離れてみる

離れてみる

報告です。

私、彼から離れてみることにしました。
別れたんじゃなく、離れたんです。

みんなもそうだと思うけど、
不倫は・・・本当に気が狂いそうになる。

一緒にいられない時間は、街を歩いても電車に乗っても家にいても
何をしていてもめそめそないたり、いらいらしたり。
見えない敵(?)におびえたり嫉妬したり、期待したり絶望したり、
劣等感や罪悪感に押しつぶされそうになったり。

もう普通の精神状態で入られなくて、
精神病なんじゃないかと思えるような、
そんな醜い自分がとっても嫌でしかたない。

彼に想いをぶつけてみては後悔して、想いを伝えられなくても後悔して・・・。
もうどうしようもない精神状態。
別れたくない、別れたい、その繰り返し。

だから、ここ1ヶ月かけて悩んで、考えて、
彼とも話して、離れることにしました。

彼は、こう言いました。
「俺のことを待っていてくれ。
今すぐは離婚はできない。子どものことがあるから。
けれど、今の結婚で自分はとても不幸だ。君と幸せになりたいんだ。
俺たちは、絶対に幸せになろう、だから、待て」と。

私は、彼を待とうと思っています。
ただ、嫉妬と寂しさと切なさと苦しみの中で、もだえ苦しみながら、何年も何年も待つのは無理。
だから、離れて待つ、これを選びました。

離れて、冷めるような気持ちなら所詮そんな程度のものだし。
離れても、お互いが想いつづけ、それぞれやるべきことをやり、
時が満ちて一緒になれるなら、それは本物の愛かなって思ってます。

世間に何を言われても、私は幸せになりたいから、彼を幸せにしたいから、
彼と一緒になる道を選びます。それが何年後であっても。
その日が来るまで、優しい気持ちでいたいから、だからあえて離れます。

正直まだ、
彼と離れたこの生活を受け入れがたく、苦しんでますが、
それでも、彼だけを想い、愛し、彼の息子の成長を願い、
自分自身も成長して、そして、彼を信じて続け、
待ってみようと思ってます。

いろんな選択を考えました。
でもね、一度きりの人生、
かけがえのないたったひとりの男性、
こんなにも愛し合っている、
それを諦めるのはどうしてもできない。

人に話せば、
「離れて待つ、なんて無理だよ」と言われるだろうけど、
やってみます、私は。

優しい穏やかな気持ちで暮らし、人として努力し、
彼も男として息子に対する責任をちゃんと果たし、
そして、その後に約束どおり結ばれる。
そんな日のために、美しい女でありたいです。

タトゥーを入れたいな。
彼のイニシャル 身体のどこかに小さく、
この愛の証に。

こんな選択をした、
私でした・・・

この手記の評価

下の★をクリックする事で、この手記を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中...

<< みんなの不倫手記トップページ >>

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ