トップページ > 不倫の悩み相談掲示板 > 気持ち・不安 > 付き合って3年目の既婚彼との未来について

付き合って3年目の既婚彼との未来について

既婚で子供持ちの彼と付き合って3年になります。

始まりは元同僚でした。
酔った勢いでキスしたことから、割とすぐ体の関係になり、彼女と言われるようになりました。
会う頻度は週に1回、半年に1回は1泊の旅行に行ったりします。

ただ、彼は「嫁も別れるつもりはない」と言います。
「嫁から去らない限り、離婚はしない」と。
以前、「このままこの関係は変わらないんだよね?」と聞いたところ、「結婚したいなら消えるよ」と言われました。

彼のことが大好きですが、未来のないこの関係性に意味が見出せなくなってきています・・・。
彼はきっと好きでいてくれてるし、嫁とはほぼしてないセックスができるから私と付き合ってるんだと思います。
彼から別れ話はされたことありません。
ずるいんです。

おそらくこのまま付き合っていても、彼の隣で堂々と歩けるような人生が来ないことは確かです。
ただ、どうしても離れられないんです。
最低な男だとわかっていても、結婚できないこと以外に全く不満はないし、彼が大好きです。

どう頑張っても彼との未来なんかないんでしょうか・・・。
また、不倫恋愛から別れた時、自分が立ち直れる気がしません。
もし別れたとしても、どれくらい悩めば楽になるんでしょうか。

この悩み相談の共感度

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談掲示板 >>

コメント(4件)

  • まつ さん
    2016年9月22日 08:07

    相手からすると結婚しているのを知ってる上で付き合っていること、離婚の意思はないことを伝えていること、それでも性的な関係を続けているあなたのことはセフレのようにしか思っていないです。
    まず、本当に大切なら奥様から慰謝料請求されるような立場にはしないですよ。
    さっさとお別れして、新しい独身の男性を探されるのが一番いいかと思います。

    評価 Thumb up 2 Thumb down 5

  • ふーさん さん
    2016年9月22日 21:17

    ちはるさんの年齢が幾つかわかりませんが、将来は誰かと結婚して子供をもうけたい、とか考えているのなら、今すぐ彼と別れないと後悔されるでしょうね。

    彼との未来がどいういうものでも良ければあるんじゃないでしょうか。既婚者と何十年も関係を続けている人だって実際いますよ。ただ正式な奥さんになりたいというのなら難しいと思いますが。

    どうしても離れられないとか別れたら立ち直れないとか書かれていますが、ご自身の思いこみの部分は無いですか? 重い言葉を簡単に口になさるよりじっくり分析してみませんか?

    評価 Thumb up 1 Thumb down 2

  • ヘルシア さん
    2016年9月22日 22:57

    付き合ってる意味ないな、将来ないな、と思い始めたら別れどき、もしくは、落ち着いて別れ方も考え始めるべき時期だと思います。少なくとも、何のために続けるのか、自分の選択の是非を冷静に考えはじめられたらいいと思います。
    不倫は、会えなくて切ない時間の中に所々彼との情熱的な時間があって、心のバランスが保たれると思うのですが、いまの状況は、情熱が落ち着いてきて、切なさが勝ち始めてる時期なのではないでしょうか?
    そこで、別れた場合を想像すると、心にとってプラスになる彼との時間がなくなり、すべてが切ない時間になるイメージが心に浮かびますので、別れられられない、という結論になってしまうと思います。
    が、彼以外の人と付き合った場合、切ない時間がなくなり、すべての時間がプラスになりうる、ということを、頭の片隅にでもおいておいて下さい。彼と一緒にいても、そういうことは、決してないですから。

    評価 Thumb up 3 Thumb down 5

  • じゃがりこ さん
    2016年9月23日 12:07

    ヘルシアさんのおっしゃる通りだと思います。

    ただ、略奪婚を考えるかたは、その全ての時間がプラスになる相手は他の誰でもなく彼であって欲しいというところから、略奪婚を考えるのですよね。
    彼と結婚出来たら、ヘルシアさんの言われるように、今の切ない時間もプラスの時間になり「全ての時間がプラス」になります。
    「全ての時間をプラスにしたい。」と願うからこそ略奪婚を願うし、ほんの少しの望みでもあるのなら、そこに賭けようという気持ちにもなるのでしょう。
    傍からみて、「そんなのリップサービスだろう。」「いずれ別れようと思っている相手、妻にできない相手だからこそ、後ろめたさや相手への気の毒さもあって、プレゼントや、旅行もするのだろう。」というような事事に、「略奪婚できるわずかな望みや、略奪婚できる確証」を見てしまうのが、不倫する女性というものなのですね。

    そのような事事に「略奪婚できるわずかな望みや、確証」を得ているうちは、自分のほうから別れの決断はできなのだろうな、と思われます。
    亡くなって冷たい身体に手を当てると、掌にわずかな暖かさを感じます。それは自分の掌の暖かさの反射なのだと説明されても、でも、「まだ暖かい。死んでいない。」としか思えない暖かさなのですよ。
    亡くなったのが愛しいひとならなおさら。思えない。
    「略奪婚できる望み、確証」というものも、そのようなものかもしれません。

    先のことは誰にも解りませんが、客観的に見れば、ちはるさんが彼と略奪婚できる可能性は、かなり低そうですよ。

    評価 Thumb up 2 Thumb down 6

不倫恋愛の未来を知りたくありませんか?[10分間無料鑑定]

コメントする

コメントの受付期間が終了しました

悩み相談はコチラ

Pick UP 不倫書籍

他の人気コンテンツ

▲ このページの先頭へ