トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 別れ > 友達の夫と不倫

友達の夫と不倫

不倫なんて最低のことだってわかっている・・・。
ここにいる多くの方もそう思っていると思います。
不倫なんて望んでしているのではないって。

私自身も昔彼氏に浮気されて、彼女の立場でのつらさを十分わかっています。
それなのに、今私は、奥さんのいる人と関係を持ってしまっています。
それをふり返るたびに、自分がなんて最悪な女なんだと思います。

でも、平日は仕事が大変で大変で、そこで色々な悩みを抱えていて、それを助けてくれる、慰めてくれる、職場が一緒の既婚彼との時間が必要で、その最悪な女であることを忘れようとしています。

そして、私のもっと最悪なことをここでは話をさせてください。
周りには誰にも言えません。

その奥さんは、私の友達です。
はじめに奥さんと友達になりました。
その奥さんはとても素敵な方で、私は大好きで尊敬できる人でした。
5年くらい前に知り合って、色々と助けてもらって今でもとても感謝している友達なのです。
(それなのに、私は最悪ですね・・・)

そのときに家に招かれて、そこで旦那様(今関係を持ってしまっている人)と知り合いました。
でも、そのときは全く関係ない人でした。

それから5年くらい、その旦那様とは会わなかったし、ただの友達のご主人でした。
でも数ヶ月前に、その人と職場が一緒になったのです。
私は知り合いということで、その当時は単純に嬉しかっただけです。

でも、その彼が私に好意を持ち始めて、その気持ちを打ち明けてきました。
私は、「ありえない!」と思いました。
その人のことを何とも思っていなかったし。それより、「私の友達の旦那様でしょ、何言っているの!?」という感じでした。

でも、私はその仕事を始めたばかり、新しい環境で、不安な状況で、その彼は私よりずっと先輩で色々と教えてくれました。
他の人に聞けないようなことも聞くことができました。
悩んだことも身近に感じる彼には相談できました。

仕事がすごくつらくて、そんなときに、彼が「頑張って」と抱きしめてくれて・・・
私はそれだけですごく大きな力をもらうことができました。

それからずるずると関係が深くなってしまいました。
彼が私をすごく好きになってくれていることは伝わってきました。
ただの遊びなのかもしれないと思って何度も話をしましたが、そのたびにきちんと話をしてくれる彼のことを信じるようになりました。
彼もこの状態が、不道徳であってはならないことをわかっています。
でも彼は私のことを好きになって、その気持ちをどうすることもできないと言います。
私も人の気持ちは中々コントロールできないと思います。それは仕方ないと思います。
でも、行動はコントロールできますよね・・・。
今はその行動もコントロールできずに、考えたくないとこは考えずにいる最悪な私です。

奥さんがもしこのことを知ってしまったら、そのときのつらい気持ちを考えると、私は悪の塊りです。
でも、自分もつらくて、今、彼の存在が私の色々なつらい気持ちを癒してくれるのです。
週末のたびに、「これではだめだ・・・」と思って、やっぱりやめようと彼に言うのですが、彼はもちろん、私もそれができなくて、また1週間たちました。

どうすればいいのでしょう・・・?って聞けば、やめるしかないっていう答えが返ってくるのかな・・・。
自分が強くなって、仕事がつらくても自分の足で立てればいいのです。
でもそこに救いの手があるとき、自分だけで頑張らなくてもいいような気がしてしまうのです。

こんなこと誰にも相談できません。
せめて、その人の奥さんが知らない人だったら、まだよかったかな・・・。
奥さんが自分の友達なのに、その旦那様と関係を持つなんて、本当に信じられないくらい最悪です。
周りの人は誰も味方になれないくらい酷いことです。
それをわかっているけど、どうしようもできずにつらいです。

どんなことでもいいから一言ください。
お願いします。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(14件)

  • べるぼーい より:

    自分が強くなるしかありません。
    社内不倫は、いまやどの企業でも、御法度です。
    でも、その会社の事情を知らないあなたに対して、そのような行動に出るとは、情けない方ですね。
    あなたの出方次第で、普通の状況に戻ればいいですが、難しいですね。
    最悪に場合、すべてを捨てる覚悟で、事に望むしか無いでしょうね。
    それが、出来なければ、いまのずるずる関係が続きますよ。
    要は、あなた次第です。

  • 辛口 より:

    彼の優しさは、最初から下心ありの優しさですよね。
    あなたの弱みに上手くつけこんだだけです。
    それって本当の優しさ、いい人じゃないです。
    そういう人は、自分の都合が悪くなったら、
    手のひらを返したように冷たくなります。
    結果、あなた一人を悪者にして、
    あなたは全てを失うことになるかもしれません。
    自分を甘やかしている以上、
    最悪の結果にならないと駄目なのかもしれませんね。
    友達である奥さんがお気の毒ですが・・・

  • toto より:

    恋って、思いがけずスポーン!と堕ちてしまうものだから、
    仕方ないじゃないですか。

    それに人を愛することは素晴らしいことです。
    家庭があるからといって、愛情をすべて家庭にだけ振り向けるのは、
    なんかケチくさいようにも思います。
    だから、そんなに自分を責めないでください。

    ・・・とは言いましたが、
    奥様の立場は守ってあげたいとお考えのようですから、
    今は仕事をがんばって、彼から吸収できるものを吸収し、
    それを糧にキャリアアップしていくのが現実的なのではないでしょうか?

    彼も奥様に誠意があるならば、
    バレないように細心の注意を払っているでしょうし、
    そらさんも、そのようになさっているでしょう。

    奥様に対して誠意と敬意を持っていらっしゃるようなので、
    最低なことにはならないと思います。
    あとは、彼と出会えたことを純粋に喜び、愉しみ、
    そして幕引きまでキッチリ計画することでしょうか?

    普通の恋愛と違うのは、「幕引き」をちゃんと計算に入れないといけないことだと、私は思います。

  • Z より:

    彼はどの位私を好きなのだろう?
    彼は好きだと言って抱き締めてくれる。
    でも奥さんと別れるほどは好きでは無い。
    かれは私とセックスをしてくれる。好きでも無い相手とセックスなど出来るはずが無い。
    でも家庭は壊すほど好きではない。
    本当に好きなら奥さんに全て話して離婚してくれるはず。
    いや違う。
    私だって奥さんにばれてゴタゴタしたくない位の好き。
    相手の奥さんに怨まれたく無い位の好き。
    世間に友人をも裏切る酷い女だと思われたくない位の好き。
    でも私達はそれを奥さんを思っての事だと自分達に言い訳しながら関係を続けている。
    本当に罪悪感が有ったらこんな事は出来ないはずなのに。
    悪い事をしていると分かっていながら、別れる事は出来ない私。
    でも私は本当に悪いと思っているのだろうか。
    そう思わないと自分が酷い人間だと自分で思ってしまうのが嫌だ。
    「私は奥さんに酷い事をしているけれど、いつも罪悪感は持っているよ。」
    よしこれでいい。少しは心が楽になった。

    今日奥さんに会った。
    まともに顔を見られない。
    「あなたの旦那様に抱かれているのよ。もうあなただけのものでは無いのよ。私の事を好きなのを知らないの?」
    駄目だ。こんな事を思っては駄目だ。
    罪悪感をもたなければ私が酷い女に見えてしまう。

    でもどうして別れられないのだろう。
    それは仕事も支えてくれたから。
    彼の事が好きだから。
    いや違う。また自分に言い訳をしてしまった。
    別れる気が無いだけだ。
    悪いと思いながらも友人の夫と関係をもてた私が、やって出来ないはずが無い。
    別れようとしないだけだ。
    いけない、いけない。またこんな事を考えてしまった。
    友人の旦那と平気で関係をもてて、その友人とも平気で会える女だと自分で気付きそうになってしまう。
    「そんな事は無い。私はそんな女ではない。罪悪感も有るし、凄く苦しんでいるのよ。あなたは何も知らないから何も苦しくはないでしょ?」
    よし、これでいい。
    これでもう少しこのままの関係を維持出来そうだ。
    奥さん。私は罪悪感をもっているからそんなに酷い女ではない事は分かってね。
    罪悪感が有ろうと無かろうと、あなたを裏切り、将来苦しめてしまうかも知れない事にはかわりないけど。

  • とおこ より:

    そらさんのケースはどこにでも転がってるありふれた不倫です。
    別に特別なことじゃないです。
    社内不倫は結構周囲にばれるものです。
    一人で罪悪感に陶酔するのはいいですが、結局不倫はどれも似たような結末を迎えます。
    職場で不倫がバレて割を食うのは大体女性側。
    そらさんは不倫彼と仕事と友人を一度に失うことになりますね。
    ちょっと頭を冷やしたほうがいいような気がします。

  • 美華 より:

    私は奥さんと似た様な事を経験した者です。幸い夫は不倫の愚かさに気付き、夫婦とのやり直しを選び、私と一緒に夫婦を立て直す努力しています。

    取り敢えず、相手に焦点を絞ったコメントですので御了承下さい。
    ぶっちゃけ言えば、その相手は私の友人だったのです。いや、元友人ですね。相手を友人だと信じていた私の友情は不倫が発覚した瞬間、一瞬にして人生最大の汚点になりました。
    発覚した時の気分と言えば、なぶり殺しにしても殺し足りない位の憎悪に見舞われましたね。そこで相手が少しでも反省していたり罪悪感に駆られていたら、そんな感情も多少は和らいだ“かも”しれませんが。
    友人として心から信じ、可愛い妹分として接していたのに裏切られた傷は一生治りそうにありません。一生、ね…。

    貴女はもう、奥様とは友人でも何でもありません。只の裏切り者。奥様に少しでも悪いと思うなら、貴女自ら友人の名乗りを降りましょう。不倫を止めたところで、今更友人に戻れるなんて思わない方が良いですよ(思ってないでしょうが)。
    奥様はまだ気付いていないかも知れないけど、本能的の部分で多少でも違和感を感じているとは思っていた方が良いですよ。私がそうでしたから。

    貴女は奥様の辛さを想像出来るのに、彼と別れる行動に出ない。という事は、本当の意味で奥様の辛さを理解していないという事です。
    本当に理解出来た時、不倫は終わりを告げ、偽の友情が崩壊するでしょう。

    きつい事を書きましたが、貴女が少しでも奥様の心情を理解する手助けになれば…と思います。

  • りこ より:

    私も友達のダンナさんから想われてました。
    たまに友達から「あなたのこと好きなのかもよ?」なんて聞かれて。
    でも何とも想ってなかったんです。だって友達のダンナさんだから。

    たまーにダンナさんだけで家に来る時もあったんで、二人で飲んでました。私バツイチなんで。
    家には子供もいるから、ただ飲んで喋るだけ。
    でも一回、友達が泊まりでいない晩に飲みに来て、キスされました。
    そっから奈落に一直線ですねー(笑

    彼が欲しいと思うけど、友達も大事で、でも好きで、どうせうまくいかないしって考えて、彼は私を選ばないだろうって思うし……
    つまり全然まとまらなくて、堂々回りを繰り返すだけ。

    最終的にはやめました。
    バレた時に友達がどんなに辛いだろうかって考えたのと
    私と彼じゃ幸せになれないなって思ったから。
    ものすごく辛いけど、最終的には意志の力かなー?
    今でも好きだし、ゆうべは夢で見ちゃいましたけど(笑

    >>でもそこに、救いの手があるとき、自分だけでがんばらなくてもいいような気がしてしまうのです。

    そうですねでも最終的には自分でがんばるしかないですよ。
    自分にとってベストの選択をしてくださいね。

  • ちびび より:

    >私も人の気持ちはなかなかコントロールできないと思います。それは仕方ないと思います。でも、行動はコントロールできますよね・・。今は、その行動もコントロールできずに、考えたくないとこは考えずにいる最悪な私です。

    考えたくないことは考えずにいるっていうことは
    気持ちがコントロール『できている』ということでは?

    できないのはしたくないんでしょうね。
    そらさんが考えている以上に気持ちが汚れてしまっているかもしれませんよ。

  • みわこ より:

    こんにちは。
    不倫そのもののこととは少し違うお話で、しかも辛口ですが…。

    好きになる気持ちはここで誰に止められたって
    そらさん自身で止められない時は止まらないからあまり責め続けないでもいいかもって思いました。
    ここでいっぱい吐き出して、お返事の書き込みを心のどこかにとどめておけば、
    将来その時が来たときに大きな支えになってくれるかな?と思います。(私が既婚の人とお別れしたはそうでした。)

    >平日は仕事が大変で大変で、そこでいろいろな悩みを抱えていて、それを助けてくれる、慰めてくれる、職場が一緒の既婚彼との時間が必要で、

    そらさんは中途か派遣で仕事に入られたんでしょうか?
    長くいる人より今はきっと大変ですよね。お察しします。

    女でも男でもいい仕事をするのってすごく大変!
    でも、だからこそ男の人の力を借りてそれをなんとかしようとするのはやっぱり「う~ん…」と思います。
    私も不倫したからこんなPTAみたいなこと言えないんですけど、「会社の男の人」にはよりかかりすぎないほうがいいかも…。
    抱きしめたりそういうの抜きでもね、会社の他の人々は助けてくれませんか?
    恋愛感情は別として、仕事のことは他の人々にもどんどん頼っていいんじゃないかな?
    そうじゃないなら会社の人間関係が問題ありだと思います。

    それにしても女の私が言うと嫉妬っぽいですね~☆(・_・;)
    こちらの男性陣のコメントの方がいいかな?とも思いました。

    不倫に踏み込んでしまったらことの是非を問いなおしてもしかたがないのかもしれないって私は思います。
    善だろうが悪だろうがもう犯してしまってるから。
    その先をどうするかしかないのかもって思います。

    お互い大好きなのに別れるのが苦しいことは、
    ここの方々はみんなわかっていらっしゃると思います。
    大切なお友達とそれよりなにより大切なそらさんの人生、
    時間をかけて考えてみてくださいね!

  • きらり より:

    最悪、最悪・・・と罪悪感を前面に押し出してますが・・・本当にそう思ってます??

    >どうすればいいのでしょう・・?って聞けば、やめるしかないっていう答えが返ってくるのかな・・。

    ってことは、やめたくないってこと・・・?と思ってしまいました。

    人にどう言われても、やめる気がないならどうにもなりませんよね。。。

  • 雪うさぎ より:

    そらさんはじめまして。

    答えの出ないまま、ここまで来てしまった。

    自分の意思で来たんだ、と云われたら、ソウかもしれない。
    流されていただけ、と云われたら、ソウかもしれない。

    わからない。何も。

    でも、ね。
    時間は進んでる。

    いま。

    “みる”ときに、きてるんじゃないかな。

    みようとしていない、もの。
    みたくないとさけてる、もの。

    現実は、現実でしかない。

    みなさんのレスを、受け止めてね。
    痛くて痛くて読めないかもしれない。
    でも。
    読んで欲しい。。そらさんの、ために。

    そして。
    自分を大切に。。ね。

  • 瑠璃 より:

    この恋愛は、一時の逃げ場みたいなものですか?
    それとも、将来を見据えた軌道修正中の恋愛ですか?

    どんなに甘くきれいな言葉で飾っても、彼が離婚しないのなら、もう先がない関係ですよね?
    でもお互い自らの力で別れを決断出来ないということは、
    結局ずるずるやってるうちに強制終了になる可能性が高いです。
    つまり、職場で怪しまれる、奥様にばれる、など。
    そうなったらもう遅いんですよね・・・・

    私は最悪の修羅場になる前に、けじめをつけた方がいいと思います。
    社内不倫の修羅場って普通の不倫のよりも厄介です。
    その上奥様と仲がいいっていうのだから、あなたの抱えているそれは、とんでもない爆弾なんですよ!

  • タバスコ より:

    女同士の友情って、なんなのでしょうね。
    男同士でも、こういうことってあるのかな。

    向田邦子の「あ・うん」では、友人の奥様を密かに慕うものなのですが、決して気持ちをうち明けることはない。そして、旦那様が、その気持ちを察していて、「生まれ変わったら、今度はおまえたちで、いいぞ」って。かっこいいな~って思いました。本当の友情ってこういうものだと思いました。

    その旦那様は、そういうことをする、それだけの人です。
    そして、貴方は彼女を友達とは思っていなかった。
    そういうことではないかな。

    別れるかどうかは、貴方の心が決めることです。
    社内不倫という、かなり危険なおまけ付きですが、
    全てを失っても良い、という覚悟なのでしょうか。
    仕事が大変でそれを助けて欲しい、と言いながら、
    その仕事を失うような事をしている。どうも、不可解です。
    悔いのない人生を。

  • さや より:

    そらさん、大丈夫ですか?
    そらさんはご自分でわかってますよね。自分の立場、彼がどんな人か、奥様のこと、・・・こんなに苦しそうな文章を書いていらっしゃるのだから。それでも動けないんですよね。
    きっと、この掲示板に書き込むことを、彼から離れるきっかけにしたかったのではないかと。

    皆さんが書いてくださった言葉を、彼から心を離して、冷静な目で見ましょう。自分を大切にしてください。自分を大切に行動することは、そらさんの周りの人も救うことだと思います。

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

▲ このページの先頭へ