トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > 浮気 > 彼女に別の不倫彼

彼女に別の不倫彼

はじめまして。
僕は32歳の男で妻子ありです。

年上の女性と不倫しています。
相手の年齢は聞いてません、聞かない事にしてます。
たぶん14歳上だと思います。

付き合って丸2年ですが、一昨日、他に彼氏がいて何年と付き合っているんだと言われました。
彼女は既婚で子供も2人いて、(ただし旦那は単身赴任、子供は大学生で下宿生活)既に不倫していたんですね。
まあ、自分のことは棚に上げてはいけないけど、正直ショックでした。

僕に対しては嫌われてもいいからって、思い切って告白してくれたようです。
実は薄々気づいていました。受け止めるつもりでした。
彼女はその彼氏との関係ですごく悩んでいます。
しかし僕のことを好きと言ってくれてます。お互いに、癒しあう関係です。

今、自分自身とても混乱しています。
彼氏がいるのは覚悟の上だったけど、この時間にもたぶん彼氏と一緒なんだなって思うとたまらない気持ちです。
泣けてくるっす。でも彼女には平気だよって強がってます。

全然訳わかんない文章ですいません!
自分の身勝手さもよ~くわかってます!
不倫するヤツなんて最低だ、俺は絶対そんなことしない!って思ってたのに。
う~ん… でもしてしまった!
勝手な話だし、カミさんにもすまないんですが、誰かに聞いて欲しくて!

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(4件)

  • アルケミスト より:

    おつかれさまです。
    人には人それぞれいいところがあり、どれも魅力的なものです。
    夫以外の彼氏を複数持つ 不倫妻さんは多いようです。
    彼氏一人だと 本気になりすぎるから 用途に応じて使い分けるそうです。
    心ゆくまで癒しあって、もんもんなさるがよろしいかとおもいます。
    その女性はなんと言うか 悪く言えば公衆便○です。
    考えようによっては 公共の福祉のために貢献されている心の広い方ですね。
    元彼で悩んでると入っても、元彼の前ではあなたのことで悩んでたりすして、うまく両者のストレスを解消してるのか、あるいは夫のストレス
    >元彼、元彼のストレス>あなた、あなたとのストレス>新彼氏
    とかドミノ倒しのように心の平和の輪をくりひろげてたりして^^;
    性病と とばっちりにはお気をつけて。がんばってください。

  • 瑠璃 より:

    知人にそういう女性います。
    Wなんですが、彼女曰く、1人に絞ると自分ものめり込んでしまうからだと。
    気持ちが入ると結局お互い後味悪く別れることになってしまうので
    辛くなりたくない、ただ愉しい時間を過ごせればいい、と。

    彼女は、ひろたさんがのめり込んで来てると感じて牽制したのかも知れませんね。
    でも反対に、ひろたさんだって、彼女に本気になられて
    ストーカーっぽくなられたり、家や職場に押しかけて来て
    奥様に洗いざらい話されるようなことは避けたいんでしょ??
    良かったじゃない?彼女が割り切って遊んでくれる女性でさ。

  • アルケミスト より:

    すみません。最初書いたもの ミスタイプ数箇所あります。
    読みにくくしてしまってごめんなさい。

    おわびついでにささやかですが 今後のヒントを差し上げます。

    女が別彼のことを持ち出してきたときは あなたが嫉妬に苦しむのをみて(がまんしてても女には即伝わるものです)「私はこんなに愛されている。」と確認しています。それは歪んだ認識方法ですが、あなたの家庭に憎しみを彼女は持っておりそれを隠していることの裏返しです。危険です。刺激しないよう気をつけてください。

    寂しさでいっぱいの時 好きだといわれると本当はその人がいい人でなくても自分にとっていい人ということにしてしまいがちです。楽しいことですごす時ばかりでなく 困難や苦しい時にも口先だけでなく体を張って逃げ出さない人があなたの本当の味方です。

    男女の力関係は性欲の強いほうが弱いほうに主導権をとられがちです。求めすぎないことです。
    理不尽なのが恋愛です。が、おかしな方向へ自分が運ばれだしてると気がついたら逃げ出してください。

  • ひろた より:

    アドバイスありがとうございます。

    彼女も何とか落ち着いてくれたみたいで….

    たしかに求めすぎたり、されたりするのも重いでしょうね…

    ある程度距離を取っていければと思います

    僕も少し落ち着きました

この記事へのトラックバックとピンバック

▲ このページの先頭へ