トップページ > 不倫の悩み相談ブログ > ばれる > 奥さんからの嫌がらせ?

奥さんからの嫌がらせ?

以前に一度だけ相談させていただいた事があります。その節はありがとうございました。
実は今回もその彼の事で相談なのですが・・・

私の彼は47歳の妻子持ちです。もう2年半続いています。
この2年半いろいろな事がありました。
二度の妊娠、そして中絶。

嫌がらせ・・・しかし、その度に二人でどうにか乗り越えてきました。
もちろん喧嘩も絶えず別れ話になった事もあります。
そして今回もまたある出来事がありました。
その出来事とは・・・

付き合い始めて半年くらいしてから非通知で電話がかかってきたり、つけられていたり、誰が犯人だかわからない嫌がらせに悩んでしました。
彼と付き合う少し前に告白された同僚かとも考えました。
彼も同じ職場なので可能性は十分に考えられました。
ある時は会社に怪文書(私を中傷し、彼をかばうもの)が置かれていました。

私たちの関係がもちろん会社にバレてしまい、清算するか、会社を辞めるかと迫られ、建前上別れた事になっていました。
しかし当然、別れることなく隠れて関係を続けていました。

そんな時、彼のもとへ第三者からその嫌がらせをしていたのは奥様である・・・と聞かされ、常に奥様をかばってきた彼は動揺が隠せない様子です。
しかしその第三者者は奥様の事をいろいろご存知で、一概にでたらめとも言えないようでした。
彼は奥様に問いただしたらしいのですが、「何の事?」といった感じで白を切られたそうです。
しかし、今では寝るだけに帰っているような状態で、どんなに遅くなっても家でご飯を食べていた彼が外食をするようになりました。
いつまで奥様に対して小さな抵抗をしていくのかわかりませんが、今のところは治まりそうにありません。

長々と書いてしまいましたが、私は彼に何をしてあげたらいいのかわかりません。
私も嫌がらせを受けていたわけで、ある意味被害者です。
なので、本当であれば奥様を怒りたいです。
しかし、彼の気持ちを思うと責めることもできずにいます。
本来であれば、彼から一言『ごめんね』ぐらいはあってもいいと思うのですが、それは甘えでしょうか?

彼は奥さんとの間に出来た2人の子供が大好きなので、別れる事はないと思います。
このまま彼と一緒にいる事が正しいかどうかはわかりませんが、今の彼に私は必要なのでしょうか?

上手く文章がまとめられなくてすみません。
彼を好きな気持ちはもちろんあるので、とても悩んでいます。
私(24歳)にも前の旦那との子供(3歳)が居ます。
今はとても複雑な気分でどうしたらいいのか・・・冷静になろうと思っているのですが、一人で考えているとどうしても一方向にしか考えが纏まりません。

この悩み相談の評価

下の★をクリックする事で、この相談を5段階で評価できます。お一人一度までとなっております。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...

<< 不倫の悩み相談ブログ トップページ >>

コメント(12件)

  • ちびび より:

    夫婦のことは夫婦のこと。ではないでしょうか。

    りおさんは嫌がらせの被害者かもしれないけど
    その原因を作ったのはご自分ですので
    そのことに思い当たられますように。

  • まる より:

    こんにちわ。

    根本的な考え方が違うような・・・
    りおさんは、被害者でなく加害者ですよ?

    そこまで、バレてしまっているようなので、彼に何をしてあげたらいいかって事より、慰謝料の準備とか、自身の身の振り方を考えた方がいいように思います。

  • 泣き虫うさぎ より:

    付き合いはじめて半年後から・・
    約2年間、彼の奥様は夫と貴方の事を知っていながら、
    彼が奥さんをかばうくらいの夫婦仲を保ってきた・・という事ですよね。
    わかります??

    怪文書等の事は、同じ女として、そう云う奥様の行動の心理。。
    理解できると思うのですが・・・。

    貴方に今、彼に出来る事はありません。
    彼が彼自身で、夫婦の事を考えるしかないですから。

    あなたはあなたで、よく考えて。

  • 玄米 より:

    いろいろな感じ方があるんだなぁと思いました。

    もしも、私だったら、「ごめん」と言われたら、ショックかもしれません。
    ああ、やはり、身内、は奥さまなのだと思っているということだな、、、と。
    自分は部外者で、頭をさげる相手なのだな、と。

    いろいろあって、おつらかったと思います。

    彼にとってどうか、ではなくて、「りおさんにとってどうか」をご自分を中心に、ご自分を主役に、考えてみてほしいな、と思いました。

    参考にならないかもしれないですが、私なら、わかれますね。
    毎日外食の生活、、、考えただけで、つらすぎる。
    「きちんと、おうちでご飯を食べてね。食べれるようになってね。今までありがとう。2年も○○さん(奥さん)がそんなにくるしい思いしてたってわかったら、もう付き合えないよ。もともとルール違反してるんだもん。別れよう。」とにっこり、ぽろっと泣いて、別れます。基本的には。
    「それしか、してあげれることないし」って。

    必要、ってむつかしいことばですよね。
    きっと、必要ですよ。愛する、と、必要、は違う。。。と思います。うまくいえないけど。

    昔、言われたことがある。相談した人に。「あなたを必要としているんでしょう」と。そのときは、それをいいふうに思わなくもなかったけど、その人はきっと「必要」ということばと「愛する」という言葉を使い分けていたと思います。「必要だから、愛する」のと「愛しているから、必要」は違うと、本(エーリッヒ・フロムの「愛するということ」)で読んだときに、すごくなるほどと思いました。

    じゅわっと染みでる、愛を大事に、生きてください。

    今までのこと、おつかれさまでした。がんばってこられたと思います。

  • けい より:

    その第三者の方って、何でそんなにも奥様のことに詳しいんでしょう?
    >彼から一言『ごめんね』ぐらいはあってもいいと思うのですが、
    ・・・この言葉があったら、全て許せるんですか??

    二度も妊娠、そして中絶。本来なら、最初の妊娠、中絶で、こんな悲しいことは二度とさせるまい、と思うのが本当の気持ちと思うんですけどね。
    しかも、会社にバレても当然の如くお付き合いが続いている。こんな危ない橋を渡らせて、平気で?いるのもどうかと。
    ご自分が今する事は・・・黙って、耐えることじゃないですか。
    レスにもありますけど、被害者!とはいえないですよ。

    >今の彼に私は必要なのでしょうか?
    体の関係、と考えれば必要かもしれないですね。
    何だか、文章だけだと、りおさんの一方通行な気持ちしか見えない気がします。

  • DRY より:

    こんにちははじめまして。

    愛人には何もできません。「彼の家庭という枠」に、りおさんは入れません。
    どんなに愛されていようが、愛していようが、それが不倫のルールです。
    なぜ、首をつっこみたがるのでしょうか。
    これは、彼と奥様の問題です。その問題の種は、りおさん自身ではありますが、りおさんの心も体も無視されたただの「愛人」と言う物体の種にすぎません。

    それが、不倫なのです。

    彼に何かしてあげたい気持ちは私も理解できます。しかし、あえて辛口に言うならば、貴女は何様ですか?ただの浮気相手です。愛人です。
    「ある意味被害者」とどこからどうやったらこの勘違いがうまれてくるのか、奥様に嫉妬するぐらいならまだしも、被害者とは・・既婚者と不倫している私でもこればっかりは理解不能です。

    これからも付き合っていくのならば、同じ過ちをくりかえさない
    ことを考えて下さい。
    妊娠、中絶。可哀想だけで無責任な出産をするよりは、まだいい選択なのかもしれない。
    でも、妊娠しなければ、中絶もしない。

    まずは、自分の間違えを自問自答して、頭を切り替えることです。男には女が必要です。それが本能です。

    >その度に二人でどうにか乗り越えてきました

    乗り越えたのではなくて、傷を癒しあっただけです。乗り越えたならば、もっとうまく付き合えたはずです。
    不倫は、自分達の都合のいいように考えたらおしまいです。

    りおさん、いまは色々と悩んでしまうでしょう。
    深呼吸をして下さい。彼にあれこれ聞かないこと。責めないこと。自分を戒めること。3歳のお子さんと楽しい時間を過ごすこと。

    まずはご自身のことを地に足をつけて下さい。

  • イチロウ より:

    りおさん はじめまして、、、 私も皆さんの意見とほぼ同じです。特にけいさんは、なかなか的確な判り易い指摘だと思います。私は、りおさんの彼と同世代ですし、子供二人の父親です。決して浮気や不倫の否定論者でもなく、むしろりおさんの彼が、うまくやってて羨ましいと思っています。何故だか判りますか?男にとって都合のいい女だからです。例え私に不倫の相手が居たとしても(この場は居ない事に・・・)私にとって一番は家庭です。家庭を壊す程深入りはしません。多分りおさんの彼も同様でしょう。だから別れ話もなければ離婚の強要もないりおさんは、彼にとって都合のいい女なんですよ!それが嫌ならりおさんの方から動いてみては如何ですか?答えは直ぐに出ますよ!ご健闘をお祈りします。

  • とおこ より:

    不倫彼はりおさんの二倍生きているわけだから
    きっとりおさんの知らない歴史が一杯あるとおもいます。
    奥様のことを考えるのはやめましょう。
    ごめんといわれたところで、それは「僕の奥さんがこんなことしてごめんね」
    という、いわば奥さんとの運命共同体を実感するだけです。

    それよりも、避妊しっかりしましょう避妊。
    中絶しても付き合い続けられる神経のほうが
    私にはよくわからないです。。。

  • ジンジャー より:

    黙って耐える事ができなければ、彼とお別れする・きちんと離れるという道もあると思います。
    彼に何をしてあげたらいいのか、彼の気持ちを思うと責めることもできず、とありましたが、奥様の気持ちを考えた事は無いですか?
    そもそも人様の旦那の心を奪ったことで腹を立てているのは奥様だと思います。でもそんな旦那様でも、りおさんにストーカーしてしまうほどに、失いたくないんだと思いますよ。
    その理由は、りおさんとは違う価値観で旦那様を失いたくないと考えているのかもしれないし。。。聞いたところで同じ立場ではないから理解しづらい部分も当然あると思いますが、自分がパートナーに求めることを考えてみたら、奥様の苦労や痛みも少しは理解できるのではないでしょうか?
    どんな旦那であっても、どんなやり方をしてでも戻って欲しい気持ちがあるんだと思います。

    > 今の彼に私は必要なのでしょうか?

    仕事を失うリスクも背負いそれでも続けていく中で嫌がらせをされている。今のりおさんに彼は本当に必要ですか?

    ある意味被害者の「ある意味」に含まれるりおさんのお気持ちは、ストーカー行為に関することだと思いますが、相手に止めて欲しいと思うなら、それを引き起こしているりおさんの行動も、考えた方がよいと思います。
    また彼に必要以上に負担をかけまいと言いたい事を我慢する必要もなく、気持ちを整理して今回のこと話し合えたらよいですね。
    その上で、彼と奥様、きちんと向き合わせてあげてはいかがでしょうか?
    そうしたら、少なくともストーカーは止みそうな気がします。
    それでも止まない時はまた考えればよいのではないでしょうか。

    りおさんが引き起こした奥様の行為ではありますが、どんな理由であろうとも嫌がらせやストーカーは犯罪行為ですから、奥様「かも」ではなく証拠は残しておいた方が、のちのちりおさんのためにはなると思います。

  • きらり より:

    ごめんね、と言うのはあなたでは・・・?

    会社にばれてもまだ付き合うのが「当然・・」とは私は思いません。

    嫌がらせをされている・・・それが奥様だとしても・・先に相手を傷つけたのはあなたです。
    そこを間違えないようにしたほうがよいかと・・・・・・。

  • ゆき より:

    ちびびさんが仰ってますが、もう一度考えてみて下さい。

    誰からだか分からなかった嫌がらせを受けていて、不安でお辛かったことでしょう。
    でも。
    その原因を作っていたのは自らだったということ。

    不倫。
    りおさんと彼、共犯だということ。
    嫌がらせの被害者かもしれないけど、加害者だということを忘れないで。

    彼からの「ごめんね」があれば、心は表面的には落ち着くのかもしれないですけど、
    もし「ごめんね」があっても、それは奥様をかばう言葉であって、
    りおさんを労わる言葉には少し遠いのではありませんか?
    もし私だったら、「ごめんね」と言われると辛いです。
    自分にとって「私を思って言ってくれている」と信じて解釈も出来ますけど・・・。
    もしも私なら、という私からの視点ですので、りおさんが彼からの「ごめんね」を
    聞ければ全て許せるのであればいいのですが・・・。
    余計なお世話でごめんなさい。

    ただ、今の彼にりおさんが必要かといえば、今の現状が全てを物語っているのでは?
    いくら遅くなっても自宅でご飯を食べていた彼が、せめてもの反発?で
    外食をするようになった。
    だけど、必ず自宅に帰って睡眠をとる。
    彼がどのような思いで自宅に戻っているのか、想像出来ませんか?
    不倫はいいことではありません。
    りおさんもご理解なさっていることだと思います。
    だけど、最低限の「大黒柱」をきっちりこなしている(もしかすると演じている)
    ことで彼の思いを私はなんとなく感じるのですが・・・。

  • りお より:

    たくさんのご感想ありがとうございました。

    すべてへのレスとなってしまい申し訳ありません。私は被害者ではなく加害者であるとのコメント。とても辛いです。私は不倫というものを甘く考えていたのかもしれませんね。

    上手く表現できませんが、今は気持ちに整理がつかない状態です。このまま彼と付き合っていってはよくないのでしょうね。どうにか別れられるよう頑張ってみたいと思います。

この記事へのトラックバックとピンバック

Pick UP 不倫書籍

▲ このページの先頭へ